竜馬がゆく(八)(司馬遼太郎)

ふぅ~やっと完結です。長かったような気もするけど、一気に読んだような気もする。・・・いいかげん(笑)え~正確に言うと、1巻を読み始めたのが4月末なので、約1ヵ月半くらいってところかな。

徳川慶喜が大政奉還を表明した時の竜馬の言葉に、不覚にも思わずウルウルっと涙腺が緩んでしまいました。以前、この作品は小説じゃなくて歴史書みたいと愚痴った私でしたが、この巻では思わず涙しちゃうくらい”小説”として読んでいたんだなーと、改めて感じたり。淡々と綴られる文章もいいけど、胸にグッと何かしら迫るものの方が好きなんですよねぇ。

そして、ようやく大政奉還がなったところでの竜馬の死。このタイミングで亡くなったのか・・・と、実は結構な衝撃でした。まさに”役目を終えて天にかえった”みたいな、竜馬の生涯だったのだなーと感慨に耽りました。

みんなが”世界=日本”という、内しか見てなかった時代に、”世界の中の日本”という風に外に視線を向け、日本の行く末を考え、憂い、行動した竜馬。素直に凄いなーと感嘆します。

全8巻の「竜馬がゆく」。最初はそこそこ面白く、真ん中辺りで中だるみしてウダウダとなんとか読み進め、終盤の6巻以降から急に面白くなって、そのまま最後まで一気に読了。まとめて評するなら、うん、まぁ、面白かったなーとなるのかな。さすがに、絶賛はしません(笑)途中で投げ出したくなったし・・・。でも、しばらく司馬作品には手を出さないような気がしますが(笑)、ちょっと時間を置いて他作品も読んでみようかなーと、そんなことを思っています。


*****
**竜馬がゆく(一)
**竜馬がゆく(二)
**竜馬がゆく(三)
**竜馬がゆく(四)
**竜馬がゆく(五)
**竜馬がゆく(六)
**竜馬がゆく(七)

竜馬がゆく〈8〉 (文春文庫)

この記事へのコメント

2008年06月16日 16:13
すずなさんこんにちは♪
読まれましたね~。でも読むペースはやぎっちょより速い!たしかにうだうだ感はあったような気がします。司馬さんもまだ若い?頃の作品だし、坂本竜馬が勇名でなかった頃のことらしいから、つい解説などに力が入ったのでしょうね。
次もし読まれるなら(来年?)ぜひぜひ「坂の上の雲」をどうぞ。やぎっちょすごく好きです。(長いから再読はしないけど・・・)
すずな@主
2008年06月17日 15:26
>やぎっちょさん
速いっていうか・・・^^;職場の同僚から回ってきたのでプレッシャーがかかって必死でした(笑)
このお話が描かれたのは随分前になりますもんね。そういう意味で”若い”小説なんでしょうね。
「坂の上の雲」ですか!タイトルだけは知ってます^^;次に司馬作品を読むときは参考にさせてもらいますね~。

この記事へのトラックバック

  • 竜馬がゆく 司馬遼太郎

    Excerpt: 竜馬がゆく〈1〉 〈2〉 〈3〉 〈4〉 〈5〉 〈6〉 〈7〉 〈8〉 ■やぎっちょ読書感想文 3つのはじめて。 言わずと知れた名著ですが、はじめて読みました。思い返せば漫画「お~.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-06-16 16:14