MOMENT(本多孝好)

連作短編集。
なんといっていいのか。なんとも言葉で表現できない読後感。決して”爽快”ではないんだけど、というか、逆に”じゃりじゃり感”みたいなものを感じる。感じるんだけど、なんというかね、それが嫌ではない。なんだろなぁ・・・。

死期が迫った患者さんの願いを一つだけ叶えてくれる人がいる。その人は清掃員の姿をしている。病院で清掃員のアルバイトをしていた大学生の神田は、そんな噂を聞いた患者さん達から「最後のお願い」をされる。それを引き受けた神田だったが・・・。

死期の迫った人が最後にする願い事。どの願い事も、神田が「出来るなら、その願いを叶えたい」と思うようなことばかり。だからこそ、出来るだけその願いをかなえようと奮闘する。ところが、ま~どの患者さんもお見事なくらい本当の本音の部分は話していない。なので、最後になって真相を知ると、そ、それはどうよ?と思わずにはいられないことが多い。なので、せっかく願いを叶えようと奮闘した神田が、後味の悪い思いをする。読んでるこっちも後味が悪いっていうか・・・。どのお話もスッキリ!と目出度し、目出度しとはならずに、モヤモヤ感が残るものばかりなんだよねぇ。でも、最後の、本当に最後の願いって、本当はそんなことが多いのかもしれない、とそんなことを思わせる。嬉しかったことよりも、哀しかったり、悔しかったりしたことの方が実は強く残ってしまってるし、そういう”心残り”が多いのかもしれないですね。

死期が迫ったとき、私は何を考え、何を悔やみ、何を望むのだろう。

そんなことを、フト想像した作品でした。


MOMENT

この記事へのコメント

2008年06月29日 20:29
そうそう、じゃりじゃり感があるんですよね~。患者の本当の願いが分かった辺りでは、え~っ!となっちゃうんだけど、その思いを完全に否定も出来ないというか、何というか。
キレイなだけの話になってないところが深いなぁと思いました。
すずな@主
2008年06月30日 11:33
>エビノートさん
もっと人情味溢れるお話かと思っていたら、最期にまんまとヤラレタ;;;って感じでしたね。
でも、あ~それも分かるなぁと思えてしまう、そこにリアリティが感じられるお話でしたね。

この記事へのトラックバック

  • MOMENT 〔本多 孝好〕

    Excerpt: MOMENT (集英社文庫)本多 孝好集英社 2005-09売り上げランキング : 17472おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 最後に一つだけ、必ず願いご.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-06-29 20:24
  • 最期の願い

    Excerpt: 小説「MOMENT」を読みました。 著者は 本多 孝好 病院でバイトをしている男 彼は 末期患者の最期の願いを叶える・・・ 一見 感動路線かと思うが そうではなくて 哀しく 深い ストーリー .. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-10-30 18:55