ポジ・スパイラル(服部真澄)

日本を舞台に、環境問題をテーマにした作品。

まさに「このタイミングでこのテーマ!」というどんぴしゃな作品ですねぇ。日本の環境問題を、海から変えていこうという試み。たしかに、日本は海に囲まれた島国で、温暖化や汚染というものを海で実感することも多い国ではありますね。海(湾)の浄化は、必須で急務なんだと痛感した作品でした。

今まで読んだ作品のように、世界を股にかけた国同士のプライドや行く末を握る大陰謀劇!という感じではなく、日本国内に限定したところが、身近で現実的なものとして受け止めやすくて良かったんですが、そこがちょっと物足りないかな、と思えた部分でもあったような気がします。不倫やセコイ脅し(笑)など、ちまちまとした人間関係が垣間見えたり、予想通りのラストだったりのところとか・・・。ラストにもう一捻り欲しかったなぁ。

特に、あの着信の真相がねぇ。この人って怪しくないか?いや、やっぱりこの人が黒幕で・・・とか、いろいろと想像してただけに、呆気ないというか、極々個人的な感傷からかよ;;;とがっかりしちゃいましたねぇ。ワクワクドキドキしながらアレコレ想像して、どんな真相がっ!?って期待してただけに、余計に期待はずれというか、がっかり感が大きかったかな。

閉塞感を感じている環境問題解決策として、新たに脚光を浴びることになった植物。名前は知っているけれど、見たこともないし、食用となるというのも初めて知りました。作品の中では、バイオ燃料としての活用までもが描かれるこの植物の登場には、かなりワクワクさせられました!水面にびっしりと群生する植物の姿が眼に浮かぶようで、実際にこれが現実となれば・・・という思いを抱いてしまいましたねぇ。諫早湾閉門については、同じ九州に住むものとして無関心ではいられない問題でもあるし。ここで語られるプロジェクトは、所詮、お話の中でのことで、夢物語なんでしょうか・・・。
それでも、近い将来・・・という希望は持っていたい。。。




ポジ・スパイラル
光文社
服部真澄

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年09月14日 20:47
ミステリ部分?は、正直物足りなかったです。都合よく進みすぎだろ~とツッコミを入れたりもしたんですが、でも環境問題を何とかしようとする試みには胸が躍って、最後まで楽しく読むことができました。現実でも、泉水海が甦るといいですよね。
すずな@主
2008年09月15日 14:14
>エビノートさん
そうなんですよねぇ。ミステリ部分はちょっと物足りなかったですよね;;;
でも、現実でもこんな画期的な方法が見つかれば・・・とワクワクさせられましたね。是非、甦った泉水海を眺める日が訪れることを祈りたいです・・・。
2009年03月16日 21:55
ワクワクでした!
みんなプライドとかしがらみとか捨てて、
ぜひこうあって欲しいものだと…(^^ゞ
すずな@主
2009年03月19日 04:54
>じゅずじさん
本当にワクワク♪しましたね~!
その人が、どこにプライドを感じるかという問題なんでしょうけどね・・・。

この記事へのトラックバック

  • ポジ・スパイラル 〔服部 真澄〕

    Excerpt: ポジ・スパイラル服部真澄光文社 2008-05-22売り上げランキング : 121054Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 環境省の生え抜き公務員、橋場慎二が不可解な死を遂.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-09-14 20:39
  • ポジ・スパイラル<服部真澄>-(本:2008年134冊目)-

    Excerpt: ポジ・スパイラル # 出版社: 光文社 (2008/5/22) # ISBN-10: 4334926061 評価:91点 環境問題とエンタメを見事に融合させた作品。 地球環境の問.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-10-05 23:25
  • 【ポジ・スパイラル】 服部真澄 著

    Excerpt: 海洋国日本、環境問題への秘策はあるのかまずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】温暖化防止なくして人類の未来はない。そのために個人の欲望と.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2009-03-16 21:59