スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン(小路幸也)

シリーズ3作目。
東京下町の古本屋&カフェ「東京バンドワゴン」を舞台に、個性溢れる堀田家の面々が生き生きと描かれております。

毎度おなじみの朝食のシーンがいいですね。読みながら、誰と誰の会話なのか想像するのも楽しい。これを読むと、「あ~帰ってきたんだなぁ・・・」としみじみ思っちゃいます。って、なんかちょっと表現が違うけど。でも、ニュアンスは分かっていただけるんじゃないかと思います。いや、どうか分かってやってください!(笑)大家族って、色々と面倒くさいことも多そうなんだけど、この作品を読むと楽しそうだなぁと羨ましくなっちゃいます。ただ、食事の支度は本当に大変だろうなぁと、みょーに所帯じみた想像もしちゃって眉間に皺が寄っちゃいますけども。

またまた今回も、堀田家には問題が持ち込まれます(笑)ただ、最初の頃に比べるとミステリ色は、ほとんど無くなったような気もしますねぇ。でも、それでもワクワクと楽しく、面白く読めました。もちろん、いつものようにしっかり泣かされちゃったりもしました。問題が起こると、家族みんなで解決しようとする。家族っていいなーと、思わせる作品です。

誰もが主役のようなこの物語ですが、今回は特に我南人が印象的というか、活躍していたような気がしましたねぇ。・・・って、思い返せば、今までも要所々を押さえていたのは彼のような気もしないでもないんですけども。私的に、ってことで(笑)「LOVEだね~」が、とっても効いていたような気がします。それにしても、我南人がギターを売った相手が世界的に有名なギタリストの”キース”ってのが凄すぎですよ!ストーンズですよねぇ!”お話”だっていうのに、読みながら思わず”ひょーっ!”なんて叫んじゃったじゃないですか(笑)

それから、すずみさんの啖呵がかっこよかったですねーっ!同性ながら惚れ惚れしちゃいましたよ。そして、そして勘一じいちゃん。実は英語も操れるなんて、なんてカッコイイじいちゃんなんだ!

最後は、今までのように結婚式ではなかったのが個人的に残念でした(笑)まぁ、「式を挙げる」って話だけは出てたんだけど。そうそう!まさか、そこがっ!?な組み合わせにはビックリしちゃいましたよー。てっきり藤島さんあたりのお話になるのかと思ってたんで、めっちゃ予想外。このカップルのエピソードに一番、泣かされちゃいました。

そしてそして。堀田家にはまたまた人が増えました!さすがに、家族ってことではなく同居ではないんだけどさ~。でも、”同居”みたいなもんですね。お隣が空き地って記述が出てきた時は、とうとう堀田家も増築?それとも、改築か?と思ったんですが、そうきたか~でした。・・・ってことはですよ、やっぱり朝食時の会話がますます混沌としてくるってことでしょうか(笑)楽しそうではあるけれど、読み解くのがなかなか大変そうだなぁ。でも、頑張る!(え)

読み終わると、ほっとして暖かい気持ちになる堀田家の物語。また彼らに会えるのを楽しみに待ちたいと思います。


**東京バンドワゴン
**シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン

スタンド・バイ・ミー―東京バンドワゴン

この記事へのコメント

2008年06月29日 20:33
我南人って、どんだけすごいんだ!ってエピソードでしたよね。キース云々ってところは(笑)
今回も愛に溢れていて、すごく楽しかったです。また次の年の物語を楽しみに待ちたいですね♪
たまねぎ
2008年06月29日 22:34
分かりますよ!帰ってきたって感じ。あの朝食のシーンを読むと堀田家だって思いますよね。そしてキースには笑いました。
すずな@主
2008年06月30日 11:39
>エビノートさん
キースにはびっくりさせられちゃいましたね~。我南人ってナニモノっ!?って感じでした。
あいかわらず「LOVE」がいっぱいの堀田家でしたね~。次作が今から待ち遠しいです!

>たまねぎさん
お~わかっていただけて嬉しいです♪堀田家の物語には朝食のシーンが欠かせませんね!
キースの名前が出た時には、思わず著者にまで突っ込みを入れてしまいました(笑)
2008年07月06日 15:47
すずなさん こんにちは。

ボクもこの本を読みながら
「あ~帰ってきたんだなぁ・・・」
と思ったクチです。(笑)
朝ごはんの飛び交う会話のつながりを
読むのも楽しい。

我南人がギターを売ったのは、ストーンズのキースさんのことかぁ~いいねぇ(笑)。

すずみさんの京都での啖呵。
勘一の木島への啖呵。
似たもの同士の江戸っ子だねぇ。
かっこよかった! 
すずな@主
2008年07月07日 15:43
>くじらさん
おぉ~一緒ですね♪朝食シーンは楽しく、あいかわらずの堀田家に癒されますよね~!
すずみさんと勘一の啖呵は、どっちもホレボレしてすかっとするものでしたね。
2008年07月14日 21:07
すずなさんこんばんは。
遅くなってすみません<(_ _)>

言われるとおり、ほんとにミステリ色は薄くなってるっていうか、ほとんどないですよね^^;でもだんだんこの作品のカラーが定まってきたみたいで安心して読めるようになりました。

最後はやっぱりばーちゃんが……と、気の早い心配までしてうるっとしている私。すでに堀田家に心は奪われてしまっているようです^^
すずな@主
2008年07月15日 15:19
>まみみさん
ミステリも捨てがたいですが、これはこれでいいなぁ~と思えますよね。楽しめたし♪
最後ですよね・・・。実は私も毎回、チラッとそれを考えてちょっと胸がツーンとしてしまっています;;;出来れば、そういうラストは迎えたくないですね。
2010年10月14日 23:58
こんばんは^^
相変わらず賑やかな家族ですよね。それが羨ましいです。
我南人が活躍していましたねぇ。顔が広いのかなんなのか^^;
すずみさんの啖呵はかっこよかったです^^勘一が認めただけありますね。
次の本も楽しみです。
すずな
2010年10月15日 12:44
>苗坊さん
相変わらず賑やかな堀田家でしたね~。
我南人ってどんだけスゴイ人なの!?って感じでしたよね。実は、今後もスゴイ人っぷりを発揮してるのでお楽しみに♪
すずみさんも素敵でしたね~。

この記事へのトラックバック

  • スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン 〔小路 幸也〕

    Excerpt: スタンド・バイ・ミー―東京バンドワゴン小路 幸也 集英社 2008-04売り上げランキング : 7161おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 大人気の東京.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-06-29 20:30
  • スタンド・バイ・ミー  小路幸也

    Excerpt: 東京下町で3代続く老舗の古本屋〈東京バンドワゴン〉を舞台に、4世代12人の愛に溢れた日々を描いた大家族ホームドラマ『スタンド・バイ・ミー』です。 いやーっ。シリーズ第1弾『東京バンドワゴン』の紹.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-06-29 22:39
  • 江戸っ子の啖呵が冴えてる!「スタンド・バイ・ミー」(東京バンドワゴン)

    Excerpt: 「東京バンドワゴン」という古書店を舞台にした四季を描くシリーズ三作目。 懐かしく居心地のいい場所に帰ってきたような読み心地。  藍子�... Weblog: こじつけ☆読書ろく racked: 2008-07-06 15:49
  • 「スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン」 小路幸也

    Excerpt: スタンド・バイ・ミー―東京バンドワゴン小路 幸也集英社 2008-04売り上げランキング : 7973Amazonで詳しく見る by G-Tools 出版社 / 著者からの内容紹介 大人気の東京.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2008-07-14 21:05
  • 小路幸也「東京バンドワゴン スタンド・バイ・ミー」

    Excerpt: 小路幸也著 「東京バンドワゴン スタンド・バイ・ミー」を読む。 このフレーズにシビれた。  君ぃ、無理してるよぉ。心の中ではLOVEがほしいほしいって思っているのにぃ、それを与えてもらえなくて苦しんで.. Weblog: ご本といえばblog racked: 2010-03-21 08:40
  • スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン 小路幸也

    Excerpt: スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン (東京バンドワゴン)著者:小路 幸也販売元:集英社発売日:2008-04-25おすすめ度:クチコミを見る オススメ! 「秋 あなたのおなまえなんてぇの」 .. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-10-14 23:56