カツラ美容室別室(山崎ナオコーラ)

え~と、え~~とぉ;;;
・・・やっぱり、こういう作品の良さは私には分からないようです。すみません。

主人公が、引越し先の近所に住む友人や美容室のスタッフと交流していく様子を描いた作品。と、そんなんでいいのか、なぁ・・・。
友人の住む街が気に入って、そこへ引越しをして、その友人を通して「カツラ美容室別室」のスタッフと「お花見」でお知り合いになって、だんだんと親しくなって、とりわけエリちゃんとはもっと親しくなれそうで、そしたら店長のお母様が亡くなって、郷里にある「カツラ美容室」を切り盛りしなきゃと店長が引っ越していく。そして次の春、友人が遠くの地へ旅立つことになって、「カツラ美容室別室」のスタッフと花見がてらの送別会が催される・・・。

会社のお昼休み時間中に読み終わっちゃうくらいの内容で、淡々と事実のみが語られる文章。主人公の感情もあるといえばあるけど、あんまり無いというか語られてないような気が・・・。エリちゃんとの微妙な気持ちの交流とか、梅田さんや店長との交流とか、別れとか。もうちょっと深いところまで描いて欲しかったなぁ、と思ってしまいました。そしたら、もうちょっと何かしら感じることができたのかもしれないんだけど。まぁ、私の感情の汲み取りが下手なだけよ、と言われてしまえばそれまでなんだけどさ。

エリちゃんが、お客さんをグーで殴った時に、桂さんが「カツラを付けている」深い理由ってのがあるのかな?と思ったんだけど、そうでもなかったようで。説明みたいなのもなくって、そこも拍子抜けっていえば拍子抜けでした。

私は「本を読む」という行為に、「非現実世界への逃避」というものを求めているようでして。こういう、なんの事件も起こらない、日常生活を淡々と描写したものには魅力を感じないというかですね、この作品のどこに「読書の楽しみ」を見出したらいいのかわからないのです。現実世界でも有りえる、この主人公には”現実世界”でも私を当てはめられる、っていうところがダメなのかなぁ・・・とも思ったりもするんだけど。でも、それとも違うような気もするし。

なんというかですね、イジワルな言い方をしちゃえば、本をパタンと閉じた後に「だから何?」と聞きたくなっちゃったといいますか・・・。
タイトルに惹かれて手に取ったけど、どうも私的にはハズレだったようです;;;

カツラ美容室別室

この記事へのコメント

2008年02月24日 08:34
そういう感想でいいと思いますよ。内容を深く読みとった人の意見も聞いてみたいですけど、自分が持った感想は感想で大切にしたほうが。って自分自身に言い聞かせてます(笑)。
すずな@主
2008年02月24日 15:11
>まみみさん
そうですね。
私も自分に言い聞かせていくことにします(^^)
たまねぎ
2008年02月26日 00:27
そんな感じというか、そねまんまですよ。踏み込みが一歩たりないんですよね。
すずな@主
2008年02月27日 07:45
>たまねぎさん
踏み込み。
そう、それですねぇ。

この記事へのトラックバック

  • カツラ美容室別室  山崎ナオコーラ

    Excerpt: 前回の芥川賞特集が終了していないのに138回の分に突入です。自分としては心苦しいけど仕方がない。 実はこの本は芥川賞の候補が発表される前に既に読んでおりましたが、溜めすぎて今頃になってしまいました。.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-02-26 00:29
  • カツラ美容室別室<山崎ナオコーラ>-(本:2008年111冊目)-

    Excerpt: カツラ美容室別室 # 出版社: 河出書房新社 (2007/12/7) # ISBN-10: 4309018408 評価:71点 第138回芥川賞候補になった作品。 芥川賞、という.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-09-01 16:39
  • ・「カツラ美容室別室」山崎ナオコーラ

    Excerpt: 平成19年下期芥川賞候補作品。作者の「人のセックスを笑うな」も平成16年下期芥川賞の候補作品。題名も個性的だが、「ナオコーラ」という名前も奇妙だ。コーラ好きらしい。 27才のサラリーマン、淳之介。どう.. Weblog: 肩の力を抜いて racked: 2008-09-23 18:04