交渉人 遠野麻衣子・最後の事件簿(五十嵐貴久)

交渉人」の続編。

面白かった。前作の「交渉人」より面白かった~。前作以上に、ぐいぐいと引き込まれて読みましたね~。

銀座の交番爆破。そして届いた、都内の爆破予告と地下鉄爆破テロ事件を起こした新興宗教”宇宙心理の会”教祖の釈放要求。犯人に警視庁との交渉役に指名された遠野麻衣子警部。犯人とのネットやメールを通しての交渉。爆弾はどこに?そして、真犯人は?

犯人はですね~、あの人かあの人かなぁ・・・と当たりを付けていた人のうちの一人でして。前作のように「うぬぬぬ、この人かっ!」っていう歯軋りはせずにすみました(笑)前作を読んでいたから、推測できたようなもんだけどね。犯人の予測はついたものの、それが作品の面白さに水を注す事は無かった。最後まで、ドキドキハラハラしながら読めました。

欲を言えば、あのバスの運転手さんがどうなったのか、非常に気になるところではあるんだけど・・・。本当に脇役で、本筋には何ら支障はないんだけど気になるんだよ!どうなったのかな。無事なのかなぁ。それとも、アレてやっぱり、そういうこと?そして、警視庁のパスワードを解明したオタクの方々。「入れました!」って会話後、登場してない。・・・よねぇ?あの方々は何のた為に登場されたの?あれだけだったら、わざわざ描写する必要ってなかったんじゃないかなぁ、と思っちゃったんだけど。あの場面を描写する意味って何?・・・って、なんか、すんごぉーーくオブラートの包まれていて、作品を読んだ人じゃないと分からないねぇ(笑)だって、サスペンスですからね。あんまりネタバレしたんじゃ面白くないだろし。ある程度のネタバレはしても、さすがに限度があるからさ~。一応、私にもそれくらいの配慮はできますです。

ということで、この手のお話は感想が書きづらいんだよねぇ;;;何を書いてもネタバレになりそうで・・・。

このお話って、実際の事件とかをモチーフにしてあって、そういう意味では新鮮さはあまり感じない。おまけに、い、いいのか?と、ちょっと心配になってしまったりもするし。そして、「交渉人」というタイトルはついてるものの、犯人と交渉人との息詰る駆け引きってのは、殆ど無かった。そこが物足りないといえば、物足りなかったかな。まぁ、先にも述べたけど、だからってそれがこの作品の面白さを減じるものではないけどね。

タイトルの”最後の事件簿”てのがね~。最後じゃなさそうな気がするラストなんだけど・・・。どういう意味なのかなぁ。著者の「このシリーズはもう書かない」っていう意思表示なんでしょうか・・・。面白かったから、出来れば続編も書いて欲しいんだけどなぁ。それにしても、この著者さんって色んなジャンルの作品が書けますねぇ。これを書いた人が「パパとムスメの7日間」も書いた人だなんて、ちょっと想像できない(笑)でも、どっちも楽しく読めたんで、今後も色んな作品を発表してくれることを期待しております。


交渉人 遠野麻衣子・最後の事件

この記事へのコメント

2007年12月21日 18:49
スピード感、ありましたねぇ!
「恐怖心」のあおり方も見事です。
楽しく読ませていただきました。

次、期待ですね。
すずな@主
2007年12月22日 15:47
>juzjiさん
息が切れるほどのスピード感に、ぐいぐいと読み勧めました。
現実でもこんな風にパニックが起こるんだろうなぁ、とリアリティがあって怖かったですね~。
2007年12月23日 02:02
面白かったですね。
前作、忘れかけてましたけど戸井田の再登場、活躍に、おぉ、五十嵐さん、ちゃんとシリーズもののお約束をわきまえていらっしゃる、さすが、と(笑)。
タイトルの意味は、最後と思って臨んだら最初になったというふうに捕らえました。
続編も書いて欲しいですよね~!。
すずな@主
2007年12月23日 06:23
>藍色さん
戸井田さんって、もうすぅーーっかり忘れていて・・・。登場した瞬間、「誰?」って感じでした^^;
タイトルの意味、そういうことなんですね~。なるほど、なるほど!
続編、読みたいですね!
2008年03月19日 19:52
臨場感あふれる話で、おもしろかったけれど、犯人と交渉人のかけひきをもっと見たかったですね。
すずな@主
2008年03月21日 16:54
>花さん
ドキドキと面白く読めたのは良かったんですけど、せっかくのタイトルがちょっと勿体ない感じでしたね^^;
続編もありそうな感じなので、次作に期待ですね。

この記事へのトラックバック

  • 【交渉人 遠野麻衣子・最後の事件】 五十嵐貴久 著

    Excerpt: 「こんな女を野放しにしておくのは、ある意味で………危険です」 「せめて警察という檻の中に入れておかなければ、危なくてしょうがないでしょう」 でも、いたっておとなしい遠野警部なんですが… .. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2007-12-21 18:46
  • 交渉人遠野麻衣子・最後の事件<五十嵐貴久>-(本:2007年149冊目)-

    Excerpt: 交渉人 遠野麻衣子・最後の事件 出版社: 幻冬舎 (2007/9/11) ISBN-10: 4344013778 評価:90点 今気づいたが、発売日までこだわっていたのだなあ。 そこ.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-12-22 00:02
  • 交渉人遠野麻衣子・最後の事件 五十嵐貴久

    Excerpt: 装幀は山本知香子。書き下ろし。 前作『交渉人』の事件から2年。銀座交番を爆破した犯人は次をほのめかし、"宇宙真理の会地下鉄爆破テロ事件"の首謀者の釈放を要求。警視庁との交渉人に広報課の警部・遠野.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-12-23 02:02
  • 本「交渉人 遠野麻衣子・最後の事件」

    Excerpt: 交渉人 遠野麻衣子・最後の事件 五十嵐貴久  幻冬舎 2007年9月 遠野麻衣子は、石田修平の二審の裁判があって3日後、石田の携帯から電話を受ける。ボイスチャレンジャ.. Weblog: <花>の本と映画の感想 racked: 2008-03-19 19:48