夏のクジラ(大崎梢)

今まで読んだ大崎作品とちょっと雰囲気が違う感じ。青春夏物語風かな。
・・・ということで、最初は恐々と読んでたんだけど、読めば読むほどのめり込んでしまって一気読み。面白かったぁーっ!

青く広がる海と空。陽の光をきらきら反射したくじらが、ざっぱぁ~~んと波飛沫を上げて泳いでるようなイメージ。

高知の「よさこい祭り」が舞台。”よさこい”って高知が発祥というのは知っていたけど、言葉を聞いて思い出すのは札幌の「YOSAKOIソーラン祭り」の方だったんですよね。なんか華やかそうだし、TVでもよく見るし。ところが、このお話を読んだら、高知のよさこい祭りに行ってみたくなる!ウッカリ踊り子に志願したくもなる(笑)それくらい、細かく魅力的に描いてありました。特に本番の踊りなんて、読んでるこっちまで、夏の陽射しを感じ、こめかみや背中を流れる汗を感じ、音楽と一体になって躍動する身体を感じ、みんなとの一体感まで感じられた。わくわくした~!すっごい楽しかった~!”よさこい”についての記述がかなり詳細なので、大崎さんって高知出身なの?と思ったら、ご主人が高知出身とのこと。なるほど。

話のメインは、大学生の篤史の初恋の人?探しなはずなんだけど、いつの間にかそんなことはどうでも良くなってきちゃった。いけない読者ですねぇ(笑)人探しについては、最後におぉっ!な展開が用意されていて、だんだん包囲網を狭められて、核心が近いぞ、近いぞともったいぶられて、読みながらめっちゃテンションが上がりました。くるぞ、くるそ、くるぞーとドキドキしたぁ!おおよその予想はついていたものの、予想の斜め前方くらいを突いてきて、そっちか!と楽しい驚きでした。

すっきりと清々しい爽やかな気分で読了。すっごい気分のいい読後感でした。

*****
蛇足なんですが。
文中に「はちきんなくじら」という言葉が何度も出てくるんですよね~(笑)思わず、別な著者とか作品とか、ま~それ関係の諸々がちらりちらりと頭を掠めて、違った意味でもテンションが上がった読書となりました。



夏のくじら
文藝春秋
大崎 梢

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年10月05日 20:42
 そうそう、今や「よさこい」でなく「YOSAKOI」みたいですが、やはり高知が本家本元なんでしょうね。

 ところで「はちきんなくじら」で連想される諸々とは、はて何でしょう…?
すずな@主
2008年10月06日 14:50
>higeruさん
「よさこい」という言葉を聞くと、脳内で「YOSAKOI」と変換されちゃいますよね^^;
でも、これ読んだ後は「よさこい=高知」で固定された気がします。

「はきちんなくじら」・・・あははは^^;図書館で戦争をさせちゃった御方関係です;;;
2008年10月20日 20:04
読者まで熱狂させられちゃうような、熱い内容でしたね~。来年はよさこい見に行くぞ!なんて思っております。
祭りの歴史や、本番までの準備、運営方法とか豆知識も楽しかったです。
「はちきんなくじら」では、私も思わずにやり♪有川さんもよさこいに参加されてたりしたんでしょうか~?
すずな@主
2008年10月21日 15:20
>エビノートさん
読んでる方もついつい熱くなっちゃうような作品でしたね。見に行きたくなりますよね~!

おぉ。エビノートさんもにやりとした一人でしたか♪よさこいにも参加されたかもしれませんねぇ。つい、踊るお姿を想像しちゃいました(笑)
2009年02月27日 23:15
こんばんわ。TBさせていただきました。
熱くなりました~^^
良かったです。
私も登場人物の一人になって一緒に踊りたいと思いました^^
あの一体感を一緒に味わえたら、素敵ですよね。
すずな@主
2009年03月01日 11:41
>苗坊さん
読んでるこちらの方が熱くなっちゃうような作品でしたね~。これを読むと、一緒に踊って一体感を味わいたくなりますよね!!参加は難しくても、一度ナマで見てみたいです~。
2010年08月26日 21:52
すずなさん、こんばんは(^^)。
この酷暑の中、熱い物語を読んで、一人でガンガン盛り上がってしまいました(笑)。
やっぱり、高知の夏はよさこいです。
30年近く前もすごく盛り上がってましたが、きっと今はもっと盛り上がってるんだろうなあ~、行きたいなぁ・・・と思います。
もう踊れる体力も気力もないですが(笑)。

この記事へのトラックバック

  • 【大崎梢】夏のくじら

    Excerpt:  今のところとりわけお気に入り作家という訳でもない大崎梢だが、久しぶりに『平台がおまちかね』を読み、とりあえず未読本の予約を…と思って図書館ページにアクセス。あいにくと『片耳うさぎ』は出払っていたが、.. Weblog: higeruの大活字読書録 racked: 2008-10-05 20:36
  • 夏のくじら 〔大崎 梢〕

    Excerpt: 夏のくじら大崎 梢文藝春秋 2008-08売り上げランキング : 100039おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 都会から高知にやってきた大学生・篤史は、従.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-10-20 19:35
  • 夏のくじら<大崎梢>-(本:2008年145冊目)-

    Excerpt: 夏のくじら # 出版社: 文藝春秋 (2008/08) # ISBN-10: 4163273301 評価:90点 さわやかでそして熱い、見事な臨場感の青春ど真ん中小説だった。 舞.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-11-08 23:40
  • 夏のくじら  大崎梢

    Excerpt: 夏のくじら/大崎 梢 大崎梢 文藝春秋 2008 STORY: 高知の祖父母のもとに下宿し、大学に通うことになった篤史は、いとこに誘われ、しぶしぶながら地元のよさこいチームに.. Weblog: 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) racked: 2008-11-20 12:28
  • 夏のくじら 大崎梢

    Excerpt: 夏のくじら 都会から高知にやってきた大学生・篤史は、従兄弟の多郎から強引に本場・よさこい祭りに誘われる。 衣装、振り付け、地方車、鳴子。 六年ぶりに復活する町内会チームは、どこよりも熱い。 南.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2009-02-27 23:01
  • 『夏のくじら』/大崎梢 ◎

    Excerpt: うおぉぉぉ!! やっぱ、高知の夏は〈よさこい祭り〉だよねぇ~! ・・・って、のっけから、超ハイテンションです、水無月・R。 出版された当初、<よさこい>の作品だとは知らず、去年の冬ぐらいに初めて.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2010-08-26 21:33