ちいさなおはなし(新井素子)

小説すばるに掲載された13編に書き下ろし2編を加えたショート・ショート集。

久々の素子さんのエッセイじゃない新刊。長編ではなくショート・ショートだったけど、それでも楽しみにしてました。元々、短編は苦手としている私なので、長編ほどは期待してなかったけどね。図書館で順番待ちしたくらいだし。

で。まぁ、”その期待”通りの作品集でした。正直、今までの素子作品とくらべると、私的に「今一歩」感を拭えない;;;読み終わってそんなことを思った途端、ちょっと寂しくなっちゃいました。とはいえ、シツコイようだけど、長編ではなくショート・ショートだからね。うん、だからだよ・・・ね。

心に残ったのは、「のっく」「たまご」そして、雑誌掲載時に読んだ「ねこまた」の3編かな。あと、それにプラスして「あ、好き~。」って思ったのは、「くものいと」「ひみつ」「いぬ」の3編。

「のっく」は、ラストが読めたと言えば読めたんだけども。でも、こういうのは好きなのです。

「たまご」は、この後が気になるぅ~~~。まゆこちゃんが、どういう選択をしたのかなぁ・・・。これで、長編とまではいかなくてもいいから”短編”書いて欲しいなぁ。ちょっとホラー系で。

「ねこまた」はね、雑誌掲載分を読んだ時に記事を書いたくらいなので。猫が自分んちにいる人にとって、このお話はちょっと、うーーむ。と、考えさせられる内容じゃないかな。

「くものいと」は、「のっく」に通じるものを感じる。・・・のは私だけかもしれないんだけども。こういうお話&ラストは理屈抜きに好きなのですよ。

「ひみつ」と「いぬ」は、最後にうふふふ♪とにっこりほっこり出来るお話でした。特に「いぬ」は、戌年のお正月号に掲載された作品のようで、そんな感じーのお話でした(笑)

あ~~素子さんの長編が読みたいよーっ。

ちいさなおはなし

この記事へのコメント

2007年12月21日 20:47
わたしも「くものいと」と「ひみつ」すきでした。こんなほのぼのしたのがあるかと思いきや「たまご」みたいにちょっと不気味なのがあったり…バリエーションに富んでましたね。
すずなさんは長編がおすすめとのことで。おすすめされた本を読むのが楽しみです!
すずな@主
2007年12月22日 15:49
>まみみさん
ほのぼのしたり、ドキドキしたり、ちょっとぞっとしたり、バリエーションに富んだ内容でしたね~。

是非、素子さんの他作品も読まれてみてください~。気に入ってもらえるといいんですが・・・と、ちょっとドキドキしますけど^^;

この記事へのトラックバック

  • 「ちいさなおはなし」 新井素子

    Excerpt: ちいさなおはなし新井 素子 集英社 2007-10売り上げランキング : 8160Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 言葉が伝えるファンタジー。30歳を過ぎた飼い猫に、真の.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2007-12-21 20:43