彩乃ちゃんのお告げ(橋本紡)

「その道はぴかりと光ってるよ」 p65
彩乃ちゃんの言葉を読んだ瞬間、おもわず顔が歪みそうになった。誰かにそう言ってもらえたのなら・・・。誰かがそうやって背中を押してくれたのなら・・・。そう思ったことが何度あっただろう。過去形ではなく、実は今もそれを欲している私がいる。 

とある宗教の教主様となった小学5年生の彩乃ちゃん。不思議な力を持った彩乃ちゃんと、ひと夏の間にほんのちょっと関わることになった3人の物語。「夜散歩」「石階段」「夏花火」の3編の連作集。

この道でいいのかな。どっちへ進めばいいのかな。どうすればいいのかな。そんな悩みを持つ3人が、彩乃ちゃんの言葉にポンと背中を押されて前へ進んでいく。不思議な力を持つらしい彩乃ちゃんですが、その力がどんなものなのかっていうのは詳しくは語られない。たぶん予知とテレパシーなのかな、という予想は出来るけど。

そして、タイトルにはなってますが、彩乃ちゃんが不思議な力で大きなお告げをすることはない。3人の人達が、日常の中で彩乃ちゃんと極々普通に関わって、別れる時にちょっとした言葉をかけられるだけ。でも、そのちょっとした言葉がとっても大切で、嬉しくって、待ち望んだ言葉で。それも命令ではなく、どっちかというとお願い口調っていうのが反発を感じさせなかったりもする。もしかして彩乃ちゃんは、先のことが分かるのかな、私の考えてる事が分かるのかな・・・。たぶん、いや、きっとそうなんだ。だから、この道でいいんだ。この道をまっすぐ行こう!そう頷きながら進んでいけるようになる。

・・・いいなぁ。私も彩乃ちゃんに会いたいなぁ。
ねぇ、これでいいのかな?大事な何かを掴み損ねてないかな?不安や迷いでフラフラしている私に、あれを逃しちゃダメだよ、これを続けていけばいいんだよ、そんな風に言葉をかけて欲しい、ポンと背中を押して欲しい・・・。自分の人生なんだから、自分で決めて進んでいかなきゃいけないというのは分かっているけれど、ほんのちょっとだけ、誰かに「大丈夫よ」と笑顔で頷いて欲しいと思う気持ちはどうしようもない・・・。



彩乃ちゃんのお告げ
講談社
橋本 紡

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

まみみ
2008年08月03日 20:41
すずなさんのおっしゃること、すごくよくわかります。自分の人生だから自分で決めなきゃいけないけど、それってすごく難しいです。真剣に考えれば考えるほどわかんなくなったりして。そういうとき、彩乃ちゃんみたいな子がいたらなぁ…って思います。現実ではほかの人もみな悩んでて、それで占い師さんとかが繁盛してるんでしょうけどね。
迷う日々はまだまだ続きますが、ゆっくりいきましょう!
すずな@主
2008年08月05日 11:37
>まみみさん
ついつい愚痴ってしまいました^^;
これからもいろいろと迷いつつ、ゆっくりとでも進んでいければいいな、と思います。ありがとうございます!

この記事へのトラックバック

  • 「彩乃ちゃんのお告げ」 橋本紡

    Excerpt: 彩乃ちゃんのお告げ橋本 紡 講談社 2007-11-03売り上げランキング : 58099Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 素朴で真面目で礼儀正しい。一見ふつうの5年生だ.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2008-08-03 20:38
  • 彩乃ちゃんのお告げ  橋本紡

    Excerpt: 彩乃ちゃんのお告げ/橋本 紡 橋本紡 講談社 2007 STORY: 教主様と呼ばれる彩乃はまだ小学生。宗派の後継ぎ争いに巻き込まれ、関係のない人に預けられることになるが…。 .. Weblog: 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) racked: 2009-05-27 23:46
  • 橋本紡 「彩乃ちゃんのお告げ」

    Excerpt: 教主の彩乃ちゃん。教主って、聞きなれない言葉でしたが2代目以降の宗教の主導者らしい。これだけ聞くと、とっても怪しいカルト教団の話しに聞こえるけど彩乃ちゃんの逃亡生活?における人々との関わりと、そこで起.. Weblog: ゼロから racked: 2010-03-10 23:36