犯罪小説家(雫井脩介)

むー。疲れた;;;

図書館の予約がいっぱいでやーっと手にした本書だったんですが、ちょっと期待ハズレでした。人気があったようですが、私には合わなかったです。ということで、辛口感想。

何と言っても、小野川がウザい!も~なんなのこの人!?って感じで。最初は、そこまで感じなかったんですが、途中から彼の強引さとか考えなしの言動とかにイライラ。読んでて、すっごい不快感。”ぶっとびキャラ”として笑えれば良かったんだろうけど、そういう風でもなかったし。

待居の語りから、イキナリ今泉の語りに移ったりというのにも戸惑った。その後も、この二人の語りが交互に入れ替わるんだけど、どうも馴染まなかったんですよねぇ。こういう手法の物語って、今までも読んできたんだけど、今回は戸惑ってばっかりでした。物語の視点が定まらないというか、ね。

で、ラストの真相で、あ~そういうことかぁとは思ったんだけど、もうちょっと何とかならなかったのかなぁ・・・という気持ちになりました。小説と自殺系サイトを結びつけようとするる小野川が強引過ぎる。まぁ、芸術家のインスピレーションと言われてしまえばそれまでなんだけどさ。どうも、咀嚼できない、後味の悪さが拭い去れませんでした。

まぁ、最後は作家とか脚本家のサガみたいなものは感じられて、そこは良かったとは思うんだけどね・・・。うーん。




犯罪小説家
双葉社
雫井 脩介

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 犯罪小説家 〔雫井 脩介〕

    Excerpt: 犯罪小説家双葉社 2008-10売り上げランキング : 22380おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 新進作家、待居涼司の出世作『凍て鶴』に映画化の話が持ち.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2009-11-05 20:16