ハルカ・エイティ(姫野カオルコ)

桜庭一樹さんのエッセイ「桜庭一樹読書日記 少年になり、本を買うのだ。」を読んで、「読みたい本リスト」に入っていた本。ようやく手にしました。

実を言うと、この著者の名前は以前から知ってましたが、手が出なかった。というか、手を出そうと思わなかったんですよね。名前がねーどうもねーでして。なんとなーく、私の苦手な感じの小説を書かれる方ような、そんな気がしてまして。いや、単なる私の偏見というか名前から受ける印象が、ってことなんですけどね。なので、実はどうして「読みたい本リスト」に入れたのか、よく分からなかったという。何か理由があったんでしょうが、もう忘れてしまっていて・・・;;;でも、それならちょっと読んでみるべし!と心の小人さんが囁いたので、シブシブ手に取ってみたのでした(笑)

・・・うん。本当に偏見でした。すみません。そんな毛嫌いするようなお話ではなかったです。むしろ、楽しく面白く読めました。めちゃめちゃ面白いっ!ってことはなかったけど、他の作品も読んでみようかな、と思うくらいには楽しめた。文体も苦手な感じじゃなかったし。食わず嫌いはイカンということですね。もうちょっと、頭も気持ちもやわらかぁ~くしなきゃ!です。

ハルカさんという80歳の粋なおばあちゃんの半生が語られた小説。最初の掴みはOK!途中もグイグイ。でも、最後はちょっと物足りない、そんなお話でしたねぇ。

80歳になっても、しゃんと背を伸ばし、ヒールのついた靴を履き、30代の男をコロリと参らせるハルカさん。驚きつつも羨ましさを感じたり。私もそんな風に歳を重ねていければいいなぁーと思いました。ハルカさんの半分くらいでいいから”粋なおばあちゃん”と言われるくらいに。

で、そこからハルカさんの生きてきた道のりが語られる。大正生まれの女性たちがどう育っていったのかという一般論的な物語になりつつも、ハルカさんはなかなか個性的だったよう。そして、そんなハルカさんを取り巻く周囲の人々もなかなか個性的でした。妹の時子に、女学校時代の友人達に、旦那さんに、お義父さんにお義母さんなどなど。特に、あの時代の姑なんて嫁には厳しいのが当たり前だったろうに、お義母さんが天使のように優しい。すごく度量の大きい人だったんだろうなぁ。

夫婦としての関係もなかなかでしたねぇ・・・。夫婦共に浮気をしてるってどうよ?あの時代の女性は貞操観念って強かっただろうに、なんだかサラサラ~っと夫以外の男性と関係を持ってしまうハルカに、「えぇっ!?」とかなりビックリしました。それが、ドロドロとした感じでは描かれていないもんだから、思わずサラリと流してしまいそうにもなったり(笑)そして、それを知った夫が妻を詰ることもなく・・・。まぁ、自分も浮気しちゃってるんだから、妻にも強くいえないんだろうけど。でも、なんというか、あの時代でも、そういう男性がいたんだなぁというのが・・・。ただ、夫に関しては、あまり印象が残ってない。影が薄いんだよねぇ。80歳のハルカさんが「夫を愛していた。幸せだった」みたいな供述をする場面があるんだけど、その言葉がなーんかシックリこない。かなり淡白なような印象を受けちゃったんだよね・・・。ということで、夫婦関係に関しては、違和感を感じてしまいます。

惜しむらくは、60歳、70歳のハルカが描かれていないこと。それまでのハルカの人生を楽しく読めた分、最後は物足りなさを感じました。せめて、夫と死別するところまでは描いて欲しかったなぁ・・・。それまでの語りで、80歳のハルカさんにそれなりに納得はするけれど、もうちょっとそこに到達するまでに何かが足りないような、欠けてるような気がしてしまうのは、私の読解力の貧弱さゆえなのでしょうか。


ハルカ・エイティ

この記事へのコメント

2008年06月27日 23:12
すずなさん、こんばんは(^^)。
NHKの朝の連続小説みたいな話だった…と記憶しています。
ハルカ自身より、脇キャラの華族令嬢・日向子さんや、まんま大阪のオバちゃんな沼田歯科の恵美子さんに癒されてました(笑)。
すずな@主
2008年06月28日 15:40
>水無月・Rさん
たしかに、NHKの朝ドラみたいでしたね~!本当にドラマ化してもよさそうです。
脇キャラの皆さんが個性的でしたねぇ。日向子については別にお話を書いて欲しいくらいです!沼田さんもいい味出してましたね。私もよーくいろんなモノにぶつかるので親近感がもてました(笑)
2008年06月29日 20:17
大変な時代を過ごしてきたのに、辛いとか苦しいとかあまり感じずにいられましたね。
ハルカや周りの人たちの人柄のおかげかなと思います。
ハルカみたいな粋なおばあちゃん、目指したいですねぇ♪
たまねぎ
2008年06月29日 22:22
そうそう、朝の連ドラにピッタリな感じですよね。細かいところを思い出せなくて、自分の感想を読んでみたらそう書いていました。
2008年06月30日 11:30
>エビノートさん
言われてみれば、戦争などの記述もあったものの、重苦しい雰囲気は感じられませんでしたね。
目指せ!ハルカばあちゃん!ですね(^^)

>たまねぎさん
いつか、朝の連ドラで粋なハルカばあちゃんに会いたいなーと思ってますが。・・・やっぱり無理かな^^;
すずな@主
2008年06月30日 11:30
>エビノートさん
言われてみれば、戦争などの記述もあったものの、重苦しい雰囲気は感じられませんでしたね。
目指せ!ハルカばあちゃん!ですね(^^)

>たまねぎさん
いつか、朝の連ドラで粋なハルカばあちゃんに会いたいなーと思ってますが。・・・やっぱり無理かな^^;
2008年07月13日 21:42
こんばんわ。TBさせていただきました。
素敵な面白い作品でしたよね^^
ハルカおばあちゃんが素敵な歳のとり方をされているなぁと思いました。
でも、やっぱり浮気は嫌です。
新婚の頃の二人はあっという間にいなくなってしまいましたよね^^;
すずな@主
2008年07月14日 16:09
>苗坊さん
ハルカおばあちゃんのように素敵に歳を重ねていきたいなぁと思いますよねぇ。
それなのに夫婦関係は・・・;;;こちらは、真似したくないですねー!

この記事へのトラックバック

  • 『ハルカ・エイティ』/姫野カオルコ △

    Excerpt: あ~、え~と。面白い部分もあったんですが、展開が何となくNHK朝の連続ドラマみたいな感じで、ちょっとつまらん、みたいな、ね。苦手なんですよ、私、ああいう感じ。 最初に80歳のハルカが出てきて、モダン.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-06-27 23:10
  • ハルカ・エイティ〔姫野カオルコ〕

    Excerpt: 第134回直木賞候補作。 受賞は逃しちゃいましたけど、ノミネートされるからには良い作品だろうということで、読んでみました。 ハルカ・エイティ―So happy life in case o.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-06-29 20:11
  • ハルカ・エイティ 姫野カオルコ

    Excerpt: 今回の芥川・直木賞特集もこれで最後、姫野カオルコさんの『ハルカ・エイティ』です。 一人の女性が戦中の混迷を駆け抜けた後、職業婦人として自由闊達に生きていく様を描いた作品かと思っていたのですが、ち.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-06-29 21:44
  • ハルカ・エイティ 姫野カオルコ

    Excerpt: ハルカ・エイティ ハルカは大正生まれの81歳。 見た目はハイカラで、化粧もばっちり。 10歳以上も年下の男達を虜にする。 ハルカの妹、時子の娘秋子は、ハルカと気が合い、よく会っていた。 今は.. Weblog: 苗坊の読書日記 racked: 2008-07-13 21:42