東京バンドワゴン(小路幸也)

ぬわーっ、なんてことっ!
一行目を読んだ瞬間、心の中で叫んでしまいました。タイトルから想像していたのと全く違ってるようじゃないですかっ。うっわぁーっ、すんごく私好みの気がする。そんなニオイがプンプンするっ。

最初の思い通り、めちゃくちゃ私好みのお話でした。タイトルからね、勝手に音楽ものだと思っていた。10代の若者達がバンドを組んでわたわたおたおたするような内容かな・・・なんてことを想像してたんだよねぇ。コメディ物。で、なんだかイマイチ読む気が起きなくって。でも、「桜庭一樹読書日記 少年になり、本を買うのだ。」を読んで、やっぱり読んでみようかなという気になった。とはいえ、”ベストセラー”という言葉に図書館から借りてきてもなかなか手が出ず(私的にハズレが多い;;;)、実は返却期限までに読みきらず延長したりもしたりして・・・。
そんなこんなを激しく後悔。どうしてもっと早く読まなかったんだろう;;;最近、”本に呼ばれる”というか、そういう直感が衰えてきたような気がしてしょうがない。

東京の下町にある明治18年創業の「東亰バンドワゴン」という名前の古本屋さんが舞台。ここで暮らす四世代の家族の四季を描いた物語。語り手は、2年前に76歳で亡くなったサチさん。店主勘一の奥様。

もうね、この語りがね、すっごくいいのですよ。優しくって温かくって。ふんわりとみんなを包み込むように語ってくれるサチさん。このサチさんの家族だけあって、ここで暮らすみんなが優しくって温かい。ちょっと変わってるけどね(笑)

この家族に持ち込まれるちょっとした事件や謎。古本屋さんらしく紐解かれていくものもあれば、古本屋さんじゃなくってもいいものもある。でも、どれもちょっとツンと切なくなりつつ、最後は温かい気持ちになって終われるものばかり。愛情が一杯に詰まったお話。こういうのに弱いんだよねぇ。こういう人情モノは大好き。ということで、読みながらついつい涙腺が緩くなってしまいました。うるうるしたり、うえぇぇぇとなったり。特に夏の物語には号泣でした。じいちゃん達が素敵じゃないですか!やっぱ、歳を重ねた方々には敵いませんね。宮じい(空の中)といい、栄三郎(ひきこもり探偵)といい、私はどうもね、こういう”いぶし銀”のような人に弱いようです(笑)

この作品、続編も出てるらしいのよねぇ。もうもう、早く読みたくってしょうがありませんっ!

・・・ということで、2008年も読みたい欲求に時間が追いつかない一年になりそうです;;;


**シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン
**スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン


東京バンドワゴン

この記事へのコメント

2008年01月07日 20:11
こんばんは。
すご~く温かい作品でしたね。このシリーズは大好きです。
TBの件ですが、コメント欄にアドレスを下さい。記事内にリンクを貼りまーす。ちょっと目立つけど(笑)
2008年01月07日 21:24
またそんな面白そうな本を探してきて!
心の中のいずれ読みたい本リストに加えておきますです。
すずな@主
2008年01月08日 11:26
>しんちゃん
心がほっこりなるような作品でした。もっと早く読むんだったと後悔しました。続編が楽しみです♪
TBの件、ありがとうございます。お手数をおかけするのは何ですので、わざわざリンクはいいですよー!コメント欄に記事のURLを貼り付けさせてもらことにします(^^)お気遣いありがとうございます。

>あまねちゃん
えへへへ。
これ、タイトルから想像してたのと違ってて、その意外性も面白さにプラスされた感じかな。最近、ベストセラーも2種類あるんだと分かってきた(笑)
2008年01月08日 22:16
大家族の賑やかな様子が、すっごく良いですよね~。食事の風景がとても楽しそうで、羨ましい♪
家族の大黒柱である勘一さんが、魅力的でした。やっぱりいぶし銀の魅力ですよね~♪
たまねぎ
2008年01月08日 23:32
私も最初は売れない、もしくはアマチュアのバンドがワゴン車に乗ってライブに飛び回る青春小説を想像していました。読んだら、ぜんぜん違いましたが。
しかし、じいちゃん建ちはいい味出してますよね。是非とも長生きしてほしいもんです。
すずな@主
2008年01月09日 06:46
>エビノートさん
わいわいがやがやとした大家族の食卓風景が楽しそうでしたよね~。
じいちゃん達が素敵でした♪

>たまねぎさん
おぉ、同じですね~。私もそんな小説を想像してました(笑)
じいちゃん達はカッコ良かったです!これからも、あの大家族をまとめていって欲しいですね。
まみみ
2008年01月13日 13:20
こんにちは~。
確かに題名だけ見ると、音楽のことについてかな?って思いますよね。わたしはたしか帯かなんかでそれを訂正したんですけど。続編も楽しいので、ぜひ読んでみてください♪
この作品はどうやら作家の出世作のようなので、どんどん続きがでるのかな?と思ってます。なので次回作を楽しみにしてます^^
すずな@主
2008年01月13日 16:24
>まみみさん
あ~帯ですか!私は図書館で借りたので帯が付いて無くって・・・。帯も重要なんですね~(^^)
続編が益々、楽しみです♪
この設定では続編が書きやすいと思うので、どんどん出ればいいですね~。
2010年09月19日 00:26
こんばんわ~^^
今更ながら読みました。
もっと早く読んでいれば良かったです~うわ~。
とても好きな作品です!
語りがおばあちゃんなのがいいですよね^^
ふんわりとした雰囲気が出ていて騒がしい堀田家と帳尻が合っていると言いますか^^
どんどんこのシリーズは読んでいこうと思います!
すずな
2010年09月20日 12:40
>苗坊さん
私も「もっと早く読めば良かったーっ!」と叫んじゃいました。
サチさんの語りが優しくってホントいいですよね~!続編もがんがん読んじゃってくださーい!!

この記事へのトラックバック

  • 東京バンドワゴン<小路幸也>-(本:2008年1冊目)-

    Excerpt: 東京バンドワゴン 出版社: 集英社 (2006/04) ISBN-10: 4087753611 評価:85点 古本屋の大家族を書いた本とはつゆ知らず、装丁と題名にひかれてなんとなく図書.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-01-06 22:39
  • 「東京バンドワゴン」小路幸也

    Excerpt: 東京バンドワゴン小路 幸也 (2006/04)集英社 この商品の詳細を見る 「東京バンドワゴン」は築70年にもなる日本家屋の古本屋。 東京の下町の一... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2008-01-07 20:08
  • 東京バンドワゴン  小路幸也

    Excerpt: 『寺内貫太郎一家』『時間ですよ』に代表される、1970年代~80年代にかけて放送された大家族もののホームドラマをそのまま小説にした作品です。 東京の下町に三代続く古本屋〈東京バンドワゴン〉を舞台.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-01-08 22:00
  • 東京バンドワゴン 〔小路幸也〕

    Excerpt: 東京バンドワゴン ≪内容≫ 下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。 ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を解決する。 おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-01-08 22:16
  • 「東京バンドワゴン」 小路幸也

    Excerpt: 東京バンドワゴンposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.18小路 幸也著集英社 (2006.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2008-01-13 13:17
  • 小路幸也「東京バンドワゴン」

    Excerpt: 小路幸也著 「東京バンドワゴン」を読む。 このフレーズにシビれた。  LOVEをさぁ。一生に一度で、最初で最後で構わないからねぇ。君の青への、実の息子へのLOVEを見せてもらおうとおもってねぇ。 [.. Weblog: ご本といえばblog racked: 2010-02-26 19:02
  • 小路幸也「東京バンドワゴン スタンド・バイ・ミー」

    Excerpt: 小路幸也著 「東京バンドワゴン スタンド・バイ・ミー」を読む。 このフレーズにシビれた。  君ぃ、無理してるよぉ。心の中ではLOVEがほしいほしいって思っているのにぃ、それを与えてもらえなくて苦しんで.. Weblog: ご本といえばblog racked: 2010-03-21 08:41
  • 東京バンドワゴン 小路幸也

    Excerpt: 東京バンドワゴン著者:小路 幸也販売元:集英社発売日:2006-04-26おすすめ度:クチコミを見る 東京、下町の古本屋「東京バンドワゴン」。この老舗を営む堀田家は今は珍しき8人の大家族。60歳にし.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-09-19 00:22