風に顔をあげて(平安寿子)

編集中の記事がどんどん溜まっていく・・・。とりあえず、読了した本のタイトルだけを打ち込んではいるものの、読むスピードに記事UPのスピードが追いつかないようです。ここ最近、ちょっと気分が下降気味でして、どうにもこうにもな感じなのです。朝、気付くとストーブの前でぼぉーーっと座り込んでいたりします。そのうち会社に遅刻しそう;;;そんな訳で、本気で冬眠したひ。。。と願う今日この頃。そんな気分を反映するように、読後の感想もチト辛口気味・・・になりそう。

読み終わって、うーーん。となりました。なんか、「もうひとつ、こう・・・」という気分です。なんというか、もうひとつ盛り上がりに欠けたかなぁ・・・という気分。

25歳フリーターの風実(ふみ)が主人公。ボクサーの卵の恋人とも、いまひとつ盛り上がらない。このままフリーターを続けていていいのか、と不安を感じ始めた頃、18歳の弟が転がり込んできて「お母さんにゲイだとカミングアウトした」なんて爆弾発言をされてしまう。愚痴を聞いてもらっていた38歳の小池さんは、部長に昇進した途端、なんだかギクシャクしちゃって・・・。

30歳が目の端に入るようになった年頃の不安や焦りに、自分のあの頃を思い出しながら、重ね合わせながら読みました。そうだったなー、なんて懐かしく思ってしまうあたり、それなりに歳を重ねてしまった自分を実感したり。30歳は呆気なく訪れたけど、その前の29歳になった時が、「このままでいいんだろうか・・・」とかって、一番いろいろと考えたりしたんだよねぇ・・・なんて。今、こうして穏やかにあの頃を思い返せる自分に、少なからずホッとしていたりもします。

自分のことも大変なのに、転がり込んできた弟の心配もしなきゃいけない。最初は戸惑っていた風実も、弟に紹介されたゲイの店長と接するうちに応援する気持ちが大きくなっていく。恋人との関係、小池さんとの関係、そして母親や家を出た父親、職場の人との関係などなど。様々な人との出会いや別れを通して、成長していく風実。今を一生懸命に生きる姿に、共感と懐かしさを感じました。

生きていくっていうことは、様々な人と別れたり、出会ったりしていくものだ。風実のそんな最後の言葉に、私にも、素敵な人との出会いがあったり、不本意な別れに寂しい思いを味わったりしたなぁ、なんてことを懐かしく、嬉しく、切なく、思いました。

それでも、「いまひとつ・・・」と、そんなことを感じてしまうのは、風実の歳を越えてしまって久しいからなのかしらーん。うーむ。なんだかなー、ですねぇ(笑)


風に顔をあげて

この記事へのコメント

2008年03月02日 04:45
素敵な人たちとの出会いを通して風実の成長、よかったですね。
タイトルがこの寒い季節にぴったりでした。
風実の年齢は過ぎちゃいましたけど、これからって思ってます。
すずな@主
2008年03月02日 18:10
>藍色さん
風実を通して人との出会いの大切さを感じた作品でした。
お~そうですね。この季節にぴったりのタイトルですね!
風実に負けないように頑張らなきゃ、ですね。

この記事へのトラックバック

  • 風に顔をあげて 平安寿子

    Excerpt: 装丁は高柳雅人。装画はヒロミチイト。書き下ろし。 主人公の織原風実(ふみ)は25歳でフリーター。定まらない仕事や年齢、曖昧な恋人・英一に将来の不安を抱く日々。ゲイとバレた弟・幹が家出してきて…。.. Weblog: 粋な提案 racked: 2008-03-02 04:40