「箱根駅伝」不可能に挑んだ男たち(原島由美子)

「箱根駅伝」の初の生中継に挑んだ日テレチームのドキュメンタリー。

そろそろこの季節が近づいてきましたねぇ。昨年までは、全く興味のなかった「箱根駅伝」でしたが、『風が強く吹いている』(三浦しをん)を読んで興味を惹かれ、今年のお正月にTV観戦してしまったのでした。ただただ道路を走るだけの姿を写す。それも2日間も!どこが面白いんじゃぁーっ!?と思ってたんですが、いや~すっごく面白かった!2日間、TVの前で熱くなりましたよーっ。来年のお正月も絶対にTV齧りつきで見るぞーっ!と誓っております。
ということで、図書館でこの本を見つけてしまい、そのまま素通り~なんてことは出来なかったのでした。

内容的には想像通り。ベタ過ぎる展開でしたが、厳寒の、山また山の箱根に挑む男達に何度、瞳を潤ませたことか!でした~(笑)当たり前のように見ているマラソンや駅伝中継が、どれほどの技術と携わる人々の労力の結果であるのかということを、改めて感じました。正直、そこまで大変なことだとは思ってなかったし・・・。

今年のお正月に観ていて、最後のスタッフ名が流れるエンドロールに「すごいっ!」と感動したんですが、その裏話?も載っていて嬉しかった。思わず涙ぐんだり。

また、来年の”箱根”も観るぞーっ!という気持ちがますます強くなった1冊でした。




「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち
ヴィレッジブックス
原島 由美子

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 原島由美子『「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち』

    Excerpt: 「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち原島 由美子ヴィレッジブックスこのアイテムの詳細を見る 今回は、原島由美子『「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち』を紹介します。日本テレビのプロデューサーの坂田さんが.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2011-01-09 00:06