三千世界の鴉を殺し(13)(津守時生)

リハビリで終わってしまったような気が・・・;;;
前巻を読んだのが随分前でして、この巻も友人に借りたまま半年ほど放置状態だったんですよねぇ。ということで、名前とか人物相関を忘れてて・・・。読みながら、あ~この人はあの人だ、とか、あぁん?誰だっけ?とか、イチイチ躓きながら、思い出しながらの読書となりました。おまけに話もだいぶスコーンと抜けてたりしまして・・・。ということで、内容を思い出し、登場人物の名前を思い出し、どういう繋がりでどんな立場の人だったかを思い出し、のリハビリ巻(笑)でも、今後もやっぱり新刊が出る度に、こういうリハビリが必要な気がしないでもないんだけど。うーむ、困ったもんだ。

少しは進むかと思われたこの巻でしたが、あいかわらずの遅々とした進み具合。読みながら、「まさか会議だけで終わったりしないよねぇ!?」と内心ドキドキでしたが、さすがにそれはなかったようで。でも、まぁ、それ以降で進行したかというとそれは・・・(笑)おまけに「そこで終わるかっ!」と思わず突っ込みを入れたくなるようなところで次巻へ続く。。。ってなってるし。ぬおー★と叫びたくなっちゃいますよ(笑)

そして、おまけの短編「優しい悪魔」。これは既読でしたが、内容が朧気にしか憶えてなかったので楽しく読めました。楽しくというか、大笑いさせられました!本編のグズグズモヤモヤを、こちらでスカッと解消してもらったようで、読後感はスッキリ~♪編集者の勝利?(笑)

とにもかくにも、次巻が待ち遠しい。話をとっとと進めて欲しいと切に願う作品です。


三千世界の鴉を殺し (13) (新書館ウィングス文庫―Wings novel (121))

この記事へのコメント

2008年05月10日 21:32
読了お疲れ様。シリーズもので間があくと、リハビリが必要になりますよねー。
本筋をもっとさくさく進めてほしいですねぇ。本当に終わるのか?終われるのか?と心配になってしまうシリーズの一つです。

ところで、TBをもう一度送っていただけませんか? よろしくです。
すずな@主
2008年05月12日 15:04
>あまねちゃん
遅くなってすんません;;;
最近、「完結巻を読めるのか?」って不安になるシリーズにばかり手をつけてるような気がする^^;

この記事へのトラックバック

  • 三千世界の鴉を殺し(13)

    Excerpt:  津守時生 2007 ウィングス文庫 登場人物が増えたことで、会話がすぐに混ぜっ Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-05-10 21:28