I LOVE YOU(アンソロジー)

伊坂幸太郎・石田衣良・市川拓司・中田永一・中村航・本多孝好という5人の男性作家さんによる恋愛短編集。

職場の貸本ルートから回ってきました。これ、絶対に自分では手に取らない本だと思う。アンソロジーだし、苦手意識の強い短編集だし(笑)職場のみんな(女性陣)が読書好きって分ってから、読書のジャンルがぐぅ~んと広がったような気がします。当たり外れも多少はあるけど、それよりもアレコレ読書話が出来るようになったのが嬉しい。実は私、これに便乗?して「有川ムーブメント」を起こしました!図書館戦争のDVDも回っております~(笑)

どれか一つと選べないくらい、どの作品も良かった。実は”男性作家さんの”恋愛小説だと気付かずに読了。めっちゃお間抜けちゃんな感じですが(笑)、まぁ大勢に影響はない、ということで。今までちょっと躊躇していた作家さんの作品もあって、よいキッカケになりました。

・透明ポーラーベア(伊坂幸太郎)
うん、伊坂さんだぁ!と思える作品。姉の元彼達総出演?という最後の場面が良かったです。そういうこともあるだろうと思えるし、そうだったら嬉しいなという思いも持った。白熊の毛は実は透明だというのは知らなかったので驚きでした。

・魔法のボタン(石田衣良)
なんと言いましょうか、ねぇ(笑)めっちゃベタ甘です。でも、こういうの大好きです~!石田作品って「娼少」しか読んだことなかったので、うわーこんなのも書くんだ!?と驚きでした。てか、こっちの方が多いのかな・・・。読むのを躊躇してたんですが、他作品も読んでみようかな、という気になりました。

・卒業写真(市川拓司)
初読み作家さん。実は、この作家さんには興味を持ちつつ、ちょっと手が出なかった作家さんでした。映画化もされた『いま、会いにゆきます』のインパクトが強くって・・・。泣ける作品は好きだけど、それが分ってるとなかなか手が出ない天邪鬼な私(笑)
ぎゃーっと叫びたくなるくらい、恥ずかしくて甘い作品でした。でも、中高校生時代の同級生に声を掛けられてもすぐに分らないことの多い私としては、この主人公と同じことをやっちゃいそうで、みょーな親近感を持ったり。というより、一緒にドキドキバクバクハラハラした~。この短篇を読んで、他作品を読んでみようという勇気が湧きました(笑)

・百瀬、こっちを向いて(中田永一)
単行本で既読

・突き抜けろ(中村航)
この作家さんも初読み。市川さんと一緒で、なんとなーく手が出なかった作家さんです。
恋愛小説というよりも、友情物語という印象の方が強いかな。主人公と友人の坂本と先輩の木戸さん。3人の物語と言ってもいいような気がしないでも・・・。まぁ、主人公と彼女の付き合い始めた頃のイキオイ、そして緩やかになりながら深まっていくような二人の仲・・・という軌跡?も描かれているので、恋愛小説と言えばそうなんだけど。でも、彼女より木戸さんのインパクトの方が強すぎです(笑)

・Sidewalk Talk(本多孝好)
・・・泣けた。ラストで思わず涙。ぎゅぅーーーっと胸を掴まれたような切なさに、堪らない気持ちになりました。あ、この作品集の中では、このお話が一番好きかも。甘いものじゃなく、とっても切ないんだけど。逆にそれが印象に残るのかなぁ・・・。



I LOVE YOU (祥伝社文庫)
祥伝社
伊坂 幸太郎

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

OH!塚
2009年02月07日 04:18
私も本多さんの本が一番好きでした。
市川さんは私もそんなに読んでないですが、すてきな物語多いですよ!
映画化された「そのときは彼によろしく」良かったです。
号泣ではなくて、ふんわり幸せな作品でした。
すずな@主
2009年02月08日 07:52
>HO!塚さん
コメントありがとうございます!
本多さんのお話は切なさが胸に迫ってきましたね。
市川さん、素敵な物語が多いんですね。オススメありがとうございます。読んでみたい気持ちがますます膨らんできました♪

この記事へのトラックバック