Story Seller 小説新潮5月号別冊

7人の作家さんによる7つの中編。『面白いお話、売ります。-読み応えは長篇並、読みやすさは短篇並』のコピー通りの雑誌です。

小説だけしかないという異色の、そして贅沢な雑誌。最初はお気に入りの有川さんの作品が掲載されてるってことで興味を持ったんだけど、他の作家さんも好きな方だったり、読んだことはないけど気になってる方々ばっかりだったので、「雑誌は買わない」というポリシーを曲げて購入しちゃいました。

買って大正解。ちょっと装丁が雑誌っぽいアンソロジー集の単行本って感じです。それなのに値段は雑誌並。なんだか、すっごく得した気分になりました。


◆首折り男の周辺(伊坂幸太郎)
本屋大賞受賞第1作。
・・・あ、あれ?なんだかちょっと物足りない・・・ような。
伊坂さんらしいストーリーに、お?おぉ!?っと読ませるんだけど。ちょっとずつピースを集めていって、最後にパチリとはめ込んだ時の清々しさ。感じないわけでなないけれど、いつもよりちょっとその清々しさが足りないような・・・。中編だからかな。本屋大賞受賞作「ゴールデンスランバー」の次に読むと、その量からして違うからなぁ。伊坂さんってことで、期待しすぎちゃったような気がする。つまらないって訳ではないけど、ちょっと物足りない。
やっぱ長編を読みたい(笑)

◆プロトンの中の孤独(近藤史恵)
サクリファイス」外伝。赤城さんが語る、彼と石尾さんの新人時代のお話。
この頃の石尾さん知っていれば、彼を疑うようなことはなかったんじゃないかな・・・と思うえるお話でした。外伝だし、そういう意味でも「サクリファイス」を読んでから読むべし。

◆ストーリー・セラー(有川浩)
号泣。
感想は長くなったので別記事にて。

◆玉野五十鈴の誉れ(米澤穂信)
この著者は1作だけ読んで、次になかなか手が出なかったんだよねぇ。
途中はどってことないの。でも最後がね、ちょっとぞぉっとするような感じだった。その恐怖に向かって、淡々と粛々と綴られる文章。その恐怖を味わうまで、目が離せない。読み終わった後、読みきるまでぐっと掴んだ腕は手は離さないわよ、と無言で言われていたような気分になった。
・・・他作品を読みたいような、読みたくないような(笑)

◆333のテッペン(佐藤友哉)
私的にイマイチ;;;ちょっと合わなかったよう。。。
でも、中編だしなぁ。長編を1冊読んでみるべき?

◆光の箱(道尾秀介)
ちょっと前から気になってて、近いうちに読んでみたいと思ってた作家さん。
良かった。このお話の中には、クリスマスソングをモチーフに書かれた童話もあって、それも良かった!この方、私好みの作家さんらしい♪
ちょっとしたトリックもあり、ドキドキというかハラハラし、切なさで胸を痛め、最後はほっと暖かい気持ちで微笑める。あ~良いお話が読めたなーと思いつつ読み終えました。
早速、他作品も読んでみなくちゃ!

◆ここじゃない場所(本多孝好)
この作家さんも気になってた方の一人。
このお話は、主人公の女の子に共感できなくって・・・。うーーーん;;;という気持ちはあるものの、文章自体は読みやすく感じたので他作品も読んでみたいなと思いました。今、書いていらっしゃるという、この作品に登場した秋山くんを含めた「4人組のお話」。かなり興味があります。


Story Seller (ストーリーセラー) 2008年 05月号 [雑誌]

この記事へのコメント

2008年06月11日 22:52
すずなさん、こんばんは(^^)。
有川さんの「ストーリー・セラー」の感想の後、非常に間を置いてやっと読了いたしました(笑)。
ええ・・・買っておいて積読状態で。図書館派な私にとってはとってもゼータクな「非常時用在庫」(^_^;)。
『サクリファイス』を読まないまま、外伝を読んでしまい、本編がとっても気になります。アンソロジーのワナにきっちりハマっていく私です・・・(笑)。早速予約をば(やっぱり図書館派)。
すずな@主
2008年06月12日 15:36
>水無月・Rさん
私にも積読状態の雑誌が2冊ほどあります。それも他人様からの借り物が^^;;;早く読まねば★
サクリファイスはオススメですよー!外伝よりもずっと先の話になります。
私もそのワナにきっちりハマってしまった一人です(笑)
2010年09月10日 13:04
こんにちは^^
今更ながらようやく読みました。
おもしろかったです~
本当に豪華な作家陣で、楽しみにしてました。
全く読んだ事がなかったのは佐藤さんだけだったのですが、勝手に奇抜で怖い作品を書かれている方だと思っていたので^^;
印象が悪くなかったです。他の本も読んでみたいと思いました。
本多さんはものすっごく久しぶりに読みましたが、これがうーん。。。で残念でした^^;久しぶりに読んでみようかな。
私も積読本が増える一方です。
すずな
2010年09月12日 07:57
>苗坊さん
本当に豪華な作家陣ですよねー!雑誌なのに読み応えがありすぎっ!て感じでしたね。
そんな中で、苗坊さんの印象が悪くなかった佐藤さんは、私的にはうも合わなかったようで・・・。残念だした^^;
あ~この感想を読み返したら、私も本多さんを読みたくなっちゃいました(笑)

この記事へのトラックバック

  • 『Story Seller』(小説新潮5月号別冊)/アンソロジー ◎

    Excerpt: 基本的に「本は図書館派!」な水無月・Rですが、有川浩さんの作品が読みたくて買ってしまった『Story Seller』。好きな作家さん&読んでみたいなぁと思ってた作家さんが勢ぞろい。 なかなかにこれは.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-06-11 22:47
  • Story Seller

    Excerpt: Story Seller (新潮文庫)販売元:新潮社発売日:2009-01-28おすすめ度:クチコミを見る 「首折り男の周辺」伊坂幸太郎 株に失敗した妻の借金を賄うため、長年住んでいた家を手放し、.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-09-10 12:53