ある日、アヒルバス(山本幸久)

山本さんのお仕事系小説バスガイド編(笑)
・・・次は何編を書いてくれるのか、ちょっと楽しみになってきました。教師とかも面白そうだけどなぁ・・・とか思うんですが、どうかな。保育士さんの方が楽しそうかな。でも、それだと展開が読めそうな気もするし・・・と、色々と想像するのも楽しい。

そして、今回は「ピノ」ですよ!アイスの。もちろん「うわー食べたいよーっ」と叫びながらの読書となりました(笑)いかんよ、これは。キケンだよーぅ;;;これから山本作品を読む時には、読む時間帯とかいろいろ考えなきゃな、うん。

東京の観光バス会社「アヒルバス」で働く、入社5年目のバスガイドさんが主人公。いつものお仕事系と同じく楽しく読めました。主人公やそこで働く人々のの”仕事への愛”が伝わってきました。

現実では、バスガイドさんにはもう随分と会ってないですねぇ。そういや、元バスガイドさんには、先日会ったんだけど(笑)わがままなお客さんとか、ちょっと変わったお客さんとか、いろいろいて大変だろうなぁ。お客さんにしてみれば、初対面の、それもお仕事として引率?してる人って認識があるわけだから、我侭も言いやすいしなぁ・・・と思いながら読みました。いや、本当に大変そう。

そして、働くお母さんの苦労も書かれてました。私の身近にいる「働く母」といったら妹なんですが、やっぱり大変だな~と思いますもん。もっと、行政とか会社とかに考えて欲しいなーと思うところはありますね。

それしても、私もこのデコさんにガイドして欲しくなりました。だって、すっごく楽しそうなんですもん。読みながら、私も一緒に”観光”してる気分になりました。現実のガイドさんにも、やっぱりそれぞれの「持ちネタ」ってあるんでしょうか。気になります。実際にもあるんだったら、そんなガイドさんのバスに乗ってみたいなぁ、とも思ったり。



ある日、アヒルバス
実業之日本社
山本 幸久

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年11月29日 21:05
願いのピノなるものがあると、この作品で知りました。最近、時々ピノを購入してます。願いのピノとはまだ出会えてません~。
デコみたいに、ピノをガイドしちゃうくらいにならないと遭遇できないのかな(^_^;)
すずな@主
2008年12月01日 10:45
>エビノートさん
願いのピノ、私も知りませんでした。そんなこと聞くと、つい買っちゃいますよねぇ。実は私も買いました(笑)デコほど思い入れがかいからか、まだ出会えてません^^;

この記事へのトラックバック

  • ある日、アヒルバス 〔山本 幸久〕

    Excerpt: ある日、アヒルバス山本 幸久実業之日本社 2008-10-17売り上げランキング : 49278Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 東京生まれの東京育ち(ただし八王子)の高.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-11-29 20:34