警官の血 下巻(佐々木譲)

なんと!上巻を読んだ時には親子2代の物語かと思っていたら、3代の物語でした!びっくり。

息子の民雄は念願の駐在所勤務となり、心に平穏を取り戻したかのように見えた時、父、清二が追いかけていた事件の真相に近づいてしまう。そして、凶弾に倒れた民雄の後を継ぐように、その息子の和也が警官への道を進み、血は受け継がれてゆく。。。

警官3代の物語ということで、なかなかの長編だったんだけど、その分、読み応えはあったし、最後まで夢中で読んじゃうくらい面白かった!ただ、清二が追いかけていた事件の真相は想像通りで、あまりミステリという感じではなかったような気もするなぁ。父、息子と、警察という組織に翻弄され続けたような印象でしたが、孫の和也は翻弄されながらも、ちょっと”したたか”な印象も受けましたねぇ。孫になってやっと辿りついた殺人事件と祖父の死の真相。孫が、その真相を効果的に利用して警察という組織の中を着実に歩んでいく。祖父と父が持っていた警察官としての矜持を胸に・・・という感じかな。そこまで言っちゃうと、ちょっとキレイ過ぎるような気もするけど。

その時代、その時代で、警察という組織や起こる事件、そして巷で生きる人々の暮らしや意識が移り変わっていったんだなぁ、というのがよく分かった。親子3代が見つめる終戦直後の昭和から平成を、”警官の目”で見せてもらったような、そんな気分になりました。



警官の血 下巻
新潮社
佐々木 譲

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

piku.chibiの母
2008年08月23日 09:57
すずなさん、お久しぶりです。
このサイトで、色んな本を知り、読んでみたい物ばかりで、困っています。
その読んで見たい本の一冊のこの本がドラマになったんですね。(*^_^*)
配役もすばらしく、放送されるのが今から楽しみです。(^o^)
すずな@主
2008年08月24日 11:44
>piku.chibiの母さん
すんごいタイミングでコメントいただいたみたいですねぇ(笑)
嬉しいお言葉ありがとうございます!
私もドラマ化のニュースを知ってびっくりしました(笑)楽しみでもあり、不安でもあり・・・って感じですが、どっちにしろ見ちゃうんだろうなぁ~とは思います^^;
たまねぎ
2008年08月26日 00:32
すずなさんこんばんは。ミステリー色は確かに薄目ですね。それよりは、戦後の上野界隈の風景など、時代と土地と人の移り変わりを見れたのが面白かったです。ドラマの配役はかなり意外でした。
すずな@主
2008年08月26日 11:29
>たまねぎさん
ミステリというよりも、昭和から平成へと時代が移り変わっている様子を警官の眼で描いたという感じでしたね。こういう目線で時代の流れを見るのも面白いな~と思いながら読みました。
ドラマの配役は私も意外でした~。特に孫!知った時は、えぇっ!?と叫んでしまった^^;;;どんなドラマになるんでしょうね。どきどき。

この記事へのトラックバック

  • 警官の血  佐々木譲

    Excerpt: 警察小説のもう一冊は佐々木譲さんの『警官の血』です。佐々木さんも以前一冊だけ読んでいて気になっておりました。その時の『制服捜査』は連作短編だったので、今回は長編を。 これも先に読んだ『ビター・ブラッ.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-08-26 00:20