いっちばん(畠中恵)

「しゃばけ」シリーズ第7弾。5つの短編。

もう7作目なんですねぇ。今回は、主人公の一太郎よりもその他の登場人物達にスポットを当てたお話が多かったかな。短編集なので、いろんなエピソードが読めて嬉しい反面、そろそろ長編も読んでみたいかな、という思いも無きにしも非ず。でも、このシリーズは短編だからこそ、その魅力が発揮されるのかな~とも思うし・・・。

・いっちばん
妖達、総出演!という感じでしたねぇ。若だんなを喜ばす為に贈り物をしよう!とみんなでアレコレ知恵を絞る妖達に、にっこり微笑みながら読みました。・・・ちょっとハズレてないか?と思える提案とか、ぷぷぷと笑えて楽しかった。やっぱり、鳴家がかわいいー!結局、贈り物は出来なかったけれど、みんなが若だんなの周りでワイワイしてることが一番の贈り物なんですよね。うんうん。

・いっぷく
おぉーっ。シリーズ第6弾「ちんぷんかん」に登場して、その後が気になっていた彼が登場!無事に戻れてたようで何より♪ただ、再会に行き着くまでが長かった;;;七之助はいけ好かないヤツってしか思えなかったし(笑)てか、私も若だんなが気付くまで全く気付かず・・・。「品比べ」の結果は痛快でした。客が何を求めているのか、それを理解することが大切。それを見誤ったら・・・。商売の基本ですね。

・天狗の使い魔
若だんなが攫われた!・・・ていうのに、本人の若だんなは冷静でしたねぇ。攫われた自分の安全よりも、帰宅後の兄や達の過剰な過保護っぷりを心配してるあたり・・・(笑)それにしても、天狗が若だんなを攫った理由ってのが、なんともまぁねぇ。駄々捏ねてる子供みたいと思ってしまいましたが(笑)狛犬の理由もね。まぁ、こういうドタバタ劇も楽しいから良し。

・餡子は甘いか
なかなか菓子作りの腕が上がらない若だんなの幼馴染である栄吉が、修行先で奮闘するお話。ちょっと切ない。頑張ったからといって、結果がそれに付いてくるとは限らない。それでも諦めないことは大切。止めてしまったら、それっきり。一度は挫折するものの、それでも頑張ろうと決めた松吉に拍手。いつか、美味しいお饅頭が作れるといいなぁ・・・。

・ひなのちよがみ
白壁のような厚塗のお雛さんを巡る恋のお話。とうとう厚化粧を止めたお雛さん。素顔はとっても美人さんで、許嫁がいるっていうのに求婚者が現れた!兄や達に騒動をどうやって治めるか考えてみよ、と言われた若だんなは・・・。おぉ。兄や達も、ただ甘やかすだけではなくなったのか?と思ったものの、やっぱり甘い兄や達でした。今回も心配の余りちょっと妖達は暴走しちゃって。想像しただけで胸焼けしそうな薬湯が出来上がっちゃいましたねぇ(笑)あんなもの飲まされたら・・・。若だんなに心から同情いたします。。。



いっちばん
新潮社
畠中 恵

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

べる
2008年09月14日 01:45
すずなさん、こんばんは。TBありがとうございました。このシリーズはやっぱり短編形式が似合っているような気がします。妖たちとのほのぼのエピソードに癒されました。栄吉主体のお話が読めて嬉しかったです。あれだけ修行して腕が上がらないというのもすごいけれど(苦笑)、彼にはずっとお菓子を作り続けて欲しいと思います。
2008年09月14日 20:31
前作ではちょっぴりしんみりとした印象を持っていたので、この作品は楽しかったです。妖たちがワイワイと若だんなのために行動するのも良かったし、気になっていた彼と再会できたのも良かったですね~。個人的には、栄吉さんの頑張っている様子も読めて良かったです。
若だんなの飲まされた薬湯、想像を絶する味なんでしょうね~。味見…は、遠慮しておきます(笑)
すずな@主
2008年09月15日 14:11
>べるさん
妖たちには癒されますよねぇ~!わいわいと協議?する姿を読むと、自然と顔が綻んでしまいます。
栄吉のお話は私も嬉しかったです!たしかに、あんなに修行してるのに・・・と思わないこともないですが(笑)、それでも作り続ければいつかきっと・・・と思えるようなラストで嬉しかったです。

>エビノートさん
前作と違って、楽しさ満載な感じでしたね♪特に妖達が可愛くって(*^_^*)気になっていた彼とやっと再会できてほっとしました。栄吉も腕の方はともかく、頑張ってるようですし。
妖特製薬湯は、ちょっと凄かったですねぇ;;;私も、効果抜群!と言われても飲みたくないです~(笑)
たまねぎ
2009年02月04日 22:14
すずなさんこんばんは。再会にはびっくりでしたね。私も薬湯に溺れそうになるまでさっぱり分からず、あーっそうかそうかと声をあげてしまいました。でも若だんなに新しい友達が出来て良かった良かったです。
すずな@主
2009年02月05日 13:38
>たまねぎさん
お~たまねぎさんもでしたか!(笑)
再会は嬉しかったですねぇ♪

この記事へのトラックバック

  • 畠中恵/「いっちばん」/新潮社刊

    Excerpt: 畠中恵さんの「いっちばん」。 廻船問屋兼薬種問屋、長崎屋の一人息子一太郎のもとに、日限の親分が相談にやって来た。最近 通町に出没している質の悪いスリ。犯人は老舗の大店・黒川屋の次男坊富治郎とそ.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2008-09-14 01:44
  • いっちばん 〔畠中 恵〕

    Excerpt: いっちばん畠中 恵新潮社 2008-07売り上げランキング : 46おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ シリーズ累計277万部突破! 大人気「しゃばけ」シリー.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-09-14 20:24
  • いっちばん  畠中恵

    Excerpt: 『いっちばん』 今日もまた、若だんなの知恵を借りるべく、日限の親分が長崎屋の離れへとやってきました。親分の頭を悩ませるのは通町界隈で続く掏摸騒動。実は下手人の目星はついているものの、相手はとある大店.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2009-02-04 23:18