ラットマン(道尾秀介)

あるべき方向へ淡々と進む物語という印象で読んでいたら、最後にくるりと見事にひっくり返され、なぬーっ!?と驚かされました。著者のワナにまんまとひっかかってしまった;;;うぐぐぐぐっと悔しい気持ちと、ワクワクさせられた嬉しい気持ちが半々。楽しませてもらいました。途中までは「あれ。イマイチ?」と思ってたんですが、ラストで一気に面白くなりました。

タイトルの”ラットマン”というのは、認知心理学では有名なイラストなんだそう。前後のつながりで同じものがネズミと男性の顔に見える、錯覚させる。作品の中でも紹介されていて、分かってるのに、並べて描かれているのに、本当に一方はネズミに、もう一方は男性の顔に見える!えーなんでぇっ!?人間の目って当てにならないもんだよなぁ・・・ということを身をもって体験しました(笑)

この小説は、そういう人間の錯覚が事件を複雑なものにし、読者までもを欺く。過去の事故と現在の殺人事件が交錯し、より”錯覚”を強固なものにする。過去の事故の真相と、現在の殺人事件の犯人。たくさんの伏線が張られていて、それが最後の最後にパタリ、パタリとめくり返されて曝されていく。なんだか目の前でトランプの神経衰弱を見ているような気分になりました。どんどんめくられてペアが出来ていくのを、指をくわえて眺めてるだけしか出来ない悔しさ。あ、あそこにあったっ!きぃーっ、そこかっ!みたいな。特に、現在の殺人事件の犯人は、「あれ。この人ってば怪しい・・・」と思ったものの、主人公の泰然自若振りに「わ、わたしの勘違いかな;;;」と思い直したんだよねぇ。まさに「・・・くっちょーっ!」って感じ。



ラットマン
光文社
道尾 秀介

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

たまねぎ
2008年07月16日 23:09
私はオセロをしていて最後の2、3手ですべてひっくり返されて負けた気分でした。まさに黒優勢で勝負は決したと思ったところを真っ白に返されました。
2008年07月17日 10:15
鼠男の症例という、フロイトの有名な症例のほうかと思ってしまいました……。
視覚は錯覚しやすく、実験のため、様々な図が考案されています。ネッカーの図形に始まり、ウサギとカモとか、老女にも若い女性にも見える図形とか、ゲシュタルト心理学で紹介されるけれども、壷と横顔とか……。面白いですよ。

面白そうな本が続々……。
すずな@主
2008年07月18日 16:29
>たまねぎさん
あ~それそれ!まさにそんな気分でしたよねぇ。
悔しいと思いつつ、まんまと騙してくれたことに嬉しさを感じたりもしましたけど(笑)

>香桑さーん!
鼠男の症例・・・へぇ、どんなんだろ?ちょいと調べてみよう。
老女と若い女性の絵は見たことある!他にもいろいろあるんだねぇ~。

うふふふ。これ、面白かったよー♪と、悪魔の囁き★
エビノート
2008年07月20日 17:24
道尾さんの作品を読むと、孫悟空になった気分です。お釈迦様の手のひらの上で翻弄されるように、知らず知らず道尾さんの術中にはまっているというパターンなんですよね。
すずな@主
2008年07月21日 09:41
>エビノートさん
孫悟空!おぉ~ホントですね~。そのお気持ち、すっごーくわかります!!
また、他の作品で掌の上で翻弄されたいと思います(笑)

この記事へのトラックバック

  • ラットマン  道尾秀介

    Excerpt: なるほど『ラットマン』。これは道尾さんの書く小説を象徴するような言葉ですね。それだけで見れば、ネズミにもオジサンにも見える絵。それが他の動物の絵と並べばもうネズミにしか見えないし、人の顔と並べばもうオ.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-07-16 21:52
  • ラットマン 〔道尾 秀介〕

    Excerpt: ラットマン道尾 秀介光文社 2008-01-22売り上げランキング : 59724おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 注目を集めてきた新鋭が、ついに到達した.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-07-20 17:17
  • 【ラットマン】 道尾秀介 著

    Excerpt: 何か、思い違いをしていたんじゃないのかい?  道尾秀介さん、お初の方である… 姫川はアマチュアバンドのギタリストだ。高校時代に同級生3人とともに結成、デビューを目指すでもなく、解散する.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2008-07-20 17:47
  • ラットマン

    Excerpt: 道尾秀介著「ラットマン」を読みました。 Weblog: about cinema to shibajun racked: 2008-08-26 00:28