HEARTBEAT(小路幸也)

ぬっわぁーーーっ!なんですとっ!?
と、叫びたくなるようなラストでした。いや、実際に叫んじゃったけど(笑)まさか、そんなラストが待っているとは想像だにしなかったよ。びっくり。

高校生の時にした10年後の約束を守る為にNYから帰国した青年。しかし、現われたのは約束の相手ではなく、彼女の夫だと名乗る人物。父母を亡くし祖父や親戚たちと一緒に暮らす少年。彼の家は名家で、その家に少年の母親の幽霊が現われる。

青年と少年の二つの物語が4人の人物によって交互に綴られ、この二つがどこで繋がっていくのか、どんな真相が語られるのか、もうね目が離せないっていうか、続きが気になってしょうがなくって・・・。夢中になって読みました。

これねぇ、構成の勝利なんでしょうねぇ。最初は男性サイドから二つの物語が語られ、途中で女性サイドにバトンタッチ。情報が小出しにされて、その出し方がまさに絶妙というか・・・。なになに?え?お、おぉ!は?あぁんっ!?という感じでして。単純な私なんか、著者の掌の上で、ほれほれほれほれぇ~~~っといいように転がされてしまったような気がします(笑)

謎の方は、「ま、そんな気がしてたのよね」っていうか、「そうでしょう、そうでしょう」と予想範囲内だったんだよね。思えば、そこで気を抜いたのがいけなかった。思いもよらない展開に、唖然とさせられましたよ。茫然自失。・・・そして、涙。切なさに胸がぎゅぅぅーっと締め付けられました。

でも、ラストは「え?それって・・・」と希望を持たせる終わり方でして。くぅーーーっ、ハッキリ言えぇーーっ!どういうことなんじゃぁーっ!?と、著者に詰め寄りたくなりましたよ。
続編というか、そんな作品が出てるみたいなので、そこらへんも明かされるのかしら・・・。楽しみでもあり、不安でもあり。ドキドキ。なんか、読みたくないような気もする。でも、気になるから絶対に読むけどね(笑)


HEARTBEAT (ミステリ・フロンティア)

この記事へのコメント

2008年01月25日 01:12
この作品、初読み作家さんだったってのも理由なんでしょうが私の中のナンバーワン小路作品です。この衝撃は他でもなかなか味わえませんからね。
そう、最近続編出たんです。もう読んでるんです。でもすずなさんはまだなので、コメントは差し控えますね(笑)
2008年01月25日 02:49
ラストはショックを受けました。
映画などで経験済みのパターンでしたが、これまでの小路さんからは予測できなくて、まさに茫然自失でした。
すずな@主
2008年01月25日 11:01
>まみみさん
この衝撃はなかなかでしたよねぇ・・・。
うわーっ。まみみさんってば煽ってません?(笑)
続編もこんな風にあっと驚く結末なんでしょうか・・・気になります。早く読まなくちゃ!

>藍色さん
あ、そうそう。映画でもありましたね、こんな結末のやつが^^;でも、まぁーーったく予想もしてなかったので、ガツンとやられちゃいましたね;;;
苗坊
2012年12月16日 19:57
こんばんは^^過去記事にすみません。
最近文庫が出たのでそれを機に読んでみました。
ホント、最後に何~!!と思わされました。
大体想像通りだと思ったらガツンとやられましたから^^;
そして最後の最後の思わせぶりな言葉。
気になっちゃってしょうがないです。いつ読めるか分かりませんが、続編も読もうと思います。
すずな
2012年12月18日 12:47
>苗坊さん
いえいえ~、TBありがとうございます!
…ただ、私の記憶力の弱さが;;;内容をほとんど覚えてなくって、最後ってどんなんだっけ!?と焦りまくっています^^;
これは要再読です。。。すみませんm(__)m

この記事へのトラックバック

  • HEARTBEAT<小路幸也>-(本:2007年155冊目)-

    Excerpt: HEARTBEAT (ミステリ・フロンティア) 出版社: 東京創元社 (2005/4/25) ISBN-10: 4488017150 評価:73点 著者の本は初めて読んだ。 綺麗な読.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-01-24 21:57
  • 「HEARTBEAT」 小路幸也

    Excerpt: HEARTBEATposted with 簡単リンクくん at 2005.11.18小路 幸也著東京創元社 (2005.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2008-01-25 01:10
  • HEARTBEAT 小路幸也

    Excerpt: ブックデザインは岩郷重力+WONDER WARKZ。東京創元社ミステリ・フロンティア。 一方の語り手、委員長こと原之井修は、高校の同級生で不良少女のヤオと十年前の約束を果たすためニューヨークから.. Weblog: 粋な提案 racked: 2008-01-25 02:49
  • HEARTBEAT 小路幸也

    Excerpt: HEARTBEAT (創元推理文庫)著者:小路 幸也東京創元社(2012-08-25)販売元:Amazon.co.jp 優等生の委員長と不良少女の淡い恋、すべてはそこから始まった。彼女が自力で人生を.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2012-12-16 19:56