ポトスライムの舟(津村記久子)

2つの中編からなる作品集。表題作は第140回芥川賞受賞作。

芥川賞は鬼門なんですが、「契約社員の29歳女性が、自分の年収と世界一周旅行費用の163万円が同額だと気付いてその費用を溜めようと決意する」という内容に惹かれて手に取ってみました。

・・・まぁね、ね(笑)「まぁ、鬼門とまでは言わないけど・・・」って感じでした。

受賞作の「ポストライムの舟」
工場の契約社員と言っても、それ以外に収入がある訳ですよ。夜は友人が経営するカフェの店員、週末はパソコン講師として働いている。おまけに実家住まいで、家に生活費を入れてる訳でもなさそうで。収入の全てを自分で使える。まぁ、その家の修繕費用として貯金はしてるってなことは書いてあったけど・・・。そういう設定で、正直「な~んだ。」と思っちゃいました。おまけに、期待していた「費用を溜める為に必死になる様子」というのが描かれている訳ではないんですよね。もちろん、なにやら手帳に出費を書き付けたりとかはあるけれど、それよりも、友人達との交流?話の方がメインだったような気がする。世界一周旅行費用も、「なんだかんだで貯められなかった」って話になるのかな~と思っていたら、いつの間にやら溜まっちゃってるし。ラストでちょっと拍子抜けしちゃったりもしたのでした。なので、「世界一周旅行費用を溜める」ってのにスポットを当てた、この作品の宣伝文句には「どうかな?」と思ってしまいました。

ツマラナイという訳ではないですが、やっぱり淡々と綴られる文章は苦手であります。

もう1篇の「十二月の窓辺」は、職場でパワハラを受ける女性のお話。
「ポトスライムの舟」の主人公が、正社員として働いていた会社をパワハラで辞めたっていう設定だったから、その時の彼女の話かなと思ったけど、別人のお話でした。

正直、この作品は、途中で読むのを挫折しそうになった。最後まで読むには気力が必要でした。パワハラする上司も同じ女性でして。もう、えげつないっていうかね;;;実際に、こういうパワハラとか私の周囲では目にした事がないので、げげげげ;;;とかなり引いてしまいました。こういうのって、やっぱ実際にもあるんでしょうねぇ・・・。「早く辞めちゃえ!」とジリジリというか、ハラハラしながらの読書。実を言うと、あそこまでされても辞めない主人公に、ちょびっとイライラもしちゃったり。第三者として見てると簡単に「辞めちゃえ!」って言えるんだけど、当事者になったら、そう簡単にはいかないもんなんでしょうか・・・ね。

あら、なんだかとっても辛口(笑)でも、そこそこ楽しめましたよー。



ポトスライムの舟
講談社
津村 記久子

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック