彩雲国物語(外伝3)隣の百合は白(雪乃紗衣)

短編3つにショート・ショート1編を収めたシリーズ3冊目の外伝。

なんか、本編よりも好きかも(笑)もうさ~本編はね、世界が広がりすぎたって感じなんだもん。どんどこ広げた風呂敷を、著者様はどうやって収束させるつもりなのか、って不安が大きくなるばかりでさぁ。その点、外伝は安心して読めるって気がする。やっぱ、安定安心が一番よね(笑)

・恋愛指南争奪戦
秀麗が国試を受ける前、直前のお話。まぁ、なんといいますかドタバタ劇って感じですかねぇ。恋愛指南を賭けた武術大会。いや~笑わせてもらいました。本編の方があんな感じになってるからか、こんなエピソードを読んでると、あ~この頃が懐かしいよ・・・と遠い目をしたくなりますな。

・お伽噺のはじまりは
秀麗のパパ卲可様のお話。どうして、黒狼なんてものになったのか。ならなければいけなかったのか。実は、そこのところがすっごい疑問だったんだよね。なので、このお話を読んで、「なるほど、そういうことか」と納得できました。ご幼少のみぎりの黎深が可愛くって健気で(今もだけど/笑)、ますますファンになっちゃいました。

・地獄の沙汰も君次第
ひゃー(喜)待ちに待った百合姫登場!!うわー、イメージと違うよ。あの黎深の奥様ってのと、今まで本編で語られてた様子から、すんごい気位の高ぁーーい姫君だと思ってたんだよねぇ。そしたら、どっこい。なんだか秀麗に似てる、と思ったのは私だけでしょうか。絳攸があんな風になったってのも納得。深黎じゃ無理だもん。そして、その深黎。も~ますます可愛いじゃないか!(笑)この外伝は私的に「深黎巻」ですな。あの魔の国試の深黎たちの様子も垣間見れて嬉しかった。楽しかった。

・幸せのカタチ
ショート・ショート。その後の百合姫、ってとこかな。幸せそうでなにより。


この巻で、とうとう追いついちゃいました。これからは、「続きはまだかっ!?」と悶えることになりそうです。・・・ってか、本編の続きが早く読みたい(笑)


彩雲国物語隣の百合は白 (角川ビーンズ文庫 46-15)

この記事へのコメント

2008年03月08日 00:34
この本は、読んでいて楽しかったし、安心して大笑いできるいい巻でしたね。こういう短編をもっと読みたいと思ったもの。もちろん、本編の続きも読みたいけど。
くしくも、今日でアニメのほうも最終回です。
すずな@主
2008年03月08日 10:52
>香桑さーん(笑)
そうそう、大笑いしちゃった。楽しかったね♪
本編も読みたいけど、こんな外伝ならもっと読みたい!と私も思いました。
アニメは一度だけ見て、その後は・・・^^;;;
2008年03月08日 11:44
出勤するので、録画予約してきました…(^^;;
すずな@主
2008年03月08日 14:03
>香桑さーん。
おぉ、録画までするってのは意外だなぁ・・・。
思いっきり、ハマリましたね?(笑)
2008年03月09日 20:38
あ。名前を間違えていることにいまさら気付いた。笑
いつもは観ていなかったんだけど、最終回ぐらい観ておきたいな♪と思って。
(まだ観ていない……。(^^;;;)
すずな@主
2008年03月10日 16:11
>あまねちゃん
あら、あっちで通すことにしたのかと思った☆

・・・録画して観ないのは最近の私の得意技(笑)
HDDに溜まりまくっておりますよ。はぅぅ;;;

この記事へのトラックバック

  • 彩雲国物語15:隣の百合は白

    Excerpt:  雪乃紗衣 2007 角川ビーンズ文庫 仮面をつける前の黄鳳珠。これは映像化が難 Weblog: 香桑の読書室 racked: 2008-03-08 00:29