百瀬、こっちを向いて。(中田永一)

4編を収めた短編集。

どれもが、高校生のピュアな恋愛を描いてあって、胸にきゅーんとくる感じがちょっとこそばゆい。・・・私もすっかりオバチャンになったのねぇ、なんてことも思ってしまったり(苦笑)

・百瀬、こっちを向いて
表題作。期待が大きすぎたのかイマイチ。読み終わって、あ~れ~帯に騙された?って思っちゃいましたよ。大絶賛されてたんだけど、展開もベタだったし、それほどでも・・・っていうのが、正直な感想です。

・なみうちぎわ
最初の短編がイマイチだと、次を読むのにちょっと躊躇する。そんな躊躇をぽーんと超えさせてくれました。おぉぅ!と思った。恋愛小説に変わりはないけれど、ミステリも絡めてあって、彼の告白にびっくり。そうくるか!でしたねぇ。意外性もあって、スゴク好き。

・キャベツ畑に彼の声
そんな真相が待っていたとは!でした。恋愛よりも、そっちの印象が強いかな。と言いつつ、最期までドキドキしたけどね~(笑)

・小梅が通る
うーん。ベタと言えばベタ。でも、なんだかコミカルな感じで、ちょっと含み笑いをしながら楽しく読めたかな。最後のオチに、えーっ!?でしたけど。好きなら気づけよ、と突っ込みたくなったのは私だけ?


この著者さんですが。初めて読んだと思ってたら、某有名作家さんの偽名?なんだそう。誰かなぁ?と思ったんだけど、この文体には見覚えがあるような。最近、読み出したあの方じゃないかなぁ・・・。違うかな。でも、もし想像通りなら別に別名義にする必要はないような気もするし・・・。どうなんでしょうねぇ。



百瀬、こっちを向いて。
祥伝社
中田 永一

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

森永洋一
2008年11月28日 18:51
はじめまして。私は鹿児島の奄美大島に住む森永洋一と申します。4月に小説『あの夏にすべてを賭けて』を全国発売いたしました。読書好きの方を探しておりましたら貴方のHPがありました。何でもOKの乱読派というのに惹かれました。私の小説も読んでいただけるのではと思いまして。自著は奄美を舞台にした大学生が主人公の、非常に切ないサスペンス・タッチの恋愛小説です。6月に鹿児島の新聞で取り上げられ鹿児島では多少話題になっています。舞台のひとつ、神奈川の湘南でも好評です。現在、増刷改訂版が出ています。ネット通販で購入できます。図書館は最寄の館にあるといいのですが。ある場合は初版本だと思います。ご興味がありましたらご一読、お願いいたします。それでは。奄美より
2008年11月28日 22:09
こんばんわ。TBさせていただきました。
中田さんの作品、好きです。
ベタなんですけど、それが良いです。
特にすきなのは、初めて中田さんを知ることになった「なみうちぎわ」です。
こんな恋愛があったら、素敵ですよね!
ミステリ要素がまた良いですよね~。私もそうきたかと思いました。
すずな@主
2008年11月29日 14:46
>森永洋一さん
はじめまして。
作家さんに直接オススメ頂いたのは初めてでドキドキ。ちょっと挙動不審気味になってます^^;
ご訪問&オススメありがとうございました。

>苗坊さん
そうなんですよね。ベタなんですが、なんか良いな~と思えます。
「なみうちぎわ」は私も一番、好きでした。ちょっと苦味もありましたが、ラストが良かったですね~。
森永洋一
2008年11月29日 18:04
ご返事、誠にありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。最寄の図書館にあるといいのですが。それでは失礼します。奄美より
2008年11月29日 20:31
胸がきゅんとなる感じが懐かしくって、ちょっと戻りたいなぁ~と思ってみたり(^_^;)
「なみうちぎわ」「キャベツ畑に彼の声」のラストに驚き!でした。
「百瀬、こっちを向いて」も結構好きです。身びいきですが、自分の生活圏が登場するから(笑)でも、地元の人くらいしか知らんだろうってお店が出てくることで、中田さん=○○さんって説に納得しちゃいました。
すずな@主
2008年12月01日 10:41
>森永洋一さん
こちらこそ、ありがとうございます。

>エビノートさん
あ~わかります。自分にもこういう頃が・・・と思い出されちゃったりしましたね。
「なみうちぎわ」「キャベツ畑に彼の声」のラストは「そうくるかーっ!」でしたねぇ。私も驚きでした。
自分の生活圏が登場すると、親しみというかそんなものを感じて思いいれも強くなりますよね。
通なお店が登場するんですね。あらら、せっかく覆面にしたのに~(笑)
たまねぎ
2009年04月01日 20:47
私もここ数年は「青春だのぉ」と胸をきゅんきゅんさせながら、年かねぇと溜息してます。
某説はどうなんでしょうね。やっぱり噂されているようにあの人なんでしょうか。言われてみればそう感じるし、でも言われなかったら多分、自分は気付かなかったような。
すずな@主
2009年04月05日 08:22
あら~たまねぎさんもですか(笑)こんなお話を読むと、つい遠い目をしちゃう自分に気付いてしまう今日この頃です^^;
某説。誰かな~?と考えた時、あの人が浮んだんですよねぇ。色々なブログ様等を巡って「やっぱ、そうなのかな」と思ったんですが。ホントのところ、どうなんでしょうねぇ。

この記事へのトラックバック

  • 百瀬、こっちを向いて。 中田永一

    Excerpt: 百瀬、こっちを向いて。 オススメ! 「百瀬、こっちを向いて」 大学卒業を間近に控え、故郷に少しの間戻ることにした。 そこで、偶然神林先輩に再会する。 かつての憧れだった宮崎先輩の彼女、今は妻.. Weblog: 苗坊の読書日記 racked: 2008-11-28 22:03
  • 百瀬、こっちを向いて。 〔中田 永一〕

    Excerpt: 百瀬、こっちを向いて。中田 永一祥伝社 2008-05-10売り上げランキング : 63981おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ささやかな人生に訪れた、奇.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-11-29 20:23
  • 百瀬、こっちを向いて。  中田永一

    Excerpt: あちこちのご近所的ブログで評判だった本書。著者の中田永一さんは恋愛をテーマにしたアンソロジー『I LOVE YOU』で、突如、彗星のようにデビューした新人作家らしいのですが……実はその正体は誰もが知る.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2009-03-31 23:42