私の男(桜庭一樹)

うーわー。どろどろ。

タイトルや新聞で目にした広告文から、ある程度の予想はついていたけど、ここまで”うひー;;;”だとはね。・・・と思いつつも、なんだかそこまで「げ、げげん;;;」と引いてしまうほどのドロドロさを感じないのは何故でしょう?ちょっと不思議。

章を追う毎に過去へと遡っていく。父と娘の絡まりあう様子が淡々と語られていく。読みながら、私までも二人に絡め獲られるかのようにのめり込んで読んでしまった。「赤朽葉家の伝説」よりも短い作品ながら、読み応えでは負けていない。むしろ、こっちの方が読み応えがあったような気もするなぁ。

花と父の淳悟。それぞれが犯した罪。二人で犯した罪。到底、許容できるものではないのだけれど、読んでいるとそれがとっても自然で、当然の結果のように思えてくる。自分が花だったら・・・と想像してみても、拒否反応を感じない。私も花と同じように淳悟に接してしまうような気がするなぁ。
・・・って、えぇっ!?自分で打った文章に自分でびっくりしちゃうよ。うーーん。これも桜庭ワールドのなせる技なんでしょうか;;;

読み終わった後、ふぅ、と一息ついて、最初の一章を読み直す。始めに読んだ時よりも、花の語りや淳悟の言動がずんずんと心に響いていくる。そして、次の章へ。・・・気が付くと、一気に再読までしてたよ。

私の男

この記事へのコメント

2007年12月05日 21:29
こんばんは!
嫌悪感を抱きそうな関係なのに、私も一気読みでした。
不思議なことに惹き込まれてしまって、お互いがお互いを必要としているのも仕方ないことかなと思ったり。
最後を読むと、最初に戻りたくなりますよね。
そして、描かれなかったその後を想像してしましました。
すずな@主
2007年12月06日 13:50
>エビノートさん
そうなんです。嫌悪感とか感じずに、逆にのめり込むように読んでしまった不思議な作品でした。
わかります。描かれなかったその後、あれこれ想像してしまいますよね。
2007年12月07日 04:11
ものすごい深さを感じられて、読み応えがありました。
読み終わって一章だけ読み返しましたが、印象のあまりの違いに戸惑いました。
すずな@主
2007年12月07日 10:11
>藍色さん
深くって読み応えがありましたね。
そうそう。最後まで読んで、最初を読み返すと印象がガラリと違いましたね。
たまねぎ
2007年12月21日 22:16
ドロドロですね。背徳感たっぷりです。でも官能的じゃないから意外とすっきりだと思いました。
すずな@主
2007年12月22日 15:51
>たまねぎさん
背徳感たぁ~ぷりのドロドロでしたねぇ;;;
そうですね。そこまで官能的ではなかったのが、すんなり読めた一因なのかもしれませんね。
2007年12月24日 01:10
すずなさん、こんばんは(^^)。
いや~、読んで驚く、桜庭さん新境地、なのでしょうか。
2人だけで完結する、澱んだ静寂な世界。この後、2人はどうなるのでしょうか。花は、夫・尾崎を棄てて、淳悟を探し当てるために北へ還るのではないでしょうか。最後まで読んだら、そんな風に感じました。
すずな@主
2007年12月24日 12:00
>水無月・Rさん
ぷ。と笑ってしまうような記述は全くと言っていいほど無かったですね;;;やはり、新境地、なのでしょうか。
この後の二人・・・。そうですね~、もし淳悟を探しにいかなくても、花は尾崎とは一緒にはいれないじゃないかとは思います。私も北へ行くような気がします。
2007年12月28日 13:00
こんにちは。
読み進めていくうちにどんどん言葉を失っていきました。これはすごい。過去にさかのぼるという構成が抜群だったと思います。
すずな@主
2007年12月30日 06:24
>しんちゃん
読み進むうちにどんどんのめり込んで読んでしまいましたね。凄い!と唸ってしまいました。
過去へと遡る構成が、また見事でした。
2008年01月08日 15:03
あまりハマると帰ってこれなくなるような、そういう怖い世界になっちゃってましたね。危なかった……最後まで読むと、また最初から読みたくなり、続きも読んでしまう…というループ読書に陥りそうでした。が、返却日ギリギリだったので、ロスは最小限で済みました^^
すずな@主
2008年01月09日 06:37
>まみみさん
ハマるとそのままずるずると引きずり込まれそうで恐かったですね。私は半分くらいは引きずり込まれてたような気がしますが・・・。
私も図書館から借りてきた本だったので、ループに陥らずにすみました。そういう意味でも危険な作品ですね^^;
2008年06月26日 23:35
こんばんわ。
私も見事にはまりましたね。
再読はしていないですが、今度は6章から順番に読みたいです^^;
重たくて読み終えた後にずしっと来るんですけど、それでも読んでよかったと思うんですよね。
私も図書館から借りてきたので、ループは免れそうです^^;
すずな@主
2008年06月27日 14:05
>苗坊さん
つい読み返したくなりますよね。6章から読むと、また違った印象を持てるかもしれませんね~。私も図書館の本で読んだので、もう再読できませんが・・・^^;
爽快な、ではなく、どよ~んとした読後感なのに、これは読んで良かったと思える作品でしたね。直木賞受賞も素直に頷けました。

この記事へのトラックバック

  • 私の男 〔桜庭 一樹〕

    Excerpt: 私の男桜庭 一樹 文藝春秋 2007-10売り上げランキング : 237おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ずっと離さない、離れない、逃れられない。 堕ちてい.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2007-12-05 21:24
  • 私の男 桜庭一樹

    Excerpt: 装幀は鈴木成一デザイン室。装画はMARLENE DUMAS Couples(Detail)。初出別冊文藝春秋。 震災孤児の竹中花・9歳は遠縁の腐野淳悟(くさりのじゅんご)・25歳の養子になり、一.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-12-07 04:11
  • 「私の男」娘と父親の愛の物語

    Excerpt: 「私の男」★★★★心から怖いと感じた 桜庭 一樹著、381ページ、1500円 北海道の小さな島、 津波で家族を失った少女は、 親戚の叔父に引き取られ、 二人はそれから彼女の結婚が.. Weblog: soramove racked: 2007-12-13 00:47
  • 私の男  桜庭一樹

    Excerpt: 桜庭さんはどんどん上手くなっていきますね。この最新作『私の男』を読みながら、つくづくそう思いました。なんて言いながら、実は一番驚いたのが表紙です。ん?と思いながらページをめくってみたら、マルレーネ・デ.. Weblog: 今更なんですがの本の話 racked: 2007-12-21 22:12
  • 『私の男』/桜庭一樹 ○

    Excerpt: ・・・やられたな。これは致命傷だぞ。大丈夫か、水無月・R。 桜庭さん・・・・スゴイな、あなたは。こんな湿度の高い、粘液のような物語も紡げるとは。 Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2007-12-24 00:39
  • 夜の匂い

    Excerpt: 桜庭一樹の『私の男』という本を読み終えました。TBSラジオのストリームブックレビューで絶賛されていたので、少し期待しすぎてしまった感じ。最後にすごい秘密が明らかになるというから、ワクワクしていたら特に.. Weblog: ayaxgogo racked: 2007-12-26 06:47
  • 「私の男」桜庭一樹

    Excerpt: 私の男桜庭 一樹 (2007/10)文藝春秋 この商品の詳細を見る 腐野淳悟は、わたしの養父だ。彼がわたしを引き取って育て始めたのは十五年も前のことで、わたしは小学四年生で、震災でとつ... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-12-28 12:56
  • 桜庭一樹【私の男】

    Excerpt: 「けっこん、おめでとう。花」 「ありがとう、淳悟。……いま、傘をぬすんだでしょ」 手足の長い痩身を安物のスーツに包んだ40歳の腐野淳悟... Weblog: ぱんどらの本箱 racked: 2008-01-04 14:34
  • 「私の男」 桜庭一樹

    Excerpt: 私の男桜庭 一樹 文藝春秋 2007-10売り上げランキング : 311Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 優雅だが、どこかうらぶれた男。一見、おとなしそうな若い女。アパー.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2008-01-08 15:01
  • 私の男 桜庭一樹

    Excerpt: 私の男桜庭 一樹 (2007/10)文藝春秋この商品の詳細を見る <血の繋がりとは。禁断の愛に溺れる父と娘> レビューする本はたまりに溜まっているのに、この作品を書かざるにはいられない気分で.. Weblog: それでも本を読む racked: 2008-01-10 20:49
  • 桜庭一樹の直木賞受賞作「私の男」を読んだ!

    Excerpt: 第138回直木賞受賞作、桜庭一樹の「私の男」を読みました。もう1週間以上も前に読み終わっていたのですが、書くきっかけがつかめずに、ずるずると過ぎてしまいました。まったくの偶然ですが、今日ジムへ行って、.. Weblog: とんとん・にっき racked: 2008-02-17 18:38
  • 本「私の男」

    Excerpt: 私の男 桜庭一樹 文藝春秋 2007年10月 花は9歳の時に震災で家族を亡くし、25歳の腐野淳悟(くさりのじゅんご)が養父となり二人でやってきた。24歳になった花は、.. Weblog: <花>の本と映画の感想 racked: 2008-02-26 16:55
  • 私の男 桜庭一樹

    Excerpt: 私の男 オススメ! 腐野花は明日、結婚する。 結婚すれば、今の生活から抜け出せると信じて――― 花は15年前に家族を地震によって亡くし、当時25歳だった腐野淳悟の養女として引き取られた。 8.. Weblog: 苗坊の読書日記 racked: 2008-06-26 23:30
  • 私の男<桜庭一樹>-(本:2009年36冊目)-

    Excerpt: 私の男クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2007/10/30) # ISBN-10: 4163264302 評価:70点 第138回直木賞受賞作。 問題作だと言われていた.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2009-03-15 02:29