海の底 前夜祭(有川浩)

電撃文庫MAGAZINE 2008年 05月号掲載。『海の底』のスピンアウト短編。

この作品は、角川モバイルの「ちょく読み」で発表された作品なんですけど、私は読めなかったんですよねぇ;;;ずぅーーーーっと読みたい!と思っていたんですが、今回ようやく読めました!めっちゃ嬉しい。あまりの嬉しさに、ついついこの本当に短ぁーい短編の為だけに雑誌を購入しちゃったという;;;

タイトル通り、あの「海の底」の前夜の物語。夏木さんと冬原さんが腕立て伏せをしていた原因の事件?が語られています。

「停泊中の潜水艦を武装ゲリラから防衛できるかどうかの自主訓練」なので、バタバタドタドタと男たちが走り回るだけです(笑)もちろん、恋愛モードは皆無です!それでも、夏木さんや冬原さんに会えるのは嬉しい。そして、川邊艦長!あんなことになってしまう艦長の、二人への愛情がよーく分かって、なんだか嬉しくなってくるエピソードです。

そうそう、腕立て伏せと外出禁止1週間を賜った時のガックリと肩を落とす冬原さんに、「あ~ぁ、聡子ちゃんに会えなくなっちゃったぁ」と、思わず呟いてしまった私でありました(笑)

今度、「空の中」が文庫化されるそうですが、てことは、もうちょっとしたら「海の底」も文庫化されるかなぁ。その時は、「クジラの彼」の2つのお話とこのお話もまとめて載せて欲しいなー。一度に続けて読みたい!


さ、これで個人的『有川祭』は終了です。なんだか、怒濤の1週間だったような気がしますねぇ。いや~こんなに集中して色々あると体力や気力だけじゃなくって、仕事にも支障が・・・それは関係ないかもしれないけど(笑)あ、連載中の”おっさん話”は単行本発売まで大人しく待つ予定です。きっと、待てるハズ。いや、待つのだ!・・・と、葛藤の日々を送っております。もう掲載1話目の雑誌は手に取れないだろうし、大丈夫!・・・なハズ;;;←イマイチ自信なし。


電撃文庫MAGAZINE (マガジン) 2008年 05月号 [雑誌]

この記事へのコメント

2008年04月15日 18:16
雑誌、持っているよ?笑
でも、二話目掲載分は買わないように自重中。
すずな@主
2008年04月16日 11:30
>あまねちゃん
そこで悪魔の囁きをしないように^^;
お互い、我慢のしどころですな(笑)
2008年04月16日 11:32
あい……。がんばりますぅ……。
我慢我慢。我慢ったら我慢。むむー。なむなむ。
すずな@主
2008年04月17日 11:28
ふ。
「我慢は体に悪いよ・・・」
ってなことを囁いてみるー(笑)
2008年04月20日 22:54
すずなさん、こんばんは(^^)。
私も雑誌、買っちゃいました~♪
ベタ甘ラブロマはなくても、やっぱり有川作品ですよね~。
夏木と冬原の悪ノリ。それに対する渡邊艦長のおおらかさ。非常に微笑ましく心温まりました。
ちなみに、2時間簀巻きにされっぱなしだった水瀬士長に心動かされた私って、アブない人ですかね(笑)。
すずな@主
2008年04月21日 13:38
>水無月・Rさん
うふふ。買っちゃいましたか!一緒ですね~。

ベタ甘はなかったけれど、夏木&冬原コンビのガキ大将っぷりが可愛かったです♪
水瀬士長・・・ちょっと可哀相でしたねぇ(笑)

この記事へのトラックバック

  • (雑誌)海の底:前夜祭

    Excerpt: 有川浩 2008 電撃文庫Magazine Vol.1 夏木と冬原。『海の底』の Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-04-15 23:43
  • 「海の底 前夜祭」を読む

    Excerpt: 『海の底 前夜祭』有川浩/著[電撃文庫MAGAZINEVol.1(2008年5月号)掲載:アスキー・メディアワークス刊]本ブログ勝手に推奨作家、有川浩さんの短編です。本作品は、有川浩さんの第3作長編小.. Weblog: 怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】 racked: 2008-04-18 06:22
  • 「海の底 前夜祭」/有川浩 ◎ (『電撃文庫マガジン』創刊号掲載)

    Excerpt: 水無月・R、基本的に「図書館で借りて読む派」なんですが。 有川浩作品はやっぱり網羅したいわけですよ。有川さんは私の萌えの神ですから。この「海の底 前夜祭」は、情報によると、当分本になりそうにないよう.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-04-20 22:36