チーム(堂場瞬一)

ふわー。
読み終わって、ふーぅと肩の力を抜く。めっちゃ力を入れて読んでしまった。手にした本の表紙を眺めながら、今年の来年の『箱根駅伝』は学連選抜チームに肩入れした観戦(TV)になりそうだなぁ・・・なんてことを思う単純な私(笑)

職場の同僚が「今です!今、読んでくださいっ!!」と言いつつ貸してくれた本。本当は、これよりも先に読まなきゃいけない「借りた本」ってのがあったんだけどねぇ。そう言われちゃったら先に読むしかない。ということで、読みましたよ。うん、たしかに今!読むべき本でした(笑)

箱根駅伝に学連選抜チームとして挑むことになった選手たちの物語。

いや~面白かったです。
予選会で母校が敗れ、学連選抜チームのメンバーとして合宿に参加し、そして本番のレースで「寄せ集めメンバー」から「チーム」となっていく選手たち。その選手たちの葛藤や戸惑いや想いがリアルに描かれていて、彼らの気持ちがビンビンと伝わってきました。特にレース中の描写は、ランナーの心理状態に合わせて周辺の情景も描かれていたりもして、読んでる私も一緒に走ってる気分にさせられました。走者の気分になって箱根の風や雪を感じたり、息苦しさや足の痛みまで感じた・・・ような気分になったり(笑)読者としてレース展開にドキドキワクワクさせられただけじゃなく、本当に箱根を走ってる気分にさせられました。お陰で、どーーっぷり疲れた;;;

レース結果については、この方がリアリティはあるかなぁとは思うけど、ちょっと残念といえば残念だなぁ・・・。思いっきり「虚構」でもいいじゃないか!とも思うんだけどね、浦選手に思いっきり肩入れして読んだ読者としては(笑)


それにしても、どうしてこうも「箱根」に魅了されるのだろう。他の駅伝や同じ長距離を走るマラソンには、ここまで惹かれないのに。自分でも不思議でしょうがない。「箱根」を観るキッカケになった「風が強く吹いている」(三浦しをん)を読んで、「箱根」に親近感を持ったから?そして、小説よりも今年のお正月に観た「現実の箱根」は、ドラマチックで感動的だったから?また来年も観よう!と思ったもんなぁ。その選手の背景とか、どの大学にどんな歴史があるのかとか、そんなことを知らなくても、ひたむきに走る姿を目の当たりして無条件で応援してしまっていた。思わずもらい泣きしてしまったりもした。だから?でも、他の駅伝やマラソンだって、いろんなドラマがあるって知ってるんだけどなぁ・・・。



チーム
実業之日本社
堂場 瞬一

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年12月25日 22:02
あーっ。ここにまた面白そうな本がーーっ!!
すずな@主
2008年12月26日 11:46
>あまねちゃん
とっても面白かったよーっ!
今よっ!今、読んでっ!!(爆)
2008年12月27日 11:01
>通常3~5週間以内に発送します。

ふ。密林書店様の意地悪……(T_T)
年明けの宿題に向けて、勉強でもするさ……。
でも、大阪に行ったら本屋に行くんだ。
すずな@主
2008年12月27日 14:18
>あまねちゃん
ふ。ふふふふー。
大阪の書店でGETしてホテル・・・は夜中帰宅&酔っぱーだろうから(笑)、帰路にでも読めば箱根には間に合うねぇ(^_-)-☆
ま。元旦から読初めってのもオツなもん・・・かも(爆)

大阪!楽しんできてくだされ~☆
2008年12月27日 20:39
そういえば今年の箱根で学連選抜って良いとこいってましたよね。来年は何かが起こるかも!なんて思えちゃう内容にドキドキしちゃいました。母校の襷を繋ぐということにも特別な気持ちを抱くけれど、それぞれがどんな思い出走るのかというところにも注目したいですね。
すずな@主
2008年12月29日 15:10
>エビノートさん
今年は4位・・・?うろ覚えです^^;;;
来年は学連選抜に注目ですね!何かが起こりそう・・・って期待しちゃいますねぇ~。
選手ひとりひとりがそれぞれの思いを抱えて襷を繋いでいるんだろうなぁ~と思うと、それだけで熱いものがこみ上げてきそうになります(^^ゞ

この記事へのトラックバック

  • チーム 〔堂場 瞬一〕

    Excerpt: チーム堂場 瞬一実業之日本社 2008-10-17売り上げランキング : 8369おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 母校代表としての箱根駅伝出場を逃した「.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-12-27 20:27