武士道シックスティーン(誉田哲也)

おぉーっ!面白かったよーっ!

最近、この作品の続編「武士道セブンティーン」が発売されてて、その新聞広告に惹かれて「まずはこっちから」と手に取った本でした。

「剣道物」というのは知ってたので、弱小剣道部が切磋琢磨、右往左往、壁にぶつかりながらもなんとか1勝をもぎ取る、胸を熱くさせる青春小説。・・・だという想像は見事に打ち砕かれてしまいました(笑)「剣道部」という部を主体にしたお話ではなく、剣道エリートの香織と日舞から転身した剣道歴3年の早苗という、対照的な二人の物語。

二人が交互に描かれる形式で綴られるという構成も面白かったですねぇ。剛の香織と柔の早苗なので、文体も対照的でメリハリが効いてたような気がします。なんと言っても、武蔵フリークの香織の文体が!女子高校生がそんな言葉遣いするかぁ!?と思わず突っ込みたくなりました。性格的にも対照的な二人が、びみょーにずれながら会話する場面は特に面白かったですねぇ。笑う場面ではないのに、うぷぷぷ、くくくくと、どうしても笑ってしまいました。

気付かないうちにお互いが刺激し合い、自分(の剣道)を省みて、悩み、考え、なんとか一歩を踏み出していく。まさに好敵手。素敵な好敵手に出会った二人の成長する姿に、最後はついつい涙してしまったりもして。あ~これぞまさに青春だなぁ~と、しみじみしちゃいました。今後もこの二人の活躍を読めるのかと思うと、とっても嬉しい。

それにしても、ちょっと残念だったのは、最初の方に登場した清水くんが、それっきりだったこと。けっこう好きだったんだけどなぁ。香織ちゃんにずーっと絡んで欲しかったんだけどなぁ・・・。続編で再登場!とかないんでしょうか。

あぁ・・・続編のセブンティーンが早く読みたい!


**武士道セブンティーン



武士道シックスティーン
文藝春秋
誉田 哲也

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年08月30日 22:15
すずなさん、こんばんは(^^)。
私は先日「セブンティーン」の方を読了いたしました。こちらもホント、良かったですよ~。武道系女子青春小説!彼女たちの友情と成長が、とっても爽やかです。
そして、清水君も出ますよ(笑)。
香織の「武士(もののふ)口調」は、なかなかインパクト大で、私も影響を受けちゃいました。読了後、変な文語を使って家人に笑われてしまいましたよ(^_^;)。
すずな@主
2008年09月01日 15:55
>水無月・Rさん
香織ちゃんの口調には私もちょっと影響されました。この感想を書く時に、気を抜くと大変なことになってました(笑)
続編には清水君も登場するんですね!うわーますます楽しみになってきました♪
エビノート
2008年09月05日 22:36
最初に読んだときは続編があるとは思っても見なかったので、セブンティーンの発売は嬉しい限りです。
そういえば清水君いましたねぇ~(すっかり忘れてた(^_^;)
彼も登場するということなので、ますます楽しみになってきました。
すずな@主
2008年09月06日 16:31
>エビノートさん
私もセブンティーンが発売されなければ、この作品に出会えたかどうか・・・?なので、続編が発売されて良かったです!
お気に入りキャラなので、清水君がどういう形で登場するのか、とーっても楽しみです♪
2008年09月12日 21:54
こんばんは。PCのほうも復帰です。
西荻の「柔」にすずなちゃんを思い出しながら読みました。
男の人が書いた本だったんですね。女の子達が素朴で清潔感があって好感度が高かったです。
あー、面白かった!
すずな@主
2008年09月13日 11:11
>あまねちゃん
PCへの無事復帰なにより~!でも、無理は禁物だからねぇっ!!

え?アタシぃ!?そ、そうかなぁ^^;自分では、香織ちゃんの頑なさに身をつまされた感があったんだけども・・・。
男性作家さんなのに、女の子たちの心情が見事に描かれていて良かったね。
そうそう!読み終わった後、「あー面白かった!」とポロリと口をついちゃうような作品でした。
2008年09月17日 16:06
わたしもエビノートさんと同じく、続編が出るとは思わなかった作品です。おもしろかったんですけどきれいに終わってる気がして…だから余計に続きが出てうれしかったです!
エンタテイメント作品としてかなりレベル高いですよねー。そのうち映像化もされるんじゃ?と勝手に思ってます。ああでも剣道の上手な女の子を見つけるのが難しいかしら……
すずな@主
2008年09月18日 13:44
>麻巳美(まみみ)さん
私は続編があると知ってて読んだので、気にしてなかったんですが、確かにきれいに終わってる感はありますね。そう思うと、余計に続編が出てくれた嬉しさが増してきました(笑)

映像化も良さそうですね~。映画よりも連ドラの方がこの構成を生かせるかも。剣道の上手な女の子・・・難しそうですね^^;

この記事へのトラックバック

  • 『武士道シックスティーン』/誉田哲也 ◎

    Excerpt: 自らを「兵法者」と称し、剣の道を極めんとする磯山香織。日本舞踊から転向し、「お気楽不動心」のままに自身の向上を志す西荻(甲本)早苗。この2人の剣道青春物語ですね。なんだか、こそばゆいです。私は武道の心.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-08-30 22:11
  • 武士道シックスティーン 〔誉田 哲也〕

    Excerpt: 武士道シックスティーン誉田 哲也文藝春秋 2007-07売り上げランキング : 138318おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「ようするにチャンバラダンス.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-09-05 22:28
  • 武士道シックスティーン

    Excerpt:  誉田哲也 2007 文藝春秋 面白かった。最後には、こうきてほしい!という方向 Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-09-12 21:49
  • 「武士道シックスティーン」 誉田哲也

    Excerpt: 武士道シックスティーン誉田 哲也文藝春秋 2007-07売り上げランキング : 75335Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 「ようするにチャンバラダンスなんだよ、お前の剣.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2008-09-17 16:08
  • 「武士道シックスティーン」(誉田 哲也)

    Excerpt: 「武士道シックスティーン」は、女子剣道部を舞台にした小説。 幼い頃から剣道一筋で宮本武蔵を愛読する磯山香織と、元は日舞をやっていて�... Weblog: 心に残る本 racked: 2008-09-28 21:42
  • 武士道シックスティーン  誉田哲也

    Excerpt: 中学三年の全国大会、決勝で涙を飲んだ磯山香織は、更なる精進を誓い、憂さ晴らし……ではなく修行のために地元の市民大会に出場するが、三回戦で当たった無名選手に敗れてしまう。しかも真正面から、ど真ん中に面を.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2009-08-10 15:14
  • 剣道な2人

    Excerpt: Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-03-27 18:22