葉桜の季節に君を想うということ(歌野晶午)

蒼のほとりで書に溺れ。」の水無月・Rさんにオススメいただきました。いや~お勧めいただいてありがとうございました!

うっ、うはははははは。と、笑うしかありませーん。
もう、まんまと著者に騙されました。これって、アレと一緒じゃんかっ!と自分に突っ込みを入れる。同じトリック(と、言っていいのか?)に2度も騙されるんじゃないよっ!って感じです。アレってのはアレですよ。(何!)Nさん作の「神の~~~」。なんかね、設定というか似てるよね。・・・と、思ったのは私だけかしら。あ。これで、ネタバレになったらすみません;;;この作品は文庫にもなってるみたいだから、読んでる人が多いだろうとは思うんで大丈夫かな、とは思うけども。著者に騙されたというか、自分が勝手に思い込んでただけでしょう?と言われれば、何も言い返せません、はい。でもさ~、著者がわざと情報を開示してないんだから、しょうがないよなー。それとも、私が鈍かっただけ?(笑)

一見、何の繋がりもないようなストーリがいくつも語られ、「これが、どう繋がっていくの?」「どういう関係があるの?」と、色々な想像力をかき立てられました。時間が行きつ戻りつしてるのは分かる。それはたぶん、読者にも分かるように書いてあるみたいだから、これがトリックではないと思う。読みながら、なんとなーく時間軸ごとにエピソードを並べていくものの、どこでどう繋がるのかさっぱりワカラン(笑)・・・何がどうなるんだ??って、疑問符が頭の中を駆け巡るだけ;;;・・・結局、私の想像力の限界を思い知っただけだったような気がします(笑)

最後に、それらの沢山のピースがピタリとはまった時の高揚感。え?あ?えぇーーっ!?うっ・・・わぁ~~~っ、ヤラレタぁぁぁっ!!と両手を上げて降参したくなりました。ここまでお見事に騙されると、悔しさよりも爽快感の方が大きいってもんです。もう笑うしかないって感じです。これはミステリーとは言わない!と、憤慨される方もいらっしゃるかもしれませんが、これもミステリーだと私は思います。だって、とっても楽しめたもーん(笑)

本をパタンと閉じた時、「へへ~ん、だぁ~まされたぁ~!」と片目をつぶって茶化す著者の顔が浮かんできたような気がしました。・・・水無月・Rさんのお姿も見えたような気がしました(気のせい?/笑)


葉桜の季節に君を想うということ (本格ミステリ・マスターズ)

この記事へのコメント

2008年03月14日 20:46
すずなさん、こんばんは(^^)。
うふふふ~、騙されたでしょ?!ネッ!
しかもその騙され具合が爽快!
さすがは歌野さん、やってくれます♪

しかし、よそ様のブログに自分の名前やブログ名が出ると、一気に「いっぱしのブロガー」になった気になってしまうのは、ナゼでせう?(笑)
すずな@主
2008年03月15日 15:22
>水無月・Rさん
いや~まんまと騙されましたね~!!
悔しさよりも爽快感を感じるくらい思いっきり騙されました(笑)

いやいや、何をおっしゃいますやら。既に「いっぱしのブロガー」さんじゃないですか~!
2008年03月15日 20:54
騙されちゃいますよね~
このパターンの騙され方をしたのって、初めてだったので、ひたすらスゴイなぁ~と思っちゃいました。
たまねぎ
2008年03月16日 14:25
こんにちは。アレが気になって仕方がないたまねぎです。アレってなんだ。アレって言うくらいだから、アレはやっぱりアレでアレなのか……ブツブツ。
とりあえず思い浮かんだのがNTさん(テレビ風に名字→名前)の『神~~貌』なんですが、微妙に違うような。それ以前に『神~』の内容がきちんと思い出せない(汗)
すずな@主
2008年03月17日 11:15
>エビノートさん
ホント、「騙されたぁ~~!」の一言に尽きますね(笑)
私は、こういうの初めてじゃなかったんですけど、やっぱり凄いな~と思いました。・・・ってか、同じ手に2度もひっかる私も・・・;;;

>たまねぎさん
気になりますか~。これがネタバレになっちゃったら石を投げられるかもしれん!と恐怖に慄いてぼかしちゃったんですけどね。気になりますよね(笑)
え~と、残念ながらNTさんじゃないです。実は、ここの「な行作家」さんリストに載ってます^^;
2008年08月09日 00:22
こんばんわ。TBさせていただきました。
面白かったです。
見事に私も騙されましたね。
でも、成瀬はかっこよかったです。
歌野さんは初読みでしたが、はまりました。
他作品も読んでみようと思います。
すずな@主
2008年08月09日 11:24
>苗坊さん
まんまと騙されちゃいますよねぇ~!
そうそう。成瀬はかっこよかったですね!

最近は歌野さんを読んでないので、そろそろ何か読んでみよう!と思いました。
2010年05月01日 01:11
だまされました。だまされましたともっ!!
でも、だまされたのは私一人じゃないんだ~と、ほっとしています。
ミステリと思って読んでいたからこそ、余計にこんなところでひっかけられるとは思いもせず、本を放り投げそうになりました。(^^;;;
すずな
2010年05月01日 15:13
>香桑ちゃん
騙されましたか~(笑)ま、みんな一緒ってことで☆
確かにミステリと思って読んでたからこそ、なのかもしれないねぇ。。。

この記事へのトラックバック

  • 『葉桜の季節に君を想うということ』/歌野晶午 ◎

    Excerpt: 知人の依頼で、インチキ健康商品の会社を調べることになった「俺」。 『葉桜の季節に君を想うということ』も、非常に歌野晶午らしい、読者の思い込みを利用して、あっといわせる設定の小説だ。勿論、ストーリーそ.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-03-14 20:37
  • 葉桜の季節に君を想うということ〔歌野晶午〕

    Excerpt: 2005年に読んだ本です。 初めて読んだ作家さん。 これは、上手すぎる! 葉桜の季節に君を想うということ ひょんなことから霊感商法事件に巻き込まれた“何でもやってやろう屋”探偵・成瀬将.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-03-15 20:44
  • 葉桜の季節に君を想うということ   歌野晶午

    Excerpt: この本を読みおわった時の第一声はまさに『やられた』でした 著者の仕掛けたトリックは秀逸で、しかも小説だからこそ可能とされるものでした ちょっとズルイと感じる人もいるかもしれませんがこれこそが本を読.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-03-16 13:52
  • 葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午

    Excerpt: 葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1) オススメ! 「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼され.. Weblog: 苗坊の読書日記 racked: 2008-08-09 00:11
  • 葉桜の季節に君を想うということ

    Excerpt:  歌野晶午 2007 文春文庫 うわ~っ。や~ら~れ~た~~~っ。普段、ミステリを読まないせいか、まんまとしてやられてしまった感があった。いくつかの話が同時進行するわけであるが、事件の謎解きよりも、設.. Weblog: 香桑の読書室 racked: 2010-05-01 01:08
  • 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』(文藝春秋社)

    Excerpt: まず……  google ime使ってるんだけど『葉桜の季節に君を想うということ』って変換予測で出てきました。どういうこと?^^;google imeってすげーーー。  そして久々すぎるレビューで .. Weblog: 有沢翔治のlivedoorブログ racked: 2011-09-03 13:26
  • 葉桜の季節に君を想うということ

    Excerpt:  本書の内容をごく簡単に紹介すると、元私立探偵の成瀬将虎が、同じフィットネスクラブに通う久嵩愛子に頼まれて、悪徳商法を行っている蓬莱倶楽部という団体を調査するとい ... Weblog: 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] racked: 2012-01-07 21:38