君たちに明日はない(垣根涼介)

おぅ。これは当たりー♪と、最初の数ページを読んだところでほっと胸を撫で下ろす。初読み作家さんは、読み初めにちょっと緊張する。特に、これの前に読んだ初読み作家作品がイマイチだった今回は、その緊張感も大きかった!でも、期待通りのようで良かったよーと、安心して続きを読みました。

ということで、面白かったー。

他社のリストラを請け負う会社で面接官として働く男性が主人公の物語。リストラする側の物語なので、ちょっと重く暗い話かもと躊躇した部分もあったんだけど、タイトルからも窺えるように暗さは無かったので良かった。というよりも、逆に笑えたので、ポイントが高くなったような気もしますねぇ(笑)

メーカー、銀行、自動車会社などでクビ切り面接官として非情に徹して様々な人に自主退社を勧める真介。面接を受ける側も一筋縄ではいかない一癖も二癖もある人ばかり。どの登場人物も魅力的で、読んでて面白かった。読みながら、真介に対抗するみんなをついつい応援しちゃったり。真介の補助をする美代ちゃんのキャラもなかなか魅力的でしたねぇ。それにしても、結末をぼかしてある人もいて、結局、あの人はどうなったの?と、とーっても気になるんだけど。どの人も最後まで描いてくれなかったのは、著者の戦略なんでしょうか。もしそうだったのなら、まんまと乗せられてる人がここにひとり(笑)

仕事だけじゃなく、恋にも頑張る真介。意外で早い展開に、あれあれ?えぇーっ!?と思いつつ読んじゃいましたが、ラストシーンは思わずホロリと泣かされました。すっごく切なかったよー。

これは続編も出てるみたいなので、読むのが楽しみー。



君たちに明日はない
新潮社
垣根 涼介

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年09月04日 01:05
 初読みですか~。続編ももちろん同じテイストですが、他の作品を読むと面食らうかもですね。

 そういえば、先日図書館へ行った時に、これのPart3の連載を読むのをすっかり忘れていたことを、今このコメントを書いていて思い出しました!
すずな@主
2008年09月04日 14:00
>higeruさん
他作品とはテイストが違ってるんですか!面白かったので、続編はもちろんですが、他にも読んでみようと思ってたんですけど・・・。どうしましょう(笑)
へぇ~Part3も何かに連載中なんですね!
2008年09月04日 14:38
リストラが本当に必要なのは「国」のような気がします…
すずな@主
2008年09月05日 05:23
>じゅずじさん
なかなか鋭い一言で・・・^^;

この記事へのトラックバック

  • 【垣根涼介】君たちに明日はない

    Excerpt:  こんなのも書くのか!?垣根涼介。これまで読んだ垣根作品とはまったく違うテイスト。でもそんなの関係ね~、面白い。荻原浩『明日の記憶』とともに第18回(2005年)山本周五郎賞を受賞した連作短編集。 .. Weblog: higeruの大活字読書録 racked: 2008-09-04 00:59
  • 【君たちに明日はない】 垣根涼介 著

    Excerpt: リストラ請負人…村上真介登場[:!!:] 「私はもう用済みってことですか!?」リストラ請負会社に勤める村上真介の仕事はクビ切り面接官。どんなに恨まれ、なじられ、泣かれても、なぜかこの仕事にはやり.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2008-09-04 14:37