美女と竹林(森見登見彦)

著者が「竹林伐採」に挑むというエッセイ集。
・・・でいいのか?本当にいいのかっ!?と、何度も確認したくなるような、エッセイというより妄想小説のような感じ(笑)

ということで、森見さんの妄想が冴え渡ります。それも”大妄想”というくらい、果てしなく広がる妄想空間大炸裂!最初から最後まで笑いが絶えることなく読めました。最初は職場で読み始めたんですね。昼休みの読書。・・・必死でした。口を押さえても漏れる声。「ぶ。ぶ・・・ぐぅぅぅ。」読書で呼吸困難に陥りそうになるなんて!この大真面目な文体に危うく騙されそうになるんだけど、内容は実に”くだらない”(この場合は誉め言葉!)妄想の嵐。これでもか!これでもかっ!こっちはどうだ!ほぉれ、ほれ、ほれぇーっ!と、畳み掛けられ瀕死状態。

帰宅後はもう、誰に憚ることなく声をあげまくり。ぶ。・・・ぶぶっ。・・・ぶぶぶぶ。・・・ぶはっ!と、決して「ぶははははは!」と大爆笑する訳ではないんだけど、笑い転げまくったような気分になったり。

このエッセイを書き始めたものの、なかなか竹林には行けず、伐採作業は進まず、最後はどうオチをつけていいのか分からなーい!という森見さんの嘆きが聞こえるような気がして、それもまた楽し。でしたねぇ。

竹林伐採は進まなかったけれど、お陰でなのか(予定通りかもしれんが)妄想大爆走だったし、狸ちゃん達他の執筆モンモン裏話やら、本庄さんご対面オタオタ裏話やらが読めて、それも嬉しかった。面白かったぁーっ!・・・なんて言ったら、森見さんに後ろからオトモダチパンチをお見舞いされそうだけど。・・・それはそれで嬉しいかな(笑)

そうそう!「机上の竹林」が欲しい!めちゃめちゃ欲しいっ!職場の机に飾って癒されたーいっ!!と拳を握り締めたのは、きっと私だけじゃないはず。



美女と竹林
光文社
森見登美彦

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年10月12日 20:55
こんばんは。楽しかったですねー。
こういう大真面目な阿呆ぶりが大好きです。文体が堅苦しくなるほど、中身とのギャップが面白いの。
「嫁を大事にする男の人募集」と張り紙を張りに、竹林に行って来ようか……とか、不毛なことを考えてしまいました。
机上の竹林、私も欲しいです。
すずな@主
2008年10月13日 16:12
>あまねちゃん
楽しかったねーっ!真面目な文体で妄想大暴走ぶりがタマラナイ!!
張り紙!(爆)懐中電灯は私が持ちます!・・・って、夜中に行くことに決めてるらしい^^;
「机上の竹林」で癒されたいよね。。。
2008年10月14日 20:29
こんばんは~。
エッセイと妄想小説との境目が分からなくなる内容に、笑ってしまいました。楽しかったです~。カリスマ竹林経営者になって「机上の竹林」を売り出してほしいような気もしますが…、小説が読めなくなるのは寂しい。う~。
べる
2008年10月15日 01:11
職場で読んでいて、ついつい噴出しそうになりました(笑)。どこまでも続く登美彦氏の竹林への情熱と妄想に大笑いでした。机上の竹林は私も欲しいです~。無性に竹林に行きたくなりました(笑)。
すずな@主
2008年10月16日 15:28
>エビノートさん
かなり笑える1冊でしたね~♪エッセイと呼んでいいのか、かなり悩みますよね(笑)
小説家の”サイドビジネスとして”「机上の竹林」をお願いしたい~というのは都合よすぎでしょうか^^;

>べるさん
おーっ、同士ですね♪私も噴出さないように必死でした☆
そうなんですよ!私は朝、会社に向かってるはずが、ウッカリ竹林を目指しそうになりました(笑)
2008年11月04日 23:19
すずなさん、こんばんは(^^)。
モリミーworldの真骨頂、妄想大炸裂が、ホントにスンバらしかったですね!!
竹林のあの音は・・・とても清澄な気持ちになるもののハズなのに、登美彦氏の言動にかかるや否や、なぜコメディに?!という(笑)。
机上の竹林、開発・商品化はされないですかねぇ・・・(^_^;)。
すずな@主
2008年11月06日 14:38
>水無月・Rさん
モリミーの妄想大炸裂にヤラレちゃいましたねぇ。いや~凄かった!
「清澄」という言葉が全く似合わなかったですね~(笑)
モリミーには執筆に専念してもらわなきゃいけないので、この本を読んだ誰かが「机上の竹林」を開発してくれないかしら・・・と甘い期待を抱いているところです(笑)
2008年12月01日 22:04
すずなさん、こんばんは。
遅くなってすみません<(_ _)>

竹林に対する愛はひしひしと感じるものの、全然行かないその姿勢にとても笑いました。行けよ!と。そしてそれはそのまま森見さんの恋愛行動な気もしたりして…はたして真相やいかに!?
すずな@主
2008年12月03日 15:44
>麻巳美さん
いえいえ。ご訪問ありがとうございますm(__)m

たしかに「行けよ!」と言いたくなりましたね~(笑)
は~なるほど。恋愛行動ですか。そうかもしれませんねぇ~(^^)

この記事へのトラックバック

  • 美女と竹林

    Excerpt:  森見登美彦 2008 光文社 入院初日。とりあえず、一冊読了。 「洛西」はラク Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-10-12 20:49
  • 美女と竹林 〔森見 登美彦〕

    Excerpt: 美女と竹林森見登美彦光文社 2008-08-21売り上げランキング : 2675おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 美女に会ったら伝えてくれ。俺は嫁を大事に.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-10-14 20:24
  • 森見登美彦/「美女と竹林」/光文社刊

    Excerpt: 森見登美彦さんの「美女と竹林」。 美女に会ったら伝えてくれ。俺は嫁を大事にする男だと。妄想と執筆に明け暮れた、多忙にして 過酷な日々。森見登美彦氏を支えてくれたのは、竹林であった。美女ではない.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2008-10-15 01:12
  • 『美女と竹林』/森見登美彦 ◎

    Excerpt: これをエッセイと言うべきか否か、非常に迷うところではある。 ・・・だってさ~。森見登美彦さんの妄想大暴走で、事実を綴ったものとは言い難いではないですか(笑)。虚実入り交じりとは、この本のためにある言.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-11-04 23:05
  • 「美女と竹林」 森見登美彦

    Excerpt: 美女と竹林森見登美彦光文社 2008-08-21売り上げランキング : 1578Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 美女と竹林。それは、自分がやみくもに好きなもの。竹林を拝.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2008-12-01 22:02