ジョーカー・ゲーム(柳広司)

・・・いつ読んだっけ?と思うくらい前に読んだ作品です。。。もうね、転勤&酷い風邪でぐっちゃぐっちゃな感じ;;;ようやく落ち着いてきたかなぁ、とは思いますが、落ち着いてきたらほったらかしにしてたモノが多くある事に気づいて・・・。感想UPしなきゃいけない記事がプレッシャーをかけるので、か~な~り~短め感想で一気に消化していきたい!と思ってますが・・・はてさて、どうなることやら、です(笑)


うん、さすがに面白かった!

初読み作家さん。陸軍内部に設立されたスパイ養成学校「D機関」。その設立に関わった人、スパイとして養成された人を中心に描かれた連作短編集。

スパイとしての考え方とか、読みながら頭がついていきませんが(笑)でも、そこがミステリっぽく感じられて面白かったのかな、と思います。国内だけではなく、上海やロンドンも舞台となって、ちょっとドキドキしたりハラハラさせられたり。スパイとして育った人だけではなく、スパイになりきれなかった人も描かれていて、そういう視点?も興味深いというか、切なさみたいなものも感じられて、そういう部分がこの作品の魅力をより増していたような気がします。

「D機関」を設立した”魔王”結城中佐とか、まだまだ謎の部分も多いし、続編も書けそう。シリーズ化して欲しいなぁと思います~。もっと読みたい。


・ジョーカー・ゲーム
・幽霊ゴースト
・ロビンソン
・魔都
・XX ダブルクロス




ジョーカー・ゲーム
角川グループパブリッシング
柳 広司

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

べる
2009年02月22日 23:47
これは面白かったですね~。スタイリッシュでかっこいいスパイ小説でした。最初はとっつきにくいかな?と身構えたのですが、とても読みやすくてはまってしまいました。柳さんは割とどの作品を読んでも安定して楽しめる作家さんですね。創元推理文庫から出てる『百万のマルコ』お薦めですよ~。
すずな@主
2009年02月25日 05:20
>べるさん
面白かったですよね~!私も最初は身構えたんですが、予想以上に読みやすくって一気読みしちゃいました。
他の作品もオススメなんですね~。読んでみますね。
2009年03月04日 19:50
柳さんの作品は私も初だったんですが、とっても面白かったです。
一体どうやったら結城中佐のような人物が出来上がるんでしょう?そんなところを続編で描いて欲しいですね~。
すずな@主
2009年03月06日 05:33
>エビノートさん
お!エビノートさんもこの作品で柳さん初読みだったんですね。面白かったですよね~。
結城中佐のお話、読んでみたいですね。ということで、是非とも続編を書いてもらいたいです!
たまねぎ
2009年04月01日 20:36
こんばんは。私もほったらかしの下書きが山ほどあって、プレッシャーかかりっぱなしです(汗)。でも、とある作業がひと片付きしたので明日からなんとか。続編は是非とも。続きもですけど、若き日の姿も見たい。
すずな@主
2009年04月05日 08:14
>たまねぎさん
この時にあれだけ反省したのに、またしても下書きを山ほど抱えている私です^^;;;なかなか生活のリズムが整わない;;;たまねぎさんはプレッシャーから開放されつつあるのでしょうか・・・私もがんばらねば☆

そうそう!続編もですが、私も若かりし日の結城中佐の姿が見たいです~!

この記事へのトラックバック

  • 柳広司/「ジョーカー・ゲーム」/角川書店刊

    Excerpt: 柳広司さんの「ジョーカー・ゲーム」。 昭和十二年、陸軍内部に密かに開設されたスパイ養成学校‘D機関’。発足人である結城中佐は、 最終的に十二人の精鋭たちを選び出し、優秀なスパイに育て上げた。彼.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2009-02-22 23:43
  • ジョーカー・ゲーム 〔柳 広司〕

    Excerpt: ジョーカー・ゲーム柳 広司角川グループパブリッシング 2008-08-29売り上げランキング : 2669おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 結城中佐の発案.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2009-03-04 19:48
  • ジョーカー・ゲーム  柳広司

    Excerpt: 昭和十三年。陸軍内に一つの部署が新設された。情報勤務要員養成所、別名「D機関」。公にはその存在すら明かされず、軍部においても限られたごく一部の者のみしか知る事の出来なかった秘密のスパイ養成所。そのトッ.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2009-03-31 23:45
  • 【ジョーカー・ゲーム】 柳広司 著

    Excerpt: ―この任務を果たすことができるのは自分だけだ。―自分にならこの程度のことは出来なくてはならない。  第30回吉川英治文学新人賞おめでとうのポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2009-04-06 10:23