犯意~その罪の読み取り方(乃南アサ)

「小説とその罪の説明」という、裁判員制度スタートへ向けた易しい法律解説書みたいな1冊。

ん~~~。こういう企画は面白そう!と思って手に取ったんですよね。短編を書かれているのは乃南さんだし。でも、なんだかちょっと肩透かしでした。

一番の原因は、小説が物足りないってこと。乃南さんだからって期待してたのもあるんでしょうが、どれもがどこかで見聞きした事件ばかりって感じだし、言い方が悪いんだけど、どこにでもあるような事件ばかりって印象でした。展開も真相も捻りがない・・・。それぞれの短編の後に、法律家の説明書が付くっていう趣旨だから、それが成り立つ為にはしょうがないってのも分かるんだけどねぇ・・・。”ミステリ”を期待してたら、思いっきり空振り感を味わってしまった;;;というような。

説明の方も、最初の数編は「へ~ほ~。なるほど、なるほど~」って読んでたんですが、だんだんと飽きてくるって言うか・・・。くどいんですよね。当然と言えば当然なんだけどさぁ。最後の方は、斜め読みでした。

小説としてはイマイチでしたが、裁判員制度に向けた法律解説書として読むと、理解しやすいし、かなり興味深く読めるんじゃないかなーと思った。私の読書スタンスがマズかったのね;;;と思いましたです。

自分が裁判員に選ばれてから読んだら、もっと熱心に熟読したのかもしれないなー。今はまだ切羽詰ってないからなぁ(笑)




犯意―その罪の読み取り方
新潮社
乃南 アサ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2009年01月11日 00:46
小説よりも法律解説の方がメインだったんでしょうね~。小説があったことでとっつきやすかったですけど、これを読んで裁判員になってみたいとはなかなか思えませんでした。判断が難しそうなんだもの。
すずな@主
2009年01月11日 14:12
>エビノートさん
そうですね。これって、解説がメインだったんでしょうね~。小説目的で読んでしまったのが失敗だったのかぁ;;;
私も、これを読んでますます裁判員には選ばれたくないなぁという気持ちになりました^^;;;

この記事へのトラックバック

  • 犯意-その罪の読み取り方 〔乃南 アサ〕

    Excerpt: 犯意―その罪の読み取り方乃南 アサ新潮社 2008-08売り上げランキング : 32379おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ マスコミは報じない犯人の心理に.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2009-01-11 00:42