Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンピックの身代金(奥田英朗)

<<   作成日時 : 2009/02/19 13:59   >>

トラックバック 4 / コメント 6

青天の霹靂の転勤で、双方の引継ぎ等バタバタと慌しく日々を過ごしている最中、よりよって病に倒れてしまいまして・・・。久々の高熱にバッタリと倒れ伏してしまいました;;;「まさかインフルエンザ!?」という心配は「ただの風邪!」という医者の無情な一言で杞憂に終わりましたが。・・・つーことは、なんでしょね、これはいわゆる「知恵熱」ってヤツか?と自分で自分に突っ込みを入れつつウンウンと唸ること数日、ようやく復活しましたです。いつもなら一晩寝れば下がるのに、今回は土曜の夕方から火曜日まで下がらず。体力&気力共に使い果たした感じです。はぁ〜久々に「39度」なんて体温計の数字を見ちゃったよ。

ということで、一週間前に読んだ本の感想を打ってる訳ですが。・・・なんか、すーーっかり忘れちゃったよ、という感じ(笑)新しい仕事を覚えたり、高熱にやられちゃったりで、なんだか頭の中がワヤワヤ。。。


面白かった!んですよね。本当に面白くって、夢中で読んだんだけどねぇ。あの時の熱い気持ちは、高熱と共にすーーっかりどこぞへ飛んでいってしまったようでして。むー、どうしましょう(笑)ということで、短め感想で。

昭和39年の夏。「東京オリンピック」を”人質”にした脅迫事件。なんとしても犯人を捕まえオリンピックを成功させようとする警察と、その警察から身代金を奪取しようとする犯人の攻防。国民に動揺を与えないように、情報統制を敷き、秘密裏に捜査を行わなければならない。オリンピックが標的にされていることを知られてはならない・・・。

犯人と警察の二つの視点、二つの時間軸で描かれる。そのタイムラグがだんだんと狭まっていくにつれて、緊迫感も高まっていってドキドキ感も最高潮に達しました。最初から犯人も分かっているし、そこそこの動機もわかっているんだけど、それが面白さを半減させる事はなく、逆に面白さが募っていったような気がします。特に最後の攻防は手に汗握るものでした。

警察と犯人の攻防はもちろんですが、警察内部の攻防もなかなか・・・(笑)いろんな作家さん&作品によって、よく語られていることではありますが、見方同士でいがみ合ってどうすんじゃ!とツッコミ所満載、リアリティありすぎな内容には怒りを通り越して笑ってしまいます。今でも、やっぱり似たような縄張り争いってあるんでしょうか?あるんでしょうねぇ・・・。



オリンピックの身代金
角川グループパブリッシング
奥田 英朗

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【オリンピックの身代金】 奥田英朗 著
あの頃は、テレビもなければ、冷蔵庫も、洗濯機もなかった…でも、毎日毎日が新しい驚きでいっぱいだった!  第43回吉川英治文学賞おめでとうのポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]【あらすじ】昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。同時に「東京オリンピックを妨害する」という脅迫状が当局に届... ...続きを見る
じゅずじの旦那
2009/04/01 14:10
奥田英朗『オリンピックの身代金』
オリンピックの身代金奥田 英朗角川グループパブリッシングこのアイテムの詳細を見る ...続きを見る
itchy1976の日記
2009/04/26 11:12
オリンピックの身代金 奥田英朗
オリンピックの身代金クチコミを見る 昭和39年夏、オリンピック開催に沸きかえる東京で爆発事件が発生した。これは1人の若者が国に挑んだ反逆の狼煙だった。 昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。 こ.... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2010/02/23 22:29
時代の空気
東京オリンピック招致活動が賑やかだ。 最近では都営地下鉄の各駅には、 必ずと言っていいほどに、 東京都が製作したその類のポスターが貼られている。 ...続きを見る
活字の砂漠で溺れたい
2013/03/26 23:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
田舎しか知らなかったオレは、あの当時の東京は外国だと思ってました。

それだけ、格差が大きかったんですねぇ。

まさにそんな当時の心情をうまく表現していると思います。
じゅずじ
URL
2009/04/01 13:56
>じゅずじさん
そうですね。東京オリンピックの時はまだこの世に存在していない私にとっても、「東京」が外国だった頃の雰囲気がよく分かる、想像しやすい作品でした。
すずな@主
2009/04/05 08:07
こんばんわ。TBさせていただきました。
面白くてどんどん読めたのですが、内容が暗くて重たかったので、心がどんどん沈んでいきました。
東京オリンピックが凄かったというのは分かりますが、読んでいると本当に東京だけ外国のようでした。
島崎VS警察もドキドキしましたが、警察内部もいろいろありましたね。。。
確かに刑事VS公安はドラマでもよく見ます。
苗坊
URL
2010/02/23 22:28
>苗坊さん
面白かったんですが、たしかに暗くて重いお話でしたね;;;
犯人対警察、警察内部の対立もドキドキものでした。警察内部の対立、よくTVドラマなどでも描かれますが、実際のところはどうなんでしょうね。気になります(笑)
すずな
2010/03/04 17:24
すずなさん こちらにもコメントを
なんですか随分と昔の記事に申し訳ありません。
とってもいい小説だったので、
誰か読んでいないのかと探してしまいました 笑
yori
URL
2013/03/26 23:46
>yoriさん
コメント&TBありがとうございます♪昔の記事にもいただけるのは凄く嬉しいので大歓迎です!
読んでて良かったです(笑)面白かったですよねー!
すずな
2013/03/29 05:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オリンピックの身代金(奥田英朗) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる