流星の絆(東野圭吾)

面白かった!これの前に読んだ東野作品(夜明けの街で)が期待はずれでガックリ;;;だったんでちょっと不安だったんだけど、それは杞憂でした。分厚さに負けない面白さに最後まで一気読み。

小学生の時に両親を殺された3兄弟が大人になり、偶然にも犯人の息子と出会う。復讐を始めた兄弟だったが・・・。

お兄ちゃんが、もう本当に”お兄ちゃん”で。妹は本当に妹で、そして次男は本当に次男。・・・って、当たり前だけど(笑)二人の兄が、妹を大事にしているっていうのが最初からよーく分かる。可愛くてしょうがないんだろうなぁ・・・。ちょうど「となりのトトロ」を観た後だったので、余計にそういう兄弟愛にぐっときちゃいました。私はお姉ちゃんなので、さつきちゃん(トトロ)の気持ちも、このお兄ちゃんの気持ちも分かるなぁ・・・と。

それにしても、大人になった3兄弟が詐欺師になってたのはびっくりだった。犯罪には無縁な生活を送ってて、何かの時に偶然、犯人の息子に出会って復讐を始める・・・ってなストーリーを思い描いてたので、えーっ!?いきなり犯罪者!?でしたね。なので、ラストがどうなるのかが読めなくって・・・。先にラストだけ読みたくって読みたくって、途中で何度もラスト付近に指が伸びてしまう・・・。もうね、誘惑に負けないようにするのが大変でした(笑)一応、学習能力は残っていたようで、なんとか我慢できました。えっへん。←いばるな。

我慢しただけはあって、うおっ、そっちかっ!なラストでした。まぁ、犯人はですね、そこらへんじゃないかなーと思ってたので、そこまでの意外性はなかったけど。でも、3兄弟がそういう道を選択したのは、ちょっと意外だったかな。お兄ちゃん達ならそういう道を選ぶだろうとは思えるけど、彼がそういう選択をするとは思わなかったんだよねぇ。ハッピーエンドっぽいラストでほっとするにはしたけれど、もうちょっと変化球を期待してただけに肩透かし感が残らないといえば嘘になる。

そんな訳で、大満足!というにはちょっと物足りない。それなりに「おぉっ」という真相ではあったんだけど、「容疑者Xの献身」のように最後に胸を突かれるような衝撃というのは感じられなかったんですよねぇ。毎回それを期待しちゃうのはハードルが高すぎなのかなぁ・・・。「白夜行」の時のように、分厚い本を一気に読みきったという充足感を感じるものの、あとちょっと・・・と思う気持ちも残ってるし・・・。むーん。


*****
読了後、2日くらいウダウダしちゃって感想記事のUPが出来なかったら、なーんとTVドラマ化が決まっていた!びっくり。キャスト見てまたびっくり。・・・わ、若くないかい?このキャストさんだと、原作よりも若いよねぇ。ドラマでは原作よりも年齢を下げるのかな。どっちにしろ、ドラマと小説は別物と思って見るべし!が原則です(笑)



流星の絆
講談社
東野 圭吾

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

なお
2008年07月24日 20:34
こんばんは~☆
ご無沙汰でし(^_^;)

知らなかった・・・
もう、ドラマ化なんだね;;;
私は「容疑者~」を映像化するより
「流星の絆」の方が、映像向きだとは
思ったけど、ドラマとはね(苦笑)
なんとなく、「白夜行」の時のような
違和感がありそうな気もするな
2008年07月24日 22:00
 十分に面白かったです。でもやっぱり東野作品には「最後に胸を突かれるような衝撃」を期待してしまいますよね。

 ドラマの配役はさして年齢は違わないですが、どうもイメージが…。とりあえずone of 連ドラとして初回だけは見ようかな。
べる
2008年07月26日 07:17
こんにちは^^私もここ数作の東野作品にはがっかりさせられ続けていたので(特に「夜明けの街で」「ダイイング・アイ」^^;)、あまり期待せずに読んだのでなかなかの良作だと思いました。東野さんにはあるまじき(笑)爽やかなラストで驚きましたね。ドラマの配役にはかなり異議ありです。どっちかというとニノが弟みたいな感じがしますよね~。
すずな@主
2008年07月26日 14:10
>なおちゃん
そうなの。もうドラマ化だって!早いよねぇ^^;;;
たしかに「容疑者~」よりはこっちのほうがいいとは思う。てか、「容疑者~」のドラマ化は止めてほしかった;;;
どっちにしろ、ドラマは原作とは別物として見るに限ります★

>higeruさん
そうですよね~!面白かったんだけど、もうちょっと・・・と、つい期待というか、辛口になっちゃいますね^^;
ドラマの方、役者さんの年齢は原作と変わらないんですねぇ^^;役者さん達が私が思っていたより歳が・・・なんですね(笑)
私もとりあえず、初回は見ようと思ってます★見てから次回以降は考えようと・・・。

>べるさん
ラストが爽やかでしたよね~。私もかなり意外でした!こういうラストもいいとは思いますが、東野さんだけに爽やかさに物足りなさも感じてしまったり^^;
ドラマの配役。私も二宮くんは弟の方が・・・と思っちゃったんですよねぇ。印象的にもですが、「どんな職業の人にもなりきれる」ってのが・・・。
2008年07月31日 18:28
やっぱり、うまいなぁ、、、という第一印象!
最初から事件を一つの方向に持っていこうとする言葉が随所にちりばめられている。
てっきり、父と子の葛藤がメインだと思ったのに…(笑
すずな@主
2008年08月02日 14:40
>じゅずじさん
さすが東野さん!と言いたくなるお話でしたね~。
私は兄達と彼に惹かれる妹との葛藤やすれ違いがメインだと思ってたんですけど・・・(笑)お互いに、びみょーに違ってたようですね★
うみ♪
2008年10月26日 13:13
犯人誰ーーーー しりたいです
すずな@主
2008年10月26日 14:47
>うみ♪さん
それは、ここには書けません。すみません。

この記事へのトラックバック

  • 【東野圭吾】流星の絆

    Excerpt:  長いことサイドバーの「Now Reading」に上げていたのだが、普段なら朝晩の電車の中では文庫本、就寝前に単行本を併読しているところ、『スリー・アゲーツ』の面白さと厚さのため、実はずっと手付かずで.. Weblog: higeruの大活字読書録 racked: 2008-07-24 21:57
  • 東野圭吾/「流星の絆」/講談社刊

    Excerpt: 東野圭吾さんの「流星の絆」。 深夜にペルセウス座流星群を見る為、家をこっそりと抜け出した功一、泰輔、静奈の三兄妹。 しかし、雨が降って結局見ることができず諦めて家に戻ると、両親が惨殺されていた.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2008-07-26 07:13
  • 【流星の絆】 東野圭吾 著

    Excerpt: 封印した「ハヤシライス」… それを息子の店で復活させようとした時、それはちょうどある事件の時効と重なっていた [:ショック:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブ.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2008-07-31 18:26
  • 東野圭吾「流星の絆」

    Excerpt: 東野圭吾著 「流星の絆」を読む。 このフレーズにシビれた。  静奈は、目に見えない何かに包まれていくのを感じた。それは温かく、柔らかく、そして懐かしいものだった。言葉は出なかったが、涙は溢れた。 [.. Weblog: ご本といえばblog racked: 2010-04-10 07:19