サクリファイス(近藤史恵)

面白かった!
さすがに「ツール・ド・フランス」って名前くらいは知ってるけど、「自転車ロードレースって競輪とは違うんだねぇ・・・。」というド素人の私。そんな私でも、競技内容がよく分かるように描いてあったし、レースの模様や様々な思惑が絡んだ選手達が織り成す人間模様に、ドキドキハラハラしながら読みました。

個人競技のように見えて、実はチーム戦。チームのエースが勝つ為に、アシストに徹する他の選手達。エースの為に風除けになったり、レースを意図的に展開させたり・・・。タイトル通り犠牲(サクリファイス)をベースにした物語。

その競技の特異性に魅せられ、興味津々で読みました。個人に順位が付くのに、チームとして戦う。チームのエースを勝たせる為に走る。だから、エースの自転車が故障したら、自分の自転車を提供したり、修理が終わるのを待ったり・・・。なんか、すごい競技なんですねぇ。サッカーとかラグビーとはまた違った意味で「みんなは一人の為に、一人はみんなの為に」なんだよね。アシストに徹する人も凄いと思うけど、エースも凄いよ。すんごい重圧と戦ってるんだろうなぁ・・・。だって、自分を勝たせるために、みんなが走ってるんだもんね。みんなの犠牲の上の勝利。もちろん、それなりの実力がなければ、アシストがあったって勝利するのは難しいだろうけど。勝利の為には、チームの誰かを犠牲にするのを躊躇しない。非情に徹し、アシストを当然のように受け、その想いを受け止め、勝利に向かってひたすら走る。その精神力には感服。私には到底、無理。その重圧を思うと、どう考えても出来そうにありません。

自転車ロードレースの物語かと思いきや、読み進んでいくとサスペンスというかミステリ要素も含んでくる。競技にワクワクしつつ、どうなの?どうなの?とドキドキもした。人の悪意から起こる惨劇。これがなんだか、清掃人キリコシリーズみたいに「困らせてやろうと思っただけ・・・」という感じで。読みながら、「あ、近藤さんのお話ってこういうのが多いのかな」と思ってみたり。私が読んだ近藤作品はこれで3冊目なんだけど、あまり血生臭くないのはいいけど、”人間の悪意”が引き起こす事件ってのが多いような気がするなぁ。2冊はシリーズ物だから似てるのは当然なんだろうけど。

ラストで明かされる真実。これがね~まさに「サクリファイス」でして。な、なんとっ!!というくらい私には衝撃的でした。まさに、胸を突かれたって感じで、ついついウルウル~っときてしまって泣きながら読了しました。はぁ~。

近藤作品、もっと色々と読んでみたいです。

サクリファイス

この記事へのコメント

2008年01月22日 19:44
こんばんは。
この話、割とマイナーな競技(やってるかたすみません)の話なのにすごくおもしろかったです。説明口調ってわけじゃなく、すんなり競技について理解させるってすごいんじゃないかと。いろんな楽しみ方ができてそこもいいですね。本屋大賞では何位になるか楽しみです!
2008年01月22日 20:38
こんな競技があったのか~と目からウロコの読書でした。知らなかったことを知ることもできたうえに、そこに描かれる人間ドラマにもしっかり涙してしまって、大満足でした♪
たまねぎ
2008年01月23日 01:18
レースの行方や主人公の成長に対する楽しみと、ミステリーとしての驚きと、まさに両輪の面白さが素晴らしかったです。読み始めたら止まりませんでした。最後のは、まさかでしたよ。
2008年01月23日 02:11
アシストの選手がエースのために徹底的に身を粉にして働く役割分担で勝利をつかむ仕組み、自転車ロードレースの世界、十二分に描かれていましたね。石尾さんの思いに、驚き、衝撃をうけました。
すずな@主
2008年01月23日 06:47
>まみみさん
そうなんですよねー。説明口調が目に付くとちょっと;;;と思うんですが、そういうこともなかったのも良かったですね。
読了したと思ったら本屋大賞にノミネートされててびっくりでした。結果が楽しみですね。

>エビノートさん
私もこんな競技があるとは知らなかったので、興味深く楽しく読めました。
競技ではなく、人間ドラマに泣かされましたね。私も大満足でした!

>たまねぎさん
「両輪の面白さ」まさに、その言葉がピッタリですね!うまいっ!
最後のアレには本当に驚かされましたよね。

>藍色さん
自転車ロードレースという競技の魅力がたっぷりと描かれた作品でしたね。すーーっかり魅了されました。
石尾さんの思いには、私も胸を突かれました。
2008年09月05日 23:20
すずなさん、こんばんは(^^)。
皆様よりかなり遅れての、読了です(笑)。
「story seller」の「プロトンの中の孤独」を先に読んでいた私としては、あの石尾が!という衝撃がありました。
そして、全てを捧げる「サクリファイス」の本当の意味も・・・。
とても、素晴らしい作品でした。
すずな@主
2008年09月06日 16:33
>水無月・Rさん
プロトン~を先に読んでると、石尾にはビックリですよねぇ。
衝撃のラストでしたが、短編を先に読んでいたら、石尾の行動には納得できるような気がします。

この記事へのトラックバック

  • 「サクリファイス」 近藤史恵

    Excerpt: サクリファイス近藤 史恵 新潮社 2007-08売り上げランキング : 383Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 競技中に起きた悲劇は、単なる事故のはずだった……。二転三転.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2008-01-22 19:42
  • サクリファイス 〔近藤 史恵〕

    Excerpt: サクリファイス近藤 史恵 新潮社 2007-08売り上げランキング : 1615おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ただ、あの人を勝たせるために走る。それが.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2008-01-22 20:33
  • サクリファイス  近藤史恵

    Excerpt: これは面白い。薦めます。自転車をテーマにしたミステリです。自転車というと日本では競輪がメジャーなんたけど、この作品はロードレースのお話になります。 スポーツものって専門用語やらルールがいまいち…と嫌.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2008-01-23 00:15
  • サクリファイス 近藤史恵

    Excerpt: カバー写真はPanoramic Images。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 語り手の白石誓(チカ)は、オリンピックも狙えると言われた陸上の中距離走から自転車ロードレースに転向。チーム・オッジ.. Weblog: 粋な提案 racked: 2008-01-23 02:12
  • サクリファイス 近藤史恵

    Excerpt: サクリファイス ■やぎっちょ書評 あちらこちらのブログでほんと評判のいいこの本ですが、やっと、やっと読みました。 気がついたのだけど、近藤さんの書く物語の男子主人公はみんな弱キャラじゃないですか.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-03-04 19:56
  • 本「サクリファイス」

    Excerpt: サクリファイス 近藤史恵  新潮社 2007年8月 白石誓は、大学で自転車部に入っていたが、オッジにスカウトされ、ロードレーサーとして活躍していた。オッジのエースの白石豪.. Weblog: <花>の本と映画の感想 racked: 2008-04-02 20:17
  • 『サクリファイス』/近藤史恵 ◎

    Excerpt: 全編にわたる、緊張感。絡み合うレース展開を駆け抜ける、自転車。 ロードレース・チームの中における、「エース」と「アシスト」の複雑な関係。 過去のレース中の事故の、辛辣な真相とは。そして再び起こった.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-09-05 23:14