田村はまだか(朝倉かすみ)

インパクトのあるタイトル。いくつかの読書ブログ様でお見かけして、ずっと気になってたんですよね~。今回、ようやく手に取りました。

小学校のクラス会が行われた日。天候不順で到着が遅れた「田村」を、三次会のバーで待つ40歳の男女5人と、そのバーのマスター。田村の思い出を語りながら、いつしか待ってる彼らの物語が描かれていく。連作短編集のような感じ。

40歳になる男女ですから、みんなそれぞれの人生を歩み、そしてその道のりは安穏としたものではない。それぞれの思いが交錯しつつ、「田村はまだか」と言いながら田村を待ちつづける5人+1人。ミステリっぽいのかな~?と思ってたけど、全くそんな感じではなかった。そういう意味では期待ハズレだったとも言えるのかもしれないけれど、これがなんとも味があるっていうかですね、面白く読めたんですよねぇ。40歳。酸いも甘いも噛み分けて・・・という、どこぞで聞いた言葉がぴったりな彼ら。彼らの人生を読みながら、自分の事に思いを馳せたり・・・ということも多かったからかな。

読んでるこっちも、だんだんと「田村はまだか?」という思いが募っていったところで、衝撃の電話が入る。いや~そうくるのかっ!?な展開には驚きました。最後は、清々しいというのとはちょっと違うと思うけど、なんだかとっても良いラストでした。

そうそう!表紙の男性がてっきり「田村」だと思っていたら、なんとバーのマスターだったという(笑)これにも、「えーっ、そっちなのー!?」でしたねぇ。でも、それもこのお話を読んだ後だと頷ける。このマスターがまた、とっても味のある人物でした。

朝倉さんは初読みだったんですが、他作品も読んでみたいな~と思いました。・・・あぁ、こうしてまたドツボにハマっていくんですねぇ;;;



田村はまだか
光文社
朝倉 かすみ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2009年02月22日 16:45
こんばんわ。こちらにもTBさせていただきます。
私は札幌に住んでいるので、知っている地名がたくさん出てきて勝手に親近感が沸きました。
私も田村はいつくるんだろうと思ったら、もの凄い展開に驚いてしまいました。
田村さんは堅実に生きてきたのに、なんでこんな目に合わなきゃいけないんだと悲しくなりました。
ハッピーエンドで、良かったのですが…。
すずな@主
2009年02月23日 05:27
>苗坊さん
自分の住んでる地域が舞台だと、親近感も沸くし嬉しくなっちゃいますよね~♪
「田村はまだか」と引っ張るだけ引っ張られて、あの展開!も~本当にビックリでしたねぇ。でも、最後はニッコリ笑えるラストで良かったですね。

この記事へのトラックバック

  • 田村はまだか 朝倉かすみ

    Excerpt: 田村はまだか 「田村はまだか」バー「チャオ!」には小学校の同窓会で久しぶりに再会した5人が三次会を開いていた。彼らは同級生が来るのをずっと待っている。田村久志という男だ。 5人は小学生の頃を思い出.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2009-02-22 16:44
  • 【田村はまだか】 朝倉かすみ 著

    Excerpt: タイトルにひかれた…   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 深夜のバー。小学校クラス会の三次会。四十歳になる男女五.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2009-02-23 16:30
  • 田村はまだか<朝倉かすみ>-(本:2009年読了)-

    Excerpt: 田村はまだかクチコミを見る # 出版社: 光文社 (2008/2/21) # ISBN-10: 4334925987 評価:80点 奇抜な題名がまず目に付く。 田村とはどのよ.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2009-10-25 17:54