動物学科空手道部1年高田トモ!(方川優子)

う~ん、想像してたのとちょっと違ってたなぁ・・・。
「空手道部」として頑張る高田トモちゃんのお話だと思ってたんですが、メインは「大学生活」でして。あら~なんかちょっと違ったわ~という気持ちが先にきてしまいました。

勉強、部活、友人、初めての一人暮らし、そして恋。どれにも一生懸命に向き合う女子大生の姿が描かれる。爽やかな青春小説って感じかな。

トモが色んなことに悩み、迷いながらも、自分らしく頑張っていく姿には、共感がもてたし、応援しながら読めた。ただ、ちょっと物足りなさも感じたり。著者が大学生活を始めて、同時進行のような感じで書いたというだけあって、これがリアルな大学生の姿だとは思うんだけどね。でも、例えば部活とか、友人関係とか、恋とか、どれが一つに重点を置いて描いて欲しかったかもなぁ、と思ってしまったんですよね。まぁ、私がタイトルから勝手に期待して、「部活」に重点を置いた物語を読みたかったからってものあるのかもしれないけどね(笑)

このお話は続編がでるようです。積極的に手に取ろうとはしないと思うんだけど、フト見かけたら読むんだろうなぁとは思います。


・・・あら、なんだか短め感想になっちゃいましたね。



Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック