桃山ビート・トライブ(天野純希)

第20回小説すばる新人賞受賞作。
図書館でふと目にしたタイトル。「ん?このタイトルは、ちょっと前にいくつかの読書ブログ様で目にしたなぁ・・・。たしか結構、評判が良かったハズ・・・」ということで、そのままお持ち帰り。

おぉーっ!とっても面白かった!途中で、ちょっと中だるみ気味?って感じだったんだけど、後半になるにつれイキオイがどんどん、どんどん増していって、最後は夢中で読んだ。

安土桃山時代が舞台になってるとはいえ、時代物っていうイメージは全くと言っていいほど感じない。時代を現代に置き換えれば、”ロックバンドのお話”と言えるような・・・。

盗んだ三味線に魅せられた藤次郎、笛役者の小平太、踊りの天才ちほ、そして、故郷の太鼓を手にした黒人の弥助。出会った4人が奏でる音楽と踊り。いや~実際にこの目で見たいっ!聴きたいっ!と思いましたねぇ。

この4人と三成、秀吉、秀次という歴史上の人物や出来事を絡めて物語が進む。もしかして、本当の歴史はこうだったのかもしれないと思わせる展開に、ワクワク感は増すばかりでした。秀次一族が悲しい結末を迎えるのは周知の事実で、その悲惨で残虐な場面も描かれていましたが、それを補って余りある陽のパワーが作品全体に満ち溢れていました。負を一気に押し流す勢いの凄さみたいなものを感じました。

この著者さんは新人なんでしょうけど、そうは思えない。4人が音楽を奏でる場面では、アフリカンビートの太鼓のリズムに乗った『ロック』が、行間から流れ出してくるような錯覚を覚えました。本当に。いや~お見事。次作が楽しみです。

どわーっと襲い来る勢いを感じ、とってもワクワクドキドキしました。面白かった!



桃山ビート・トライブ
集英社
天野 純希

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年12月11日 10:48
面白かったよねー。すずなちゃんは好きそうだと思ったので、読んでくれて嬉しい♪
勢いがあって、元気で、陽性のエネルギーを感じました。
お国の一座はアイドルちっくで、ステージを見比べるような面白さもありました。
映画にできそうな荒唐無稽さを持ったエンターテイメント。もう少し注目されて欲しいなぁ。
すずな@主
2008年12月11日 15:24
>あまねちゃん
うん、すっごく面白かった!
なによりも、熱気というか、勢いが凄かったです。
確かに映画チックだった!映像も見てみたいと思わせる作品でした。
2008年12月11日 20:19
表紙のイラストからして、彼らの音楽が聞こえてきそうな勢いがあるものでしたね!とっても楽しかったです♪
弥助って実在の人物だったんだ~とか、出雲のお国、おお聞いたことあるぞ!っていう歴史の部分も知らないことが多かったので勉強にもなりました。
すずな@主
2008年12月12日 11:15
>エビノートさん
表紙のイラストから作品の熱気そのままの勢いが感じられましたね~!装丁と中身がバッチリ噛みあった楽しい作品でした。
そうそう。弥助や出雲のお国など、歴史に登場する人物には特に親近感をもって読めましたよね。
たまねぎ
2008年12月19日 22:10
本当に、まんまロックバンドの話ですよね。そいつを安土桃山でやっちゃうなんて、ありそでなかった盲点でした。弥介ってのがまた面白い。
すずな@主
2008年12月22日 10:20
>たまねぎさん
ロックバンドの話を安土桃山時代で描くという設定が、とっても面白かったですねー!夢中で読みました。

この記事へのトラックバック

  • 桃山ビート・トライブ

    Excerpt:  天野純希 2008 集英社 ロックだ。インプロビゼーションな音楽といったらジャ Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-12-11 10:33
  • 桃山ビート・トライブ 〔天野 純希〕

    Excerpt: 桃山ビート・トライブ天野 純希集英社 2008-01-05売り上げランキング : 41915おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 豊臣秀吉が権勢を振るう安土桃.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-12-11 20:04
  • 桃山ビート・トライブ  天野純希

    Excerpt: こちらは小説すばる新人賞の受賞作なんですが、系統としては日本ファンタジーノベル大賞で出てきてもおかしくないような作品です。小説としては粗っぽさがちょっと気になるから、実際に受賞となるかは微妙だけど、面.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-12-19 21:26