借金取りの王子(垣根涼介)

君たちに明日はない」に続くシリーズ2作目。

前作よりも面白かった!!

5つの短編からなり、リストラ請負会社で働く真介が、デパート、保険会社、消費者金融会社、ホテルなどのリストラ対象社員の面接を繰り返す。真介の心情と、リストラ対象者の心情のどちらも描かれ、内容的にも前作とそう変わらない感じ。でも、断然、前作よりも面白かった。

特に面白かったのは「二億の女」かな。年間2億円を売り上げるデパート外商部の営業ウーマン。リストラ対象者として面接するものの、彼女はリストラさせないようにとの指示をもらっている真介。ところが、その彼女が辞めると言い出して・・・。冷静沈着が売りの真介なのに、内心の慌てっぷりがね~面白かった。おまけに、直接的に「会社はあなたを辞めさせるつもりはない」って言えない辛さ。言えたらもっと楽だったろうに。ってか、そういう人も、やっぱり建前だけでも面接ってしなきゃいけないんでしょうか。

そして、ついホロリと泣けたのは表題作の「借金取りの王子」。この女上司がかっこいい!もう、同性の私でも惚れちゃいそうだ(笑)こんなカッコイイ女になりたいとは思うけど、でもシンドイだろうなぁ・・・と思うと躊躇しちゃいます。

どのお話にも、前作で登場した陽子が登場して、二人の仲がどんどん深まっていってるような様子も窺える。そして、最後の章「人にやさしく」はリストラ話ではなく二人がメインのお話だった。真介は結婚を考えているのに、陽子はやっぱり8歳の年の差が気になる。そんな時、真介が勤める会社の社長と会って心が揺れ始める陽子。ち、ちょっ、社長っ!陽子の前に現れるんじゃないっ!どっか行っちゃえっ!こらーっ、真介がんばらなきゃ!と、ついつい真介に肩入れしちゃいました(笑)

この作品は続編が書かれているよう。又、真介&陽子に会うのが楽しみです~♪




借金取りの王子
新潮社
垣根 涼介

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年09月15日 19:52
 続編は…一話目が前後編に分かれて掲載されただけで、その後一号お休みという状況ですんで、本になるのはまだまだ先のようですねぇ。
すずな@主
2008年09月16日 14:53
>higeruさん
あら、そうなんですかぁ~。近いうちに読めるかなぁ、って楽しみにしてたんですけど・・・。残念!気長に待ちたいと思います。

この記事へのトラックバック

  • 【垣根涼介】借金取りの王子

    Excerpt:  『君たちに明日はない』の続編である。笑いあり涙ありの連作五話。必殺リストラ請負人・村上真介は今日も行く! 新潮社 2007/9/20 発行  今回真介ら「日本ヒューマンリアクト(株)」の.. Weblog: higeruの大活字読書録 racked: 2008-09-15 19:46