裁判長!ここは懲役4年でどうすか(北尾トロ)

裁判傍聴記とでもいえばいいのかな。著者が裁判の傍聴マニアと化しつつ、感じたこと、興味を持ったことなどを記したエッセイ。

職場の同僚に借りたんですが、思ってたほど面白いものではなかった。というかですね、読みながらどうしても不快感を禁じえませんでした。

面白い裁判はないか!?と探すのは分からないでもないけど、度が過ぎるっていうかですね・・・。例えば「レイプ事件」を扱った裁判では、被害者の供述が傍聴できる裁判を必死に探す。どうやってレイプしたのか、そこから先が聴きたいんだっ!知りたいんだっ!・・・って、すっごい熱心になっているところなんか、本気で読むのを止めようかと思った。興味本位な野次馬根性じゃないと傍聴マニアにはならないんだろうとは思うけど、私的にどうしても受け入れられなかったです。

裁判の面白さを感じるよりも、ますます裁判の傍聴なんて嫌だなぁ、裁判員なんてやりたくないなぁ、という気持ちが強くなった1冊でした。




Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック