平等ゲーム(桂望実)

予想外のラスト。え~そうくるの!?と意外なラストでした。面白かった。面白かったけど、タイトルの”ゲーム”というのは、なんだかシックリこないんだけど。これは”ゲーム”とは呼べないような気もするんだけどなぁ・・・。

瀬戸内海に浮かぶ「鷹の島」の人口は1600人。その島は「全員が平等」であるユートピア。職業は4年交代で抽選で決まり、ルールなど決めなければいけないことは、島民全員の投票によって多数決で決定する。収入も全て等分され、格差は生まれない。そんな島で生まれ育った耕太郎は、勧誘係として移住を希望した本土(島以外の日本)に住む人々を調査し接触する中で、本土で暮らす人々の感情に戸惑い、翻弄される。

競争のない社会ってどうなのか、ということを改めて考えさせられるお話でした。そして、本当の”平等”とは・・・ということも考えさせられる。”平等=みんな一緒”ではないんですよねぇ。そして、自分と他人は違うのが当たり前。それが個性。でも、その”個性”が無視される。私が島で暮らせる権利を手に入れたら・・・。やっぱり「鷹の島」じゃなく、ここで暮らすことを選ぶと思います。たしかに、この社会に不満がない訳ではないけれど・・・。

耕太郎の言動を読みながら、ちょっと自分を省みたりもした。私も、特に学生時代はこんな風だったなぁ・・・と。正直、読みながら痛い顔をしてたと思う。高校時代、先生から「潔癖」と書かれたことがあったんですよねぇ。それは誉め言葉だと思ってたんだけど、今になってみるとそうは思えない(笑)この歳になってやっと、正しいことが正しいとは限らないってことを憶えたからかな・・・。正義感ぶって容赦なく攻め立てて・・・そんな人には誰もついていかないよな、うん。
・・・大人になったなぁ、私(笑)


*****
はぁ~これでやっと「感想」が「読了」に追いついた(喜)プレッシャーから解放だよー♪今度から、感想を溜めないようにしよう!絶対に!・・・ま、出来るだけ、ね(笑)さぁ、他のブログ様を回るぞー。



平等ゲーム
幻冬舎
桂 望実

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

べる
2008年11月12日 01:08
私もタイトルの「ゲーム」には首をかしげました。そういう意味合いの作品ではないですよね。桂さんらしい主人公の成長物語でしたね。相変わらず脇役キャラが光ってましたね~。船長&バーテンコンビが好きでした^^
すずな@主
2008年11月13日 11:39
>べるさん
「ゲーム」ってタイトルはしっくりこないですよね;;;
脇役キャラは魅力的でしたね!
桂作品を読むのはこれが2作目なんですが、”らしい”作品なんですねぇ~。べるさんのコメントを読んで、他の作品も読んでみよう!と思いました(^^ゞ
2008年11月19日 20:35
もうちょっと違った感じの物語を予想してたので、意外な展開でした。
今、私たちがいる場所って意外に悪くない??なんて思える内容で、ちょっと考えちゃいました。でも、やっぱり今の社会には不満も強いんですけどね(^_^;)
耕太郎が目指す第二の「鷹の島」ってどんな風になるんでしょうね~?
すずな@主
2008年11月21日 14:56
>エビノートさん
意外な展開でしたよね。あれ?そっち?と思わず呟いちゃいました(笑)
そうそう。今の社会もそれなりに・・・と見直し(?)ました。もちろん、不満は山ほどありますけどね^^;
第二の「鷹の島」も気になりますよね。続編とか書いてくれないかしら・・・。

この記事へのトラックバック

  • 桂望実/「平等ゲーム」/幻冬舎刊

    Excerpt: 桂望実さんの「平等ゲーム」。 瀬戸内海に浮かぶ孤島『鷹の島』。約1600人の島民は全てが平等。特権階級や格差を生み出 さない為、四年ごとに行われる抽選により仕事は振り分けられ、物事は全てが島民.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2008-11-12 01:05
  • 平等ゲーム 〔桂 望実〕

    Excerpt: 平等ゲーム桂 望実幻冬舎 2008-08売り上げランキング : 23127おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 瀬戸内海に浮かぶ「鷹の島」。 そこでは160.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-11-19 20:28
  • 桂望実『平等ゲーム』

    Excerpt: 平等ゲーム桂 望実幻冬舎このアイテムの詳細を見る 今回は、桂望実『平等ゲーム』を紹介します。平等な世界である「鷹の島」の勧誘係である芦田耕太郎が勧誘するために本土の人に出会うことで、平等について、「.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2010-07-15 18:26