風の大陸 外伝1レキサントラの自由戦士(竹河聖)

風の大陸」シリーズの外伝。

本編の途中、砂漠を旅するティーエ、ラクシ、ボイスが出会った女戦士の物語に、ボイスとマンレイドの出会いの物語を絡めた作品。外伝なのに、1冊で終わらず次巻まで続くらしい。ラストを読んで、ちょっとびっくりしたよー。外伝で「次巻へ続く」ってのも珍しいような。

本編は単行本で読んだので、イラストはついてなかったんだよねぇ。今回は文庫版なので、いのまたむつみさんのイラスト付き。おぉーっ、なんてこったいっ!ボイスが美青年じゃないかっ!!もっと、がっしりムキムキ朴訥な感じかなーと思っていた;;;こ、これは、なんだかクラクラ~ときそうだぞ(笑)実を言うと、マンレイドだってもうちょっと妖艶な感じかと思ってて・・・。えらい美少女じゃないですか!すーーっかり私の頭の中でイメージが出来上がってたからねぇ。表紙を開けたところにカラーイラストがあって、びみょーに違和感を感じてしまいましたよ。

物語は、現在と過去を行き来しつつ二つのお話が語られる。現在よりも過去のお話の方が好きだなー。なんか、わざわざ二つのお話を一緒にしなくてもいいような気がするんだけど・・・。現在のお話はボイスが過去をチト思い出すためのエピソードだろうから、最初と最後にちょっとでいいのにー。最初はこの構成に戸惑ってしまったのよねぇ。実はですね、読む時に章タイトルってすっ飛ばすことが多いんです。なので、今回のようにタイトルに気をつけとかなきゃいけないってのは読み難い;;;・・・と、めっちゃ我侭を呟いてみる(笑)

ボイスとマンレイドの出会い。二人が惹かれ合う様子。もーねぇ、想像通りっていうか、これぞまさに定石って感じですね。そうそう、そうこなくっちゃ!と安心して読めるのがいいです(笑)そして、人質のかわいいカップル。環境的に辛い現実が待っていそうだけど、なんとか幸せになって欲しいなぁと思います。・・・無理かな、きっと。


風の大陸〈外伝 1〉レキサントラの自由戦士 (富士見ファンタジア文庫)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック