片眼の猿(道尾秀介)

むー。何を書いてもネタバレに触れそうな気がするー;;;なので、今回は特に短め。

私立探偵の主人公は”耳”に特徴があり、”音”に関してのエキスパート。そんな彼の事務所で働く従業員や同じアパートに住むちょっと変わった隣人たち、新しく雇った特徴的な”目”を持つ従業員。そして、彼の悲しい過去とは・・・。

慎重に、色んな伏線を気にしながら、あれこれ思いを巡らせながら読んだっていうのに、またしても著者にまんまと”してやられたっ!”という感じでしたねぇ。というか、今回のはなんだかちょっとだけ「どうよ?」な気分にもなってみたり。だって、ただ「書かなかった」ってだけなんだもん。ずるいーっ、と口を尖らせたくなるよ。まぁ、こちらの勝手な思い込みといえば本当にその通りなので、文句を言う筋合いはないんだけどさぁ。そこら辺をなんだか上手く利用されちゃったような、というところがめっちゃ悔しい!!うぐぐぐぐぅと歯軋りしたい気分ですよ、まったく。・・・なんか、負け惜しみを喚いてるだけのような気もするけど(笑)

まぁ、読後感は悪くないのでいいんだけど、このタイトルに付いては最後の最後のネタバレって感じなので、インパクトというかね、そういうのが弱いのがちょっと残念かな。まぁ、胸を突かれるタイトルではあると思うけど。そして、自分のことについても考えさせられるけどね。劣等感とかそういうものを持たない人間って、そうそういるもんじゃないと思うし・・・。



片眼の猿 One‐eyed monkeys
新潮社
道尾 秀介

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

たまねぎ
2008年12月19日 22:20
ズルいですよね。悔しいですよね。ここにまた道尾作品被害者友の会の仲間が一人。頑張っていつかきっと、今回のトリックはまるごとスルッとお見通しだと言ってやりましょう。
べる
2008年12月21日 09:23
こんにちは。これは私のブログのお仲間さん内ではあんまり評判がよくなくてちょっと片身の狭い思いをした作品です。私はまんまと騙されて爽快な気持ちになったのですけれど。コンプレックスがあっても、彼らのように前向きに生きられたら素敵ですよね。確かにタイトルはある意味ネタばれかもしれませんね^^;
すずな@主
2008年12月22日 10:29
>たまねぎさん
悔しいですよねぇ、本当に!「道尾作品被害者友の会」には喜んで入会させていただきます(笑)
次回こそはっ!・・・が、がんばりますぅ^^;

>べるさん
実は爽快というより、「これはどうよ?」な気分にもなったんですが、ま~負け惜しみの気分が大きいのかなと^^;;;
そうですね。私も彼らのように前向きに生きられたらいいな~と思いました。
2008年12月22日 21:04
こんばんは。
道尾作品は、感想を書く時にどこまで書いてよいやら…と悩みますよね~。
これ伏線、きっとこれも伏線って分かってるのに、何で真相を見抜けないんだろう、私。とほほ。
すずな@主
2008年12月23日 11:40
>エビノートさん
そうなんですよー!どれを書いてもネタバレになりそうで・・・。感想書くのが難しいですよね。
私もこれって伏線だよなぁって分ってても見抜けません;;;余計、悔しい^^;

この記事へのトラックバック

  • 片眼の猿  道尾秀介

    Excerpt: 絶対騙されるというような帯の文句につられて読んだのですが、当然のごとくに騙されてしまいました。ハッキリ言ってしまうと、これは誰だって騙されるだろうと思います。一人称の叙述で嘘は決してつかないけど、なに.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-12-19 21:30
  • 道尾秀介/「片眼の猿」/新潮社刊

    Excerpt: 道尾秀介さんの「片眼の猿」。 私立探偵をしている俺は、ちょっとした特技を持っている為、この業界では有名人だ。 新しいクライアントは谷口楽器。依頼内容は、ライバル社である黒井楽器が自社の楽器 .. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2008-12-21 09:20
  • 片眼の猿 〔道尾 秀介〕

    Excerpt: 片眼の猿 One‐eyed monkeys道尾 秀介新潮社 2007-02-24売り上げランキング : 182508おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 俺は.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-12-22 20:56
  • 「片眼の猿」道尾 秀介

    Excerpt: 主人公は探偵。音に関する特殊能力を持つ。 ある日、仕事中に興味深い女性の話しを耳にします。 その女性を自身の探偵事務所のスタッフにスカウトしますが、この女が。。。。 Weblog: デリシャスな本棚 racked: 2009-08-08 11:21
  • 今回は探偵モノで

    Excerpt: 小説「片眼の猿」を読みました。 著書は 道尾 秀介 耳に特殊な力を持つ 私立探偵 産業スパイとして盗聴するのだが・・・ サクサクと読める作品で 楽しく 安定した面白さ 道尾さんらしく 今回もミ.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2010-08-16 21:17