楊令伝(五)猩紅の章(北方謙三)

全10巻予定のこの作品。この巻でちょうど折り返し。・・・あと5巻で終わるの?という疑問も無きにしも非ず。

なんたって、タイトルが「楊令伝」って割には、この巻で楊令の登場って・・・無い?よねぇ。会話の中に出てくることはあっても、楊令が描かれた場面は無かったような。むぅ。もっと登場させろーっ!と、談判したい気分です。やっぱり主役(だよねぇ?)だけあって、楊令が登場するとワクワク度が違う。どう展開していくの!?って期待もあり、楊令と誰かの会話にもいちいち反応して、なんだか感嘆というか、感激しちゃたりするんだよねぇ。
・・・って、こんな感想を書いたら、本書の読者に後ろからはたかれそう(笑)

ようやく宗教反乱?が収まって、いよいよ次巻から梁山泊と禁軍との戦いに入るのかな。呉用はどうなのよ?もうほっといていいんじゃないの~?なんて、冷たいことを思ってましたが。やっぱり救出はするのねぇ。彼は、これからどう生きていくんでしょうか。なんだか、ちょっと心配というかなんというか・・・。

そして、次巻からは楊令も活躍するだろうし、どういう展開になるのかな~わくわく♪・・・と思いきや、イキナリ子供の誘拐ですか;;;漢達の熱い闘いが、いきなり俗な争いに感じられてきてガッカリ;;;な気分です。いくらなんでも、そういうのだけはやめて欲しかったなぁ。



楊令伝 五 猩紅の章
集英社
北方 謙三

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 楊令伝 五 猩紅の章

    Excerpt: 楊令伝 五 猩紅の章著者:北方謙三価格:¥ 1,680(税込)発売日:2008- Weblog: Pocket Warmer racked: 2009-04-06 20:16