銃とチョコレート(乙一)

・・・児童書?・・・だよねぇ?と思わず確認しちゃったくらい、子供向けにしてはちょっとハードな作品。

怪盗ゴディバと名探偵ロイズ。それに関わった少年リンツのワクワク冒険譚!・・・だと思っていたら、なんだかすんごい展開に戸惑いつつ、あれあれ~と読了。えぇっ!?そ、そうくるのーっ!の連続でした。

いくらなんでも、児童書の名探偵がそんな人ってどうなのよー!とブチブチ文句付けたい(笑)いや~意外性がありすぎます。大人としては、この意外性が面白くって「さすが!」と著者に拍手を送りたい気分になりますが、子供が読んだらどうなんでしょう。まぁ、そのお陰で子供たちが活躍する訳だから、逆に面白く読めるのかなぁ。でも、活躍する子供もなかなか一筋縄ではいかない子達でしたねぇ。特にドゥバイヨル。鋭い観察力と閃きを持つ少年。本来なら、彼がヒーローとなるべきところ、いかんせん性格が悪すぎるし、凶暴すぎる。生き残る為には何でもやる、最後に生き残る者が勝者なんだというような、強い執念みたいなものを感じた少年でした。

ドゥバイヨルと比べると、主人公リンツはちょっとインパクトに欠けるような気もしないでもないんですが・・・。でも、それを補うように、祖父や母親など周囲の人々の力に助けられて真相に辿りつく。まぁ、現実の世界ではそういうことの方が多いんですよね。子供だけで出来ることって、本当は凄く少ない。子供は大人に守られているというのが本来の、しかるべき姿なんだから、それは当たり前のことなんだよね。

「めでたし、めでたし」と元の生活に戻って、で終わらなかったり、ヒーローが裏の姿を持っていたり。味方だと思っていたら敵だったり、敵だったのにいつ間にやら味方になっていたり。児童書としては珍しい展開とラストでしたが、そういう意味でも、すごく現実的な作品と言えるのかな・・・と思いました。





この記事へのコメント

たまねぎ
2008年11月01日 01:02
自分が小さい頃に読んでいたら、その内容もそうですし、挿絵でも軽くトラウマになりそうな気がします……。
ところで、サツマイモのポテトサラダ、美味しかったです。
すずな@主
2008年11月01日 15:42
>たまねぎさん
私もトラウマになってたかも^^;特に挿絵は;;;ちょっと怖すぎでしたね。

お~ポテトサラダに挑戦してくださったんですね~。お気に召していただけたようで良かったです♪
2008年11月01日 21:53
予想とは全く違った展開にビックリした内容でしたね~。それにしてもチョコレートの名前がたくさんで、チョコレートをつまみたくなっちゃいました。挿絵の怖さとあわせて夜に読むと危険な本ですね、これは(笑)
べる
2008年11月02日 07:16
文章はひらがなが多くてジュヴナイル向けなのに、内容はそれをすっぱり裏切ってる作品ですよね^^;「普通こうならないだろー!」とツッコミたくなる所が満載なんですが、その意外性がとても良かったです。ミステリーランドの中でも特に気に入っている一冊です^^私も読んでて無性にチョコレートが食べたくなりました(チョコ大好き^^)。
すずな@主
2008年11月02日 14:03
>エビノートさん
意外な展開に最初はついていけなくって;;;児童書とは思えない意外な展開でした。
そうそう!実は私も出てきた名前からチョコを連想して、夜中に誘惑に負けそうになりました(笑)色んな意味で”キケン”な本でしたね。

>べるさん
ひらがなが多かったですよね;;;それに反比例するように内容はかなりハードでした^^;;;その意外性が面白かったんですけどね。
私もチョコ大好きなんですー!なので、夜中に食べたくなって困りました。みんな一緒ですね~(笑)

この記事へのトラックバック

  • 銃とチョコレート  乙一

    Excerpt: ミステリーランドシリーズからこのミスにランクインしたもう一冊、乙一の『銃とチョコレート』です。 怪盗GODIVA(ゴディバ)、大金持ちの家から宝石や金貨といった宝物を盗みだし、後にはサインの入っ.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-11-01 00:01
  • 銃とチョコレート 〔乙一〕

    Excerpt: 銃とチョコレート (ミステリーランド)乙一講談社 2006-05-31売り上げランキング : 90127おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 少年リンツの住む.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-11-01 21:45
  • 乙一/「銃とチョコレート」/講談社刊

    Excerpt: 17歳で衝撃のデビューを飾った奇才・乙一のミステリランドシリーズ「銃とチョコレート」。 リンツは11歳の時父を亡くした。父が亡くなる直前、二人で市場に行った際に胡椒を買った露店で 1冊の聖書を.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2008-11-02 07:11
  • 乙一『銃とチョコレート』

    Excerpt: 今回は乙一『銃とチョコレート』です。 『銃とチョコレート』は2006年5月に講談社のレーベル「ミステリーランド」から刊行。第23回うつのみやこども賞を受賞しています。 「ミステリーラン.. Weblog: 初心者のための読書ガイド racked: 2009-03-21 19:16