ブックストア・ウォーズ(碧野圭)

本屋を舞台にした作品。こういうお話は、本屋さんの舞台裏が垣間見れて、本好きには嬉しい1冊です。まぁ、中身がちょっと・・・だったけどね。

帯の文章によると、本屋存続の危機に女店長と新婚書店員が頑張るお話!ってなことが書いてある。・・・がっ!それがメインになるのは後半部分のみ。前半は、副店長(のちに店長)のお局様と、コネ入社の新婚書店員とのバトルが繰り広げられたのでした。前半というか3分の2くらいは、このバトルで費やされたんじゃないかと思われる。”ウォーズ”ってこっちのウォーズかぁ;;;と、拍子抜けしつつ、陰険なジメジメにちょっとうんざりしちゃった。

私も同じ女子ですが、こういうオトナの陰湿なバトルは苦手です。特に仕事にまで影響を及ぼすというのは苦手というより怒りを覚えます。貰うもん貰ってるんだから、やるべきことはキッチリやれ!というのが信条なので、そういう場面はムカムカと怒りを感じつつ読みました。特に、注文した本が整理されずに山積だったり、いくら腹に据えかねたとはいえ、店舗の中で文句を言うのはいただけない。読みながら、ムッキーッとなってしまいました(笑)幸いなことに、私は今までの職場でもそういうこととは無縁です。女の子同士は仲が良い職場ですねぇ。ま~他の事務所での「うへー;;;」という噂は耳にしたことがあるけどね。そういう訳で、前半はちょっと引き気味で読んでしまいました。

その反動のように、後半は痛快。それまでバラバラだった書店員が、本屋の危機に一致団結して立ち向かうことに。売り上げを伸ばす為に、様々な試みを始めたり、イベントを企画したり。ワクワクと読めました。ただ、この部分が前半部分よりも短くって、大きな失敗が無かったのが不満かな。もうちょっと、山あり谷ありして欲しかったなーと思いましたね。全てが上手くいきすぎて、ちょっと物足りない。

このお話って、なんだか続編もありそうな気もするんだけど、どうなんでしょう。この後、新しい店舗で奮闘する姿が見たいなーと思いました。


ブックストア・ウォーズ

この記事へのコメント

エビノート
2008年05月04日 00:20
前半は気の滅入る内容でしたね~。こんな本屋さんには行きたくないぞ!って思っちゃいました。ははは(^_^;)
後半の奮闘ぶりは読んでいて楽しかったのですが、同じく短いなって思いました。続編があるなら、新店舗での奮闘ぶりを一冊丸ごと読ませてもらいたいですよね。
すずな@主
2008年05月04日 14:14
>エビノートさん
本屋さんの裏話は嬉しいけど、こんな裏話はいらーんっ!とちゃぶ台をひっくり返したくなりました(笑)
是非、続編を書いてもらって、丸ごと”奮闘話”でワクワクさせてもらいたいですね!

この記事へのトラックバック

  • ブックストア・ウォーズ 〔碧野 圭〕

    Excerpt: ブックストア・ウォーズ碧野 圭 新潮社 2007-10売り上げランキング : 68691おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ お嬢様書店員と女性店長が、職場の.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-05-04 00:22