人形の部屋(門井慶喜)

面白くない・・・ことはないんだけどねぇ。でもねぇ・・・という、なんともびみょーな感じです。

専業主夫の主人公のところに舞い込んでくる謎を、13歳の娘と会話しながら解いていくという日常ミステリの連作集。3つの中編(かな?)と間に挟まれる2つの短編。

この主人公の知識量がスゴイ。旅行会社勤務時代に培った知識を駆使して、謎を解いていく様はホレボレしちゃう。しちゃうんだけど、あまりにも深い知識過ぎてウンチクが長すぎ!なんて、不謹慎なことも思っちゃったり。読んでいると、最初はほぅほぅ、なるほどー!と感嘆するものの、だんだんと読むのが億劫になってくる。謎解きには必要な知識で説明だとは思うものの、それに冗長さを感じてしまって・・・。もっと分かりやすく、もっと手短に!と、つい突っ込みを入れたくもなりました。時々、主人公の”上から目線”みたいなものも感じてしまって、親しみがもてなかったりもしちゃいました。まぁ、それは私の狭量さゆえなのでしょうけどね。

だからなのか、間に挟まれる短編の方が好きでした。くどくどしたところが無く、手短にスッキリという印象で、とんとんとテンポ良く読めたような気がします。特に、最初の「銀座のビスマルク」が良かったです。新社長の想いにホロリとさせられたりもしました。

なんだか辛口気味になっちゃいましたが、主人公のある意味マニアックな知識量を駆使しての謎解き、微妙な年頃の娘と父親との交流など、魅力を感じる部分も多かったんですよ。特に博識ぶりは半端じゃなく凄いので、それは本当に感嘆しきりでした。だって、ビスクドールにブルマに万年筆に花言葉などなど、普通ならどれか一つに絞るでしょう!と言いたくなる分野ばかりなのに、どれについても造詣が深い。まさに広ーく深ぁーーーーくですよ。こんな人、本当にいるの!?というリアリティの無さを感じなかったといえば嘘になるけど。・・・って、また辛口になっちゃった;;;辛口ついでにもうひとつ(笑)奥様の登場が最後にちょっとだけってのが残念だったなぁ、とも思ったり。欲を言えば、どの章にもそれなりの重さで登場して欲しかったな、なんてことを思いました。




Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

べる
2008年07月21日 12:30
こんにちは^^TBありがとうございます。ほんと、薀蓄がちょっと行き過ぎてて鼻につきましたよね^^;美術ミステリは好きなのでそれなりに面白くは読みましたが。同じ作者の「天才たちの値段」の方がどちらかというと好みの作品でした。
2008年07月21日 21:19
奥さんとは離婚したの?もしかして亡くなってる?とか、ずっと心配してたので、最後に奥さんが登場してホッと一安心でした。
確かに、もうちょっと早く登場させても良かったですよね。
もう!心配させないでよ~~ッ。と思っちゃいましたもん(笑)
すずな@主
2008年07月22日 16:09
>べるさん
TB&コメントまでありがとうございます。こちらからもコメントを付けたかったんですが、ログインしないとできないみたいで^^;すみません;;;
最初は「なるほど~♪」と思いながら読んでた薀蓄も長くなるとちょっとねぇ;;;でした。
「天才たちの値段」は今度、読んでみようと思っています♪

>エビノートさん
奥さんがなかなか登場しなかったので、私もあれこれ余計な心配をしちゃいました^^;
もう少し早く登場させて欲しかったですね~!
2008年07月22日 21:40
鬱陶しいオヤジに辟易したのは同じです♪(♪って)ファンにはたまらないらしいんですけどね…わたしも狭量な自分が少し悔しいです。
デビュー作の評価が高いらしいので、わたしもなんとかがんばって読んでみようと思っています。
すずな@主
2008年07月24日 15:55
>まみみさん
クドイ;;;って思ってしまいましたよね・・・。お仲間がいらっしゃって、ちょっとほっとしました^^;
デビュー作では違った感想が持てるといいなぁ~と思ってます。不安と期待が半々です(笑)

この記事へのトラックバック

  • 門井慶喜/「人形の部屋」/東京創元社刊

    Excerpt: 門井慶喜さんの「人形の部屋」。 娘の為に旅行会社を辞めて専業主夫になった八駒敬典の元に、元の会社の先輩・溝口が持って 来たのプラスチックの箱に入ったフランス・ジュモー製のビスク・ドール。しかし.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2008-07-21 12:27
  • 人形の部屋 〔門井 慶喜〕

    Excerpt: 人形の部屋 (ミステリ・フロンティア 39)門井 慶喜東京創元社 2007-10売り上げランキング : 137100おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「じ.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-07-21 21:14
  • 人形の部屋 門井慶喜

    Excerpt: カバーイラストレーションは八木美穂子。ブックデザインは岩郷重力+WONDER WARKZ。東京創元社ミステリ・フロンティア。連作短編集。 勤務して�... Weblog: 粋な提案 racked: 2008-07-22 02:20
  • 「人形の部屋」 門井慶喜

    Excerpt: 人形の部屋 (ミステリ・フロンティア 39)門井 慶喜東京創元社 2007-10売り上げランキング : 255990Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 八駒家に持ち込まれた.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2008-07-22 21:39