ひかりの剣(海堂尊)

最近、「剣道」作品に縁があるようで、「武士道シックスティーン」「武士道セブンティーン」(誉田哲也)に続いて、今度は海堂さんのまさかの「剣道」作品です(笑)

ジェネラル・ルージュの凱旋」で華々しい活躍をした速水と、「ジーン・ワルツ」に登場した清川が、東城大と帝華大の剣道部主将として医鷲旗を巡り闘う、という物語。医学部も医療現場もほとんど登場せず、本当に剣道一色の物語でした。ちょうど「ブラックペアン1988」と対をなすようになっていて、あの時チラっと登場した速水、田口、島津はこんな学生生活を送っていたのか!という海堂さんならではの嬉しい驚きを味わわせてもらいました。

速水の若い”熱さ”が堪らない。その速水を清川と闘わせることで、ますます魅力アップな感じが堪らなく嬉しい(笑)やっぱ青春だよ。飛び散る汗!漲る情熱!好敵手を前にして燃え上がる闘志!タイミング的にスカッとした小説が読みたいと思っていたので、そういう気分にピッタリのお話でした。

そして、このお話を読んで、ますます剣道をオリンピック種目にはして欲しくないという気持ちが増しました。武道ですからね。”スポーツ”とはやっぱり違う。「KENDO」なんて言葉では語って欲しくないですねぇ。

田口や島津の他にも、高階が剣道部顧問として登場していて、これまた嬉しい。あいかわらずの飄々とした狸親父っぷりで、速水や清水がいいように掌の上で転がされてる感じが楽しかった。おじさん、いい仕事してますな~って感じ(笑)

速水たちの「病院実習」シーン以外、医療現場は出てこないんですが、現在の医療界で大きな問題になっている事柄の、その発端がチラリと触れられている。さすが海堂さん、そこは抜かりない。実のところ、医療界についての知識は皆無に等しい私なので、こういう風に小説になっていると、理解しやすいし少しずつではあるけれど知識が積まれていっているという実感がありますね。毎回、色々と考えさせられたり、感じるものがあります。海堂さんの狙い通りな読者の私です(笑)



ひかりの剣
文藝春秋
海堂 尊

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年09月20日 22:07
うま~く、「医療問題」を含ませてますよね。
実際、市立病院とか地域の核になる病院が閉鎖されてるし。
まさにタイムリー!
というか、海堂さんが裏でチョコマカ動いてるんでしょうか (^^ゞ
すずな@主
2008年09月22日 09:35
>じゅずじさん
剣道モノというスタンスながら、それでもしっかり「医療問題」が含まれているところがさすがですよね。あ~これが発端だったのか、と分かりやすく説明してもらえた感じです。
2008年09月30日 23:16
こんばんは。
TBさせていただきました。
医療現場ではない彼らの活躍がすごくよかったです。なんか熱い青春って感じですよね。
またブラックペアン1988の中のシーンがでてきたりして面白かったです。
やっぱりこのシリーズ好きです。
すずな@主
2008年10月02日 14:32
>masakoさん
熱い青春小説でしたね!医療小説じゃない海堂作品ってどうかな?と思って読み始めたのですが杞憂でした。
海堂作品らしく、既刊本との繋がりがあって、そういうことろも面白かったですね~!
2008年10月07日 23:30
すずなさん、こんばんは(^^)。
イケメン剣道対決~!
勝つために、とんでもない修行をする、清川と速水に、ドキドキしっぱなしでした。
すずな@主
2008年10月09日 15:32
>水無月・Rさん
あの速水に、あんなに熱い青春時代があったのかっ!と、なんだか嬉しくなりました。
対決場面ではドキドキしましたね!すっごく熱くなりながらの読書になりました。
2008年10月14日 19:56
高階センセの狸親父っぷりがツボでした。さすが年の功って感じでしょうか?
既出の作品とのリンクも楽しくって、こういうところはさすが海堂さんって感じですよね。相変わらず楽しませてくれます。
そして、次回作も楽しみです♪
すずな@主
2008年10月16日 15:22
>エビノートさん
そうそう!私も高階センセの狸親父っぷりがかなりツボ☆でした~!さすがでしたよねぇ(笑)
他作品とのリンクも嬉しいですよね♪でも、すでにこんがらがってきてるような気がしますが^^;
エビノートさんのところで次作の情報を発見して大喜びしました。楽しみですね~!
2008年12月30日 22:10
今年もお疲れ様でした。
ようやく、この本、読み終わりました。清川吾郎が苦手で。BOOWYもあんまり知らないし。と、かなーり低いテンションで、うだうだしていましたが、高階さんのタヌキっぷりと速水の熱血っぷりにつられて読み上げることができました。
次は、「ブラックペアン」も読まなくちゃいけないってこと……?
すずな@主
2008年12月31日 17:00
>あまねちゃん
高階の狸親父ぷっりが素晴らしかったねぇ(笑)

この作品とは内容はまったく関係ないので、ブラックペアンを読まなくても大丈夫よー。でも、面白かったよー(笑)
ちなみに、海堂作品で私が一番好きなのは「ジーン・ワルツ」です。・・・と、ちょっと囁いてもみる(笑)

この記事へのトラックバック

  • 【ひかりの剣】 海堂尊 著

    Excerpt: 「ひかり」、、、って、そういうことだったのね [:楽しい:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 俺たちは勝つ… 【あらす.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2008-09-20 22:02
  • 海堂尊 『ひかりの剣』

    Excerpt: ひかりの剣/海堂 尊 ¥1,680 Amazon.co.jp 東城大の虎・速水と、帝華大の伏龍・清川がまだ医学生で剣道部員だったバブルの頃。2人のあいだに医鷲旗をめぐる伝説の闘.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2008-09-30 23:08
  • 『ひかりの剣』/海堂尊 ◎

    Excerpt: あの「バチスタ・スキャンダル」から遡ること約20年。(←どっかで書いたようなフレーズ(笑)) 医療現場が掻き乱されていた『ブラックペアン1988』の裏側で、医学生たちの華麗な戦いは繰り広げられていた.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-10-07 23:26
  • ひかりの剣 〔海堂 尊〕

    Excerpt: ひかりの剣海堂 尊文藝春秋 2008-08-07売り上げランキング : 1210おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ バブル景気真っ盛りの1988年、東城大.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-10-14 19:24
  • ひかりの剣

    Excerpt:  海堂 尊 2008 文藝春秋 最初は読みたかったはずの本が、非常に読みにくくて Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-12-30 22:07
  • 【ジェネラル・ルージュのルーツ】ひかりの剣

    Excerpt: 名外科医は、竹刀で皮膚一枚を切り落とす。 Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物 racked: 2009-01-21 21:55
  • 海堂尊『ひかりの剣』

    Excerpt: ひかりの剣海堂 尊文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、海堂尊『ひかりの剣』を紹介します。医学部剣道部の象徴的大会、医鷲旗をめぐり、桜宮・東城大剣道部の猛虎・速水晃一(ジェネラル・ルージュの凱旋.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2009-02-22 03:04
  • ひかりの剣<海堂尊>-(本:2009年読了)-

    Excerpt: ひかりの剣クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2008/8/7) # ISBN-10: 4163272704 評価:85点 登場人物はいつもの海堂ワールドの人たちだが、今回は.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2009-12-19 09:43
  • 「ひかりの剣」海堂尊

    Excerpt: 「チーム・バチスタの栄光」に始まる海堂尊のシリーズ。今回は「ジェネラル・ルージュ」こと速見が主人公の「ひかりの剣」。(この記事はネタばれあり)     今までに「ブラックペアン1988」、「ジェネラル.. Weblog: りゅうちゃんミストラル racked: 2009-12-20 13:15
  • 「ひかりの剣」【本】海堂尊

    Excerpt: 剣道に打ち込む医学生たちの幸せな日々。 海堂尊著「ひかりの剣」 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2010-03-09 19:08